ビブラートやトリルのフルート演奏の練習法  

練習してもなかなかフルートが上手くならないです。

音がキレイにならないんですよね。

フルートを口に当てる位置がわからず、なかなか上手く吹けない場合や、
息の吸い方と吐き方の良い方法が分からず、ロングトーンの記録も伸びないなど、
フルートを演奏するのに悩んでいませんか?

初心者の段階で正しいフルートの基本練習をやっておくことはとても重要です。

そこで一人で練習しても思い通りの演奏が出来るようになる、
とっておきの上達法がありますよ。
いつでも練習でき自分の苦手なポイントが克服できます。
市販されている教則本や専門雑誌には決して載っていないフルート練習法です。


フルート上達法
詳しい情報はコチラから





その他参考サイトはこちらから
フルート練習記録
フルート上達日記
大好きフルート日々の練習
いつでも楽しく大好きフルート
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ