【最新脳科学&心理学】たった3日で朝5起き体質になる熟睡プログラム

2014/5/21 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

落ちこぼれグダグダなダメ男が、最新の脳科学を利用した睡眠術を使い朝5時起き体質になり、人生を変えた方法を知りたくありませんか?

【最新脳科学&心理学】たった3日で朝5起き体質になる熟睡プログラム




【最新脳科学&心理学】たった3日で朝5起き体質になる熟睡プログラム

友達にこのノウハウを試してもらって思ったのですが、「これはかなりすごいノウハウだぞ。昔の私たち同じ悩みをもっている人には、本当に教えてあげなくちゃいけないぞ」と思ったのですが、ただ話をしていて、段々と重くなってきました。

というのも、私は色々なビジネスをやっているのですが、かなり他の仕事が忙しい時期だったからです。

教材を書くのはかなり時間がかかって、このメールや教材に関しては、プライベートな相談も受けるので完全に1人でやっています。

最後まで仕上げると数ヶ月かかるので、やる前から苦労することはわかっているのです。

でも、色々と会員さんとメールをやり取りしていると、圧倒的に睡眠に対してコンプレックスを抱いている人が多かったり、早く起きたいのに起きれない人が多いと感じました。

ですので、伝えてあげたいと言う気持ちがすごく強かったのです。

でも、決定打はある会員さんの…

「河本さんの事は好きで、いつもメールを読んでいるんですけど、うまくいきません…」 というメールでした。

これはなんとかしてあげたいという気持ちもあるのですが、プライド的にも「絶対になんとかしてやる」と、かなり熱くなってしまいました。

私は今では、睡眠に関する悩みを解決するアドバイスをしているのですが、2年前までは”睡眠”の奴隷になっていました。

「睡眠奴隷」というのは、人生を自分の意思でなく、”眠気”や”二度寝”、”朝寝坊”に支配されていたということです。

幾度となく、この”睡眠奴隷”のせいで人生を無駄に振るったことか。。。

あなたもおそらく同じような悩みを抱えていると思うので、分かってもらえるとは思いますが。。

睡眠奴隷から解放されるために、高額の脳科学のセミナーも参加したり、何百冊も睡眠の本を読みました。

それで気がついたのが、睡眠は「思い込みがほとんど決めている」という事実です。

「思い込み」というのは、「サプリを飲むと熟睡できる」とか「8時間眠らなければ、身体に悪い。」とか、そういう事ではなくて、「潜在意識」という単語が一番近いニュアンスです。

よく「脳は3%しか使われていない」と言いますが、それは本当のことで多くの人は気付いていないのですが、我々のほとんどがこの”潜在意識”に操られているのです。

そこで”潜在意識”の活用をはじめたのですが、実はそれだけで熟睡できるようになった事に気がつきました。

詳しくは「スッキリン」でお話ししていますが、一度潜在意識を活用できるようになると、朝、簡単に、気持ちよく起きれるようになれます。



>>たった3日で朝5起き体質になる熟睡プログラム公式サイトはこちらから














0



コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ