chizのブログです。スタートは遅めでしたが、好きな英語を続けてきて、現在英検1級対策講座、大学非常勤講師、英語関連書籍の執筆などを行っています。退職年齢にも近づきつつある中、博論を書こうと奮闘中。一生ずっと学びの毎日です。道路で出会ったり、友人や甥っ子たちが出会って連れてきた9ニャンの猫さんたちからも、いろいろなことをたくさん教えていただいています。

2017/9/21

バセドウ病その後  

この季節になると、2年前人生初の入院を2度も経験し(2度目は感染予防のためだったので、かなり元気だったが)、アイソトープ治療までのヨウ化カリウム丸がよく効き、体がどんどん楽になり元気を取り戻した頃を思い出す。

今日は3ヶ月に1度の検診。


血液検査の数値もずっと安定しているが、TSHという、甲状腺ホルモンを作る指令役ホルモンだけがずっと低い値のまま。甲状腺の血液検査ではこのTSHと、FT3, FT4というホルモンの値を検査し、FT3,4が高くてTSHが低ければ、「FT3,4が十分に出ているからもういいや」とお休み状態になり数値が低い、つまりバセドウ病。逆に高ければ、頑張ってホルモンを作れ!とFT3, 4に促そうとしているわけなので、低下症の疑いがあることになる。

このTSHだけが上がってこない。

前回は基準値の中央あたりだったFT3, 4が、今日は上限近くになっていた。

先生もチラーヂンを減らすか一瞬悩まれたようだが、とりあえず現状維持で次回12月の検診へ。

先生が改めて「1回のアイソトープが見事に成功したようやな」と。本当にありがたいことです。

12月にはずっと気になっていた目の検査もしてもらうことにした。何しろ元々目が大きいもので(まぶたは下がってきたが)、家族に「目、出てない?」と聞いても「出てない」だけ。


バセドウ病による眼病があるかどうか(脂肪がたまっているかなど)はMRIで検査し、眼病があればステロイド点滴治療となる。点滴するなら冬休み、あるいは春休みがいいかなと思っていたので、今日相談してみた。


「刺青、ないよね」と先生に言われて、「当然!」と答えかけて、ふっと。。。
「眉毛のアートも刺青ですか?」
「そうやで」
「何年も前の話ですが、影響ありますか」
「うん、焼けてしまうよ。CTで検査しよう」

焼けるんだ・・・・!じゃあ、一生頭部のMRIを受けることはないわけだ。

眉毛のアートはとても便利なのだ。最初の1ヶ月くらいは、伸びてきた眉をたまにカットすれば、きちんと手入れしたような眉になる。が、意外なところで規制がかかる場合もあるわけだ。


クリックすると元のサイズで表示します

風子「私たち、生まれたまんま」
心も目も純粋なまんまね。

*これもライン用スタンプで審査待ち中。文字が「にゃあに?」とあるのだが写真にすると、黒の背景で見えなくなっている。

2017/9/20

広める価値がある考え3 (Angela Duckworth)  

アンジェラ・リー・ダックワースさんのプレゼンは

Grit
について。

gritとは、「やり抜く力」。

ダックワースさんは経営コンサルタントから教師へ転職。
教育界では、IQを軸に能力を見るが、IQが高くても成績が大して良くない生徒もいれば、低いIQでもとても良い成績を取る生徒もいる点に着目。

要は、モチベーション、どのように動機付け、そのやる気を持続させるかだと彼女は思い、心理学の研究をする。

成功する人、途中で挫折する人たちを調査し、結局grit(やり抜く力)を持つ人だけが成功するという結論に至る。

プレゼンはこちら↓


ここをクリック



じゃあ、どうやってgritを育てるのか。どうやって長期間、モチベーションを維持させるのか?

これに対しては、これから答えを見つけていく段階にあると彼女は締めくくる。

応用言語学や教育学でも同様の研究は行われているが、この「じゃあ、どうやって?」の部分はほとんど研究されていない。

「どのように」は、実用的な部分だから、学問としては扱いにくい?だが、現場の指導者が知りたいのは、まさにそこ。

こういう理由でこの方法が役立つ!と言えることを増やしていくためには、研究と実用が融合しなくては。



1級クラスでもそうだ。
やり続ける人は絶対合格する。


gritがないか、あるかーーーそういうことだったのね、とダックワースさんのプレゼンを聞いて思った。


クリックすると元のサイズで表示します

「chizにgritがあるかどうか、見てまっちぇ」

*これはラインのスタンプを作成するアプリで作ったもの。手前左が漱石、右が龍之介、後ろにいるのが作之助。いつも平和な3ニャンだが、龍之介がすうちゃんをいじめる。

2017/9/11

近大マグロで英気養う!?  

勉強会の仲間と、経済学部の非常勤講師の仲間たちという組み合わせで、500億かけて建設した「アカデミックシアター」の一部(と私は考えている)にある教員専用のザ・ラウンジなるレストランでお昼をいただいた。

実は私は糖質オフダイエット17日間あけの18日目。1.5kgほど減った。5,6kg減る人が多いそうだが、基本的に低下症だから増えなければOK、少しでも減ればよし!と考えることにした。18日目は、次の17 日に入る時期で、糖質オフと糖質OKの日と交互にする。普通なら糖質が多いものを食べるにしても玄米を少し、という程度だが、いきなりすし飯か?という感じで、近大マグロが入っている寿司定食をいただいた。

まず前菜。それから定食。右端の手前2つが近大マグロ。デザートにシャーベットとコーヒー。



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お寿司、こうしてみるととても食べられない〜という感じなのだが、シャリ部分が小ぶりで食べやすいため全員軽く完食。私も一応糖質オフで野菜中心だったせいか、半分くらいでもういいかもと思えたが、また明日から17日仕切り直すので、しっかりいただいた。


クリックすると元のサイズで表示します


コーヒーは意外とカップが大きくて、コーヒー大好き人間にはとても嬉しい。お代わりも聞いてくれるのでありがたく2杯いただき、以上で1800円。ちゃんとしたホテルのラウンジなみに落ち着いたレストランだが、これで1800円なのは、さすがは大学構内。ごちそうさまでした。

そのあと勉強会。一生懸命やってきている皆さんは、疲れが出てきたそうだ。仕事ばかり優先させてきて今から一生懸命やろうとしている私だけがまだまだ元気という感じだった。早く疲れたいわ。皆さんに感謝!


クリックすると元のサイズで表示します

風子「しっかり頑張ってね」


はいっ



2017/9/4

広める価値がある考え2(Jane McGonigal)  

7月だったか、途上国で未熟児を救うジェーン・チェンさんのウォーマーの話を書いた。

次に学生たちの反応が大きかったのは、美しいゲーム・デザイナー、ジェイン・マクゴニガルさんによる「ゲームが世界を救う」というもの。

彼女のプレゼンは↓

ここをクリック(Jane McGonigal)


現実の問題を解決していくようなオンラインゲームを、大勢の人が知恵を結集していけば、実際の問題も解ける、という考えをプレゼンしている。

学生たちからは、
独創的!すごい!という反応から、やはりゲームは目に悪い、外で遊ぶ方が良い(体育会系学生の多いキャンパスであることも影響しているかな?)といった模範的な反応まで。

また、実際どうなのかを知りたいという冷静な意見も。

私も知りたい。途中経過を報告してください、ジェインさん。
個人的には「なるほど!素晴らしい!」と思う。
ゲーマーから出た解決方法を、きちんとまとめていけば、現実に応用できることは多いはず。


クリックすると元のサイズで表示します
空き箱にタオルを入れれば大人気のベッドになる。

諭吉「僕も入れてほしい・・・」 
風子「世界平和について考えているんだから、向こうへ行って」

2017/9/3

風、爽やか  

9月になり、風が急にさわかやになった。

夏休み、もっと勉強しなければならなかったのに、結局いつものように仕事に追われてしまった。
1級・準1級クラスも7月末から8月末までで10回行った。

でもまだ本格的に大学が始まるまで2週間と少しある。グラス半分の水をどう見るか。ポジティブに、と自分に言い聞かせているところ。

8月のお花は、パンパスとケイトウ。
パンパスは草月流を習っていた頃に使ったことがあったが、ススキの穂先のような部分がすでに出ているものだった。
今回初めて、茎を割って穂先を出した。


クリックすると元のサイズで表示します
私のおけいこ。パンパスの茎を割るだけで汗だく。疲れたあ・・・

クリックすると元のサイズで表示します
先輩の。写真では立体感が出ない。が、器の素晴らしさは出るかな。

クリックすると元のサイズで表示します
これも先輩の。カゴがどっしりしていて素敵だった。

あと2週間と少し、授業準備と勉強、頑張ります!


2017/8/25

ball game  

甥っ子だっくん(大祐の愛称)の提案で、皆で京セラドームへ。
日ハムとソフトバンクの試合。

鷹の祭典だったので、女性先着1000名にはピンクのユニフォームをくれるとのことで、えっちゃん(だっくんのお母さん)と並んでいただきました 

宏さんは、南海ホークス時代からホークスファン。
だっくんたちは一応ファイターズなので、両方応援しやすい三塁側。

だっくんたちは一応日ハムを応援しているのだが、とにかく野球が大好きで、どのチームも好き、応援歌も全部知っている。

ホークスの選手も応援しつつ、だが日ハムを応援しているだっくんの横で、こんな野球好きって良いなあと改めて思った。

私の父は、巨人ファンで負けが続いたりすると読売新聞をやめたりするほど怒ったりして、ああいう姿を見ていると、野球を面白いなんて思えなかった。

だが、だっくんのように心から野球を楽しんでいる様子を見ていると、こちらも楽しくて野球も好きで、選手たちも「みんな、頑張れ!」という気持ちになる。

米国の野球試合で流れる
Take me out to the ball game
(私を野球に連れてって)

この歌がピッタリの感じで野球を楽しめる。

だっくん、トシ、友、ありがとう


クリックすると元のサイズで表示します

ドームは明るくて快適なのだが、ボールが見えにくくなる。

クリックすると元のサイズで表示します

可愛らしいキャラクター、ふうさん。

クリックすると元のサイズで表示します

ふうさんが逆立ちをしている。(遠い・・・)
だっくんの解説によると、中の人が頭の方に足を入れるよう移動して、逆立ちをしているように見せるそうだ。

8/24で8連勝しているソフトバンクだが、私たちが見にいった8/14だけ負けた。

次にみんなに会えるのは、12/15のスター・ウォーズかな。楽しみです。

2017/8/18

夏休み満喫中  

締め切り2つ抱え、また勉強より仕事優先の夏休み。1級クラスも7月末から8月末まで10回(日頃の倍)行いつつ、でもそこはさすが夏休み、カリビアンパイレーツ、スパイダーマン、そしてトランスフォーマーも見た。

大学時代からの友人と会い、心斎橋にある猫リパブリックなる所にも行って来た。


クリックすると元のサイズで表示します
愛想のいいおもてなしニャンコさん。

クリックすると元のサイズで表示します
おとなしい方。

クリックすると元のサイズで表示します
眠たい方。

ここで保護されている子達は幸運。
何万匹もの子達が処分されているのが現実。

せめて大阪の子達を全部助けて、大阪に関しては殺処分ゼロと言えるようなことができないだろうか。

気が重くなる。行けば支援にもなるわけだが、ここにいる子達は、ごくごく一部でしかないんだと思うと、あまりまた行きたいとは思えない。それに我が家はもともと猫リパブリックなもので^^;



その後甥っ子トシ君の模型鉄道会に寄って来た。

クリックすると元のサイズで表示します

電車好きにはたまらないと思われるが、よくわからない私にとってのメインは、ゴジラ。(ゴジラは購入したもので単なる飾りだったのだが)

クリックすると元のサイズで表示します
破壊された家屋

クリックすると元のサイズで表示します
逃げる人々。

クリックすると元のサイズで表示します
ゴジラを倒そうとしている自衛隊。
芸が細かい!

トシによる撮影。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

素晴らしい!

鉄道模型ではなく、怪獣模型に見入ってしまった。

2017/8/9

7月のお花  

夏休みに入り、1級クラスを週2回行い、橋本へ足ツボなど体のメンテに出かけたりしていたら、あっという間に8月も上旬終わりではないですか・・・

7月末にオルテガ先生のワークショップがあったので参加。タスクを中心に言語学習を行うワークショップ。

テンプルでの修士課程で彼女の第2言語習得に関するテキストを使い、なんて見事にまとめられているテキストだろう!と感動したことを今も鮮明に覚えている。

実物は線の細い素敵な女性。ワークショップが始まる前に、入り口で偶然会った時にっこりしてくださった。ワークショップも優しい印象そのままで、少しか細い声だったが、長年の研究で蓄積された豊かな知識と思慮深いコメント溢れる素晴らしいひとときでした。

クリックすると元のサイズで表示します



7月のお花はダリアとブラック・パール(唐辛子の仲間)。


クリックすると元のサイズで表示します

私のは、家に持ち帰って別の器に入れるため、長め、大きめに入れた。先生からの手直しもほぼなく、うまく活けられた方だが、こうして見ると、器に対してバランスが悪い。

以下は、先輩たち。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

上2つは同じものを、違う角度から。

クリックすると元のサイズで表示します

かご、涼やか。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ