| 投稿者: kikori

〓Still Cryin' Tour 2017〓 4月まで告知。



☆☆スーマーと三日間
★2017-3-31(金)
金沢 Jealous Guy
w/スーマー
http://j-mff.com/

2017.4月
★2017-4-1(土) 
高岡 Casa de la musica
w/スーマー
http://ryuitch.wixsite.com/casadelamusica

★2017-4-2
富山nolla cafe 要予約
w/スーマー
http://nollacafe.catfood.jp/

★2017-4-7(金)
下北沢 ラウン
ワンマン
http://lown.jp/

★2017-4-8(土)
横浜ジャグバンドフェスティバル
http://jugbandfes.blogspot.jp/


★2017-4-9(日)
上尾・プラスイレブン
ワンマン
http://www.pluseleven-ageo.com/

★★恒例ChihanaとChit-Chat tour2017 春四国編!
★2017-4-13(木)
高松RUFF HOUSE
w/Chihana
https://www.barruffhouse.com/

★2017-4-14(金)
高知 A'Bar 
w/Chihana
高知県 高知市高知県高知市 追手筋1-10-16

★2017-4-15(土)
徳島Bar デラシネ
w/Chihana 
?088-653-4660

★2017-4-16(日)
四国中央市 Music Cafe & Bar『Bitter SweetZ』
w/Chihana 
https://www.facebook.com/Music-Cafe-BarBitter-SweetZ-885812651457174/

★2017-4-27(木)
京都磔磔 
詳細後日

★2017-4-28(金)
大阪高槻ハイダウエイ
ワンマン
http://hideaway-qc.com/information.html

★2017-4-29(土)
名古屋御器所なんや
ワンマン
http://www.nanyagokiso.com/

★2017-4-30(日)
豊橋AVANTI
カントリーブルースヘヴン豊橋編
w/銀次郎、コージー大内、菅原広巳、ベアホークウルフ、なにわのてつ、ROIKI
https://www.avanti-music.com/

ストーンズと行き掛かり上とはいえ並んだこの写真は俗物のわたしをどんなにか喜ばせたことだろう。
新宿タワーレコードにて
ある私の愛好者が撮って送ってくれた。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2017/4/25 | 投稿者: kikori

11時にホテルをチェックアウト。

香川におる。
折角だからうどん。
行ったことがあるちはなちゃんが案内してくれ有名店うどんバカ一代に入る。

システムがあまりわからないがぶっかけにす。

11時半ごろではお客は多かったがならんではいなかった。

店を出る頃には大行列になっており驚愕す。

高知へ向けて高速道路に乗る。
おしゃべりも愉快に運転す。

折角車だからどっか寄り道しようとなったが高速を降りるのもなんだから桂浜へ。

無論私は初めて。
高知市へは初めてきた。
だが高知出身の知り合いは実に多いのだ。

昭和感たっぷりの土産物屋が立ち並んだ辺りを抜け浜へ。
砂がとても粗い。

龍馬像は浜になかった。
浜にあるイメージを持っておったが違っていて高台にあった。

100円払って龍馬像の顔の位置に並ぶ特別な期間限定のやぐらに昇る。

私は幕末史に全く興味がないほうで大して感興も湧かぬ。

ただ絵から顔を出して写真をとる例のものがあったから昇ったのだった。
ちはなちゃんに撮ってもらう。

夕刻ホテルへ。
すぐに世話人の鍵山さんにあった。

Abarへ。

天井がたかくもとはなんだったのだろうか。
自動車の修理屋あたりだろうか。

リハを終えて腹をこしらえに行く。
高知も路面電車が走っている。
草が線路の間に生えていて実にいい。
日本人は草を目の敵みたいにしすぎである。

串揚げなぞくらい一杯やる。

店に戻る。

荒法師のふたりと挨拶す。

荒法師は人気者なのだろう。
その感じが伝わってきた。

良い入り具合で感謝。

私たちはとても良い。
素晴らしい。

一緒にロックンロールジプシーズをやる快感。

終わって荒法師は帰ったのであまり近づきにはなれなかった。

鍵山さん夫妻と打ち上げに行く。
ふみさん、大黒さんも来てくれた。

お開きとなり私と鍵山さんでA barに戻る。

新聞の中屋さんが夜勤を終えて待ってくれておる。

酒盗をお土産にくださる。
イメージしていた中屋さんはなぜが自衛隊のようなひとだったのだが髪はさらりと長くインテリジェンスをだだよわせていた。

音楽の話になり私と中屋さんはブラックミュージックのマニア的な話題にしてしまったのだろう。
鍵山さんも私と同じ日にスペンサーウィギンスをみにいくくらいだからブラックミュージックは好きなんだろうが多分ロックよりのひとであって話がわからなくなったようだ。
うとうとしていたがおかまいなしに語った。
すみませんでした。

ホテルでまた布団もかけずばたんきゅー。

2017/4/25 | 投稿者: kikori

朝八時すぎ出立す。

途中スイマーに二度ほど襲われたので仮眠した。

ずっとウイリーマクテル。

夕刻高松のホテルにつく。

既に飛行機でぶーんときていたちはなちゃんと合流してラフハウスに行く。

マスター、オープニングをやってくれるかほりさんと挨拶す。

リハを終えてちはなちゃんと近くの焼き鳥屋で拵える。

店に戻る。
少数精鋭の感じだが遠くから来てくれたひとの割合が高い。福山からも。

かほりさんはループマシンを使った。

私たちはとても良い。
素晴らしい。

私はChihana 大量投入である。
此度は運転するのは私だけなので幾分引け目を感じずにすむ。

終わって初めて会うHさんに酒をごちそうになる。

それでたいすけさん、トムくんと私たちで別の店で打ち上げのようなことになった。
 
ホテルに帰って服のまま寝ていた。

2017/4/25 | 投稿者: kikori

4/10朝九時頃起きて。 

ジェイクさんとコーヒー屋へ入り朝はん。

昼前の新幹線にのり帰着す。

4/11 労働道つけ

帰 ファミレスで新聞のインタビュー。
続き。

車の掃除をせねば。
タイヤも替えとらんかった。

ホームセンターで掃除クリーナー等購入す。
オイル交換す。

4/12 労働道つけ。
なんとか後の行程に追い付かれぬほど進んだようだ。
必死だった。明日から四国ツアーなのだ。
いよいよ手をつけねばならん。昼休みに車を少し片付けてみる。冬の着物やらCDやら本やらが散乱して大変だが思ったほどではなく座席回りはさっと片付いた。

帰 作業着のまま車掃除。
後ろのハッチバックの林業用品満載のかたづけ。
泥だらけで油まみれ。
これがホンマルなのだ。

私は屋外保管用の大きな箱をもとめてきてあったのでそれにすべて放り込んだ。

ガスリンスタンドで洗車、および掃除機をかけてまあまあこれでよし。

古くてセコい軽四であって折角いつも美しくしているレイディには申し訳もないが勘弁してもらうしかない。
アメリカで汚ない車になれているのではないかという甘な気持ちもある。

食材を買ってきたり大忙しだった。



2017/4/22 | 投稿者: kikori

確か延長して11時にホテルを出たはずだ。
すこぶる天気がわるい。

奮発して中華街。
無論同發。
本館は並んでいたので別館へ。
うまうまのうま。
紹興酒もいただきまして上尾へ出発。

上野東京ラインで一本だ!

マスター、奥さまと挨拶す。
サウンドチェックして談笑す。
近くにいくところがないのである。

いや、いい案配にお客さん集まりまして初めてのかたお馴染みのかたハーフアンドハーフみたな感じか。
うれしい?

いいのやりましたよ。
汗かきました。

それでジェイクさん来てくれて。
しばし他のお客さんと愉快に談笑。
実に愉快。

それでまたジェイクさんのマンションへつれていってもらう。

さまざまなことを話して中なには実にうれしいことも在りました。音楽のことも。
三時頃まで付き合ってくださったか。
私は最早どろどろだったろうに。
酒を飲まぬひとだが不愉快なかおひとつせず付き合ってもらった。
それでジェイクさんがいなくなったら例によって布団にも入らずその場で寝ていた。

2017/4/22 | 投稿者: kikori

朝 ジャグフェスの朝礼が11時からあるが安達に任せてゆくりさせてもらった。

昼過ぎ日高屋でシーメ。
馬車道のホテルにチェックインしてから。

横浜駅西口へ。

サムズアップの前に安達も聡子ちゃんもおった。

道具を置いてけいこの居酒屋へいく。
様々なひとと挨拶。
ここでしか会わぬひともいる。

哲平くんも来たので修練す。
暫くライブを見て回ったが疲れたのでホテルへ帰って仮眠す。

六時過ぎ戻り様々なひとと話す。
八時ストーヴスバックヤードに出る。
押しているので三曲にしておいてやるわ。
昨年に比べるとなんたらまともだろうか。
聡子ちゃんのハーモニカのお蔭もあるし哲平くんやヴェンちゃんがしっかりしているのもある。
だが何が一番違ったかといったらやれることを見極めたという点であり出来ないことはわすれとけよ。

それで慌ててメインのOサイトへ。
しっかりできて昨年のように真面目にやれとの野次も飛ばなかったけど少し味気ないか。やはり来年は出来ないことをやって変なことになろう。

サムズアップのフィナーレをみて打ち上げになだれ込む。

お開きとなり二次会へ。
こてっちゃんと日暮士さんが私の向かい側に座り談義。
なんたらこの人たちは長い間やってきたにも関わらず熱が全く冷めておらんと感服しました。凄まじきひとたちが残るのだろう。

それで大分ようてからムーニーさんたちのテーブルへいったが安達は突っ伏していたことしかはっきり覚えておらず知らぬ間に寝ていたようでこてっちゃんに起こされたら朝になっていた。

ムーニーさんとこてっちゃんと三人でみなとみらい線にのる。

ホテルで寝る。

2017/4/22 | 投稿者: kikori

朝 八時半ごろの新幹線に乗る。
昼過ぎ野方に到着。
またカリプソミョルニルでヘヤーをやってもらった。
こんだもまたパーマネントだった。
だが前回みたく爆発の類いではなくて早川師がいうには春らしくスッキリとそして甘めの見映えにしたそうである。

三時半過ぎに店を出て下北沢へ。
ラウンのマスターは5時に来てくれと言っていたのでミスドでソーセージパイとソップとコーヒーのセット。

5時にラウンへ行く。
サウンドチェック、実にいい。

店をでたらトムくんがおった。
ひとり古着屋を見て回る。
私は小さいからサイズが合うのを探すのはなかなかに厳しい。
いつも探している。
足を棒にして探し回ったが出物はなし。

安い大衆酒場に入り気持ちを拵える。
ハイボール140円。
席料300円なら二杯以上呑めばかなりやすい部類だ。
なめろうをやる。

店に戻るとなかなかに良い入りで安堵す。

私はいくらひとの多い東京と云えども1ツアー一ヶ所集中にする。
今回そうしてみたが満席にはなったものの本音をいえば立ち見が出てほしい。
地道にやる。
私は楽しんでいる。
近道なぞのぞまない。
地道にやってこその愉快さである。
苦楽ありが最上だ。

ライブは素晴らしい。

本日の私もマーヴェラスだった。ミュージシャンも来てくれて三浦くんにワイチル全員だ。
ワイチル揃ったのでフジヤマさんに記念撮影をしてもらう。

それで皆電車がなくなるというので三々五々帰っていったが岡やんと私とあどちゃんが最後までいて大丈夫私は余裕で間に合うからと思っていたのだが。

私は大井町にホテルを取ってある。

三人で店を出て途中あどちゃんが三茶で寝るから歩くと言って別れた。

それで岡やんと夢中で話をしながら歩いていたが、あれまだ駅に着かないと感づいた。

岡やんは440に向かってあるいていたのだった。

大慌てでホームに向かい着いたら電車のドアは閉まった直後だった。
あと三秒だった。

仕方がないので品川まで行きシータクを使った。

2017/4/22 | 投稿者: kikori

4/3朝 起きたらまたワインを呑んで興がのったのでホイスキーやらつひには梅酒まで出してもらう。
私は運転ではない。
すうまあも私が呑むから当然ながら欲しくなり少し呑む。
つまり出発は夕刻になるということだ。風呂に入ったり寝たりしてすうまあの車で出立す。
駅でよいといったのだが家まで送ってくれる。
じゃあな。楽しかったなあ。

すうまあは急いで帰ることもないようでさむでぃに寄るといっていた。
実に律儀でまめなところのある男だ。所縁の場所には顔をだす。
今回も他に金沢で浅川マキさんの墓参りをしていた。

すうまあはビイルを呑んで店に泊まることになったと言ってきた。
そうなるだろうと思っていた。
4/4 労働 道つけ。
4/5 同じく道つけ 帰ってラジオ収録。
4/6 午前健康診断。
任意だが一万円以上はらって受ける。
食い過ぎがたたり体重もなかなかのマックス具合で健康診断では今までで一番重い59キロだったし驚愕したのが腹囲八十二センチだったことだ。
実際にはそれ以上のことも在るのだろうが健康診断では初めてだ。
ジーパンがきつくてたまらないしシャツのボタンが留まらない。
毎年私は体重が五キロ以上増減するが今年は七キロ以上だ。
まあ機械仕事から解放されればまた落ちるのだが。
しかしながらいつ解放されるのだろうか。
どうせまた落ちるのだと思うとたがが緩みまたたくさん食べた。
午後は道つけ。

2017/4/19 | 投稿者: kikori

日記を飛ばすがスペンサーウィギンスのビルボード東京公演について書かずにおられなかった。

 弟のパーシーウィギンスが数曲歌いそろそろかなと思っていたら既にスペンサーウィギンスその人はチャールズホッジスのハモンドの脇に立っていた。
 私はギョッとした。
実に不機嫌な顔をしているのである。しかしながらやる気のないひとの不機嫌さとは明らかに違う。例えばロバートロックウッドのような蝋人形的な不機嫌さとも違う。実に陰鬱だ。
 長年恋い焦がれたソウルシンガーはまるで苦汁、辛酸をなめきった末のブルーズマンといった風体で私の前にたち現れた。
 音源は相当に聴いたが姿形は数少ない写真でしか見ることはできなかった。
しかもフェイムにいた頃までの写真である。
私は自身のラジオ番組で歌は驚異的によいが売れなかったのは顔が悪いからではないかといったのだが。
 それでなんと意外にもロンリーマンから始めたのである。選曲する上で様々な事情が作用するにしても嬉しすぎる予想外の始まりかただ。
レコード通りではないが紛れもなくスペンサーウィギンスの歌声だ。

 次次やる。当然ながら私にはお馴染みの歌ばかりだ。
私は一番前の席を確保しておった。センターから少しずれているのだがスペンサーは私の正面に立ってひとつも動かない。
 ずっと私のすぐ前に彼がいるのだ。なんということだろう。スペンサーが私に贈り物をくれているような気になった。
 
実に不思議な感じがある。
陰鬱な表情でにこりともしないが何かひとを食ったようなところもあってショーマンシップもないことはない。
 たぶん彼は頑固なひとなんだろう。全くの推測だがお客に媚びた表情を見せないスタイルにこだわったのではないか。それで売れなくても知らねえよみたいな。わからないなら辞めますみたいな。そんなわけないだろうがそんな風に思ってしまうのである。

それで声もやはり陰鬱というかなにか冴えない感じなのである。
今日はやらなかったが私は彼のブルースが大好きだ。
ソウルシンガーでこうもちゃんとブルースを聴かせられるひとはそうはいない。
もしかしたらこの陰鬱さのお蔭なのかもしれぬ。

私はやはり大好きだと思った。だがそれは私だからかも知れぬとも思った。
凄まじき存在感だが顔も声も陰鬱の衣をまとっていてはスターにはなれまい。
しかしスペンサーはそれでもよいから辞めたんだろう。

オズモンズも歌ったダブルラヴィングで彼はわたしにマイクを差し向けてくれ私は思いきり歌った。
全く奇跡的な気持ちになった。

すぐにでもまたみたい。
大好きだ。

2017/4/7 | 投稿者: kikori

3/26 昼頃まで寝て飯をいただいたり風呂に入ったり談笑したりゆくりとさせてもらう。
夕刻 南富山駅でピストンと待ち合わせて地鉄に乗る。
駅ビルの居酒屋でどぶろくマスターと3人で私のワンマンライヴの打ち合わせ。
実のあるよい打ち合わせとなった。
6月17日にどぶろく三階で客数限定カラスライヴイベントをやる。


3/27 労働 間伐現場。
3/28 労働 間伐現場。
3/29 労働 ひとり枝葉を産廃業者のトラックに積み込む。
アスファルトの割れは地主のおじいさんが優しいひとでレミファルトを買ってきてくれれば自分で直すと言ってくれる。こんな優しきひとはいない。

歯医者へ。
ブリッジの準備。
3/30 労働 間伐現場道つけ開始。
明日からのすうまあとの準備。現場から直行なので車に荷物を積み込む。
3/31 労働 道つけ。ほかのもの集材から造材まで。

金沢へ。
ホテルにチェックインし慌ててシャワー。
ジェラスガイへ。
リハしてからすうまあと加賀太鼓。焼鳥屋である。
安くてよい。
帰りに太鼓を叩いてくれるが忙しいとバチを持たずに手でパンと一発だけ叩いたりするのが笑える。

店に戻る。
Sきちおる。
あとは先日NHKFMのゴンチチの番組でかかったのを聞いて来たというひともおり驚く。

私はヤマハFGギターを久しぶりに引っ張り出してきた。
やはり鳴りは悪く調子が出ぬし私はこのギター座ってしか弾いたことがなく立った状態でやるのは初めて。
ストラップは竿にくくるスタイル。
実にバランスがわるくボディがどんどん脇腹の方に入り込んできてどうもならん。
実にやりにくい。
しかし今の私は立つことに拘泥する。
そんな状況であるし初めて歌う曲もあってとくに最初緊張してしまった。
家で一応少しチェックしたのだが。やはりライヴは違う。
私は実践派である。
明日直そう。

こんなしどろもどろのライヴは最近の私にしては珍しいことで九州のいつもきてくれるIもとさんも貴重なライヴをみたことだろう。

しかしながら中井さんは初めて私を見たときのような初々しさがあって良かったと言った。

すうまあは素晴らしかった。
私のもたもたも挽回してくれて安堵す。

終わってジェラスガイ名物の打ち上げ。
二時頃で帰ってホテルですうまあと部屋のみした。
愉快。

4/1 10時に出立す。
すうまあも車で来ているので二台で移動。

すうまあの車をうちにとめて粋鮨へ。
うまうまのうま。
帰りに私のSMへ寄る。
すうまあも一緒に。

暫し昼寝す。

夕刻 カサデラムジカへ。
リハを終えて私は楽器屋へ走った。
ストラップピンを買うためだ。
ネックのジョイント部にとりつける。

弾いてみる。
私はロックンロール出身だ。
オーイエー。
素晴らしいバランスだ。

今日も私からやる。
お客はよく入った。

実にいい。
昨夜とはうって変わって私は自信満々である。

途中からFGがよく鳴りだした。
ぐわんぐわんドライヴした。

いいのを私はやりました。
お客は嬉しそうだった。

すうまあはいつも素晴らしい。
よくないすうまあをみたことがない。

ああ、よいライヴやったです。

ピザが出てきてくれて。
ほたるいかの。
うまうま。

お開き。
すうまあと代行で帰り家で一緒に選んだ太刀山生酒を呑む。
沢山はなす。

すうまあは眠そうになったが私は先に気絶したようだ。

4/2 朝起きると酒の肴にはラップがかけてあった。
ひとりでまたのみ喰らう。
完食す。
異常食欲。
私は飯にまでてを出した。

実を云えば私は最近飯が異様に旨く感じられて弱っているのである。
こないだは仕事から帰っていけないいけないと思いながら冷飯をかき集めてこれでやめにしようやめにしようとしたが五膳も食べてそのあとまた夜はんも食べたのだから自分でも呆れる。

すうまあは昼頃まで寝ていた。

それですうまあの車でデリーへ。
うまうま。

さよこさんちへいく。
さよこさん居合いの稽古でおらず私たちは風呂を使わせてもらい昼寝した。

夕刻
ノラカフェへ。

日差しが射し込んで暖かな店のなか。
ねこが三びき。

生音なのでリハはほとんど要らない。
すうまあと一杯いただきながらゆるりとす。

本日もじゃんけんの結果私からやる。
お客は充分。

よいのをやりました。

すうまあも。

ノラカフェのマスターは疲弊していてあまり話せなかったが打ち上げも充分にやってくれた。
彼はよく疲弊するひとで私の昔の知り合いに似ている。
ひとあたりするのかもしれない。 
打ち上げにはニューオータニ夫妻とさよこさん。

私は恐ろしく酔いが回ってしまって体の揺れが止められない。
皆に揺れが止まらないのをみてもらった。
すうまあの車をさよこさんが運転。
私は炭水化物が食べたいと言った。
ココスでスパゲット。

さよこさんちに帰ってビイルを飲んでいたら知らぬ間に布団で寝ていた。

2017/4/7 | 投稿者: kikori

3/20 朝はんをいただき豊川市の山麓にある温泉健康ランド様の風呂へ。

長湯す。

としなりさんの奥さまを乗せてお蕎麦屋へ。
ビイルものみ飯もお蕎麦も喰らう。
実に気が緩んで大食傾向にある。
腹はまたせり出し具合が進行した。

少し昼寝させてもらってから駅へ送ってもらう。

名古屋からバスで八時半帰着す。
どっと疲れが出た。
3/21 労働 夜 安達来る。
ジャグフェスの稽古。
酒を呑みすぎたかねてしまった。
3/22 労働 帰 歯医者へ行くと予約は昨日でしたよといわれる。んがくく、私はメモを間違えたようだ。
すごすご帰る。
3/23 労働 現在の終了す。
3/24 労働 次の現場。笹の葉の栽培実験場、枝葉片付け。
キャタピラー外れて往生す。
修理屋きたりてアスファルト割る。
3/25 休み。
午後ディストーションクラスへ。
久しぶりに会う連中と握手。
リハす。
ダンス天国のリハをみる。
やはりおしょうさんはかっこいい。

虎樂で腹を拵える。

もどって最初のオースから全部みる。

私は実に気分よくやれた。

ニトロキャブがやってダンス天国。
おしょうさんのやり方が私にはつぼ。
アクセルはまだ二十三才のドラムス。
楽しそうに叩くのが実によい。

今回は今までで一番お客さんが少なかったそうだ。
仲間たちは子供が出来たり、会社の役職についたりとなかなか出られなくなってきているようだ。
私もそれは経験している。
続けていればまたいくらかは戻ってくるだろう。

別所で打ち上げ。
おしょうさんと話す。

私はおしょうさんのキングサイズの前座を昔やったことがある。
ボクシングの話が良かった。
アクセルとも話す。
若いのに色々知っていて実によい。若者だって同じだ。
所謂ほんものはわかるのだ。
偽物を聴かせても無駄である。
私も若いひとの前にたちたい。

また出してくれてケンジはじめ皆に感謝します。

三時頃だったか私はシータクでさよこさんちに帰ってねた。

2017/4/7 | 投稿者: kikori

3/13 労働、歯医者。
3/14 労働
3/15 労働 午後呉羽ハイツにて労働安全講習。
本日を以てひとつの私にしたら謂われなき借金を完済した。
忸怩たる思いで返済していたものだがいつの間にかこの重い足枷が外れることとなった。
悪いやつの為に私は大金を払った。
しかもその悪いやつはどこにおるのか私には教えてくれないのである。
理不尽きわまりない借銭。
忘れた方がよいだろう。
あほらし。
3/16 労働 明日からの準備。
3/17 休みにして午後加越能バス本社前へ。
パーク&ライドで駐車無料。
名古屋へ。
ずいぶん遅れる。

池下バーストレガ。
としなりさんと。
二人だと実に厳しい入りであった。

浅井が来てくれ一緒に帰る。

浅井のアパートは有松から歩いて10分位。
浅井が歩くのはだるいから鳴海で降りてタクシーをひらおうという。
行列は短く直ぐにわれわれが先頭になる。しかしながらそれからがなかなか来ぬ。
結句一時間くらい待ち。
体が冷えきった。

浅井の家で温いこたつに入り深酒す。
愉快。
浅井先に寝て私も知らぬ間に寝る。
3/18 朝からビイルを呑む。
興が乗って次々のみ喰らう。
実に愉快。

しばらく寝て風呂を使わせてもらい出立。

犬山ふうにはずいぶん遅くつく。
しかしながらアンプラグドなライヴでリハいらず。
武部さん夫妻や同僚の方、そして岡崎から木こりチームもくる。
テレビで私をみて気に入りアルバムも買ってくれていた。
無論私は初対面だしSNSでも繋がっていないひとたちだ。
5人プラス子供二人。
実に嬉しい。
個人経営の林業会社従業員全員で来たのだった。
社長は真っ黒な色眼鏡をかけておった。

終わって武部さんらも居残り打ち上げ。
皆帰り小川さんと話す。
2時頃だったか寝る。
3/19 朝起きるととしなりさんは修さんの墓参りに行っていなかった。
ふうのお風呂は実にいい。長風呂す。小川さん私が倒れておるのではないかと見に来る。
昼過ぎ、としなりさんの車で豊橋へ向けて出立。
犬山は観光客だらすけであった。
郊外で台湾料理屋へ入る。
実に安く飯もの、麺もの合わせて7百五十円である。
台湾ラーメンと台湾チャーハンの炭水化物黄金コンビを喰らう。
満腹。

豊橋につきとしなりさんのうちで暫しくつろぐ。
夕刻バークレイへ。
けいこちゃんすでにおり。
リハを終えて古いとんかつ屋へ。
ビイルととんかつ。

バークレイに戻る。

津のハッチズバーのママきてくれる。
誘われておるが初対面。
津に行くこととす。

お客さんやお店のひとは半分くらいが古い付き合いのようだ。レイドバックしすぎていて私は構わないがじっくり聴きに来たヒトは嫌だっただろう。

としなりさんちでねる。




2017/4/7 | 投稿者: kikori

朝はんをいただき談笑してから帰宅す。

懸案の確定申告にとりかかる。
なんとかやり仰せる。

山林、音楽とも私にしたら恐るべき経費がかかっていて結句いくらか税金が還付されることとなり軽く驚く。
助かった。

2017/4/6 | 投稿者: kikori

云っておきたいことをば少し。

明日から下北沢、横浜、上尾に行きますゆえどうかよろしくお願いします。

東京であっても無理にギグを押し込まないようにしていきたいため、多分少なくともソロの単独は8月までやりません。
下北沢ラウンに是非来てください。

ジャグフェスは佐々木サトコもハーモニカで参加予定。
遊びに来るということだったのでならばやってくれと。
また、とり前のよい時間帯です。

上尾プラスイレブン。
大宮まで簡単に来られる方は近くでなくても大丈夫、是非。綺麗なお店です。音よし。

そして初告知!
6月9日下北沢440
WILD CHILLUN ワンマンのゲストに【花田裕之】さんゲスト参加決定です。

明日新幹線でブログ更新一気にすすませますからお待ちください。

2017/3/29 | 投稿者: kikori

労働
機械はリースなので休ませてあっても金をとられる。
機械仕事のときは土曜も仕事だ。そのうち日曜もということも考えねばならんかもしれん。
林業機械は建設機械の倍たかい。

帰 すぐに駅へ。
南富山へ。

南富山駅前のたにぐちへ。
実にいい。
一人前そこそこの値がついているが来てみると三人前ほどある。

今日は富山の良心、ピストン藤井女史と打ち合わせがあるのだ。
無論また私の富山でのワンマンライヴのである。

私が安売りをやめる決意をしたのはピストンの考え方によるところもある。
富山での理解者のひとりだと思っていて信頼している。

最初から私は清酒を呑んだので大分ようた。

かなりべらべら饒舌となりピストンはメモをとり始めインタビューみたになったが実に楽しい。
実に聞き上手。

たにぐちは看板となりそばの樹亭でメーラン。
南富山のフルコースらしい。

たったの八合だったが私はようていた。
ピストンを送らねばならんのに逆に私がさよこさんのうちまで送ってもらった厚顔無恥。

さよこさんもおらなかったからすぐ寝た。




AutoPage最新お知らせ