| 投稿者: kikori

〓Still Cryin' Tour 2017〓 

詳細はwckaras.comでご確認ください。


★ナカムラ(ex.モアリズム)と東北二人旅
1月19日(金)仙台Live in 唄屋
1月20日(土)千厩スナック彩ん
1月21日(日)山形大衆食堂ワンカップ

1月26日(金)大阪塚本Howlin’Bar w/in the peace
1月27日(土)和歌山HOBO'S BAR w/カサスリム
1月28日(日)大阪大正区bar 69 w/ナオユキ
『Still crying tour final』
2月10日(土)高円寺JIROKICHI
W.C.カラスとフレンズ(ユダ、スーマー、三浦雅也、Chihana )

2月11日(日)元住吉Powers2
★WILD CHILLUN
w/HONEY MAKER

2月16日(金)大阪ミナミBar SOPHIA
2月17日(土)高槻HIDE AWAY
2月18日(日)大阪十三246LIVE HOUSE GABU
★BAR RAIN COAT 5周年企画
塩と胡椒SHOW,SHOW!
他出演 木村充揮、AZUMI、ROIKI、三浦雅也、ナオユキ、口石和人 O.A CHAMARA
2月19日(月)京都磔磔  w/HONEY MAKER

Chihanaと3Days
2月23日(金)富山WILD SIDE
2月24日(土)金沢Jealous Guy
2月25日(日)長岡音楽食堂ZERO

★WILD CHILLUN
3月9日(金)京都磔磔 W/ズクナシ
3月10日(土)名古屋得三 W/ズクナシ

★Shyさんと信越三日間
3月16日(金)長野 curry bar Kusyu
w/Shy
3月17日(土)飯山 Juke Joint ZION
w/Shy
3月18日(日)上越 ばりあんと
w/Shy

★WILD CHILLUN
3月21日(祝、水)下北沢Club251
w/THE BLUES ONE NIGHTS
3月22日(木)豊橋晏煎
3月23日(金)名古屋OTIS O.A.うな武
3月24日(土)寺田町オルケスタデラビッチ


クリックすると元のサイズで表示します

2018/2/16 | 投稿者: kikori

穴水は厳しい寒さだ。
火曜の朝は大雪で高岡から二時間半かかって現場についた。
アイスバーンだらすけで実におとろしかった。
毎日、毎日雪でさぶくてさぶくて。
氷点下の真冬日ばかり。
チェンソーも直ぐキャブ周りがアイシングを起こすし。
その他バーはぶっ壊れるしチェンは切れまくるしくさびは折れまくるしで参った。
林業機械屋が七尾にしかないしそこも品揃えが悪いようだからアマゾンでバー、チェン、楔を購入す。
それでついたバーが合わなくて、よく読んだら私のハスクバーナには合わないと書いてあって。
チェンテンショナーの穴がほんの多分0・5ミリほどずれているだけなのだが、
実にくやしい。
私は古い予備のを使っていたのだが溝が磨耗してしまっていて実に塩梅が悪い。
チェンのドライヴリンクがすり減るしでもういや。
それでnじりさんのを借りたがこれも怪しくて同じ症状だ。
全然気持ちよく仕事でけない。
それでもだましだましやっていた。
私たちが一番仕事が捗ってはいるのだそうだが。
調子が出れば大もうけでけるのに。無念。
仕事が終わったら毎日風呂屋へ直行だ。
湯ったり館、すっかり気に入ってしまった。
しかしながらものすごひとが増えてどうなっておるのだ。
と、サウナー(張り紙にサウナーと書いてある)に入って地元のひとのはなしに耳をそばだてたら断水だよ断水。
輪島から穴水あたり大規模断水で自衛隊まで出ておるのだそうだ。
メインのゴツい水道管が凍結のガチンガチンでつひに破裂してしまったのだ。
かつてほとんどないくらいの凍みようだそうだ。
風呂には大体七時くらいまでおって着替えたら七時十五分、それからスーパーマーキットどんたくへ行くと七時半を回りまるで半額になるのである。
毎日寿司でもよい。
200円台で本当によいのが食らえる。
風呂代510円をなんとか浮かす作戦だ。
それでもたくさん買うからなあ。
買いすぎかと思ってもいつももの足りぬ。
私はよく食べる。
穴水では呑むのと食うのしか楽しみはないから尚更だ。

仙台のいづみやけんちゃんが送ってくれた蔵王秋あがりはうまうまのうまで実に良かった。
地元の酒屋で地酒を買うたがこれも普通酒ではあるがパンチがあって実によい。
能登町の谷泉。
宗玄普通酒はややもの足りぬ。
大江山もまあまあよい。
まだ色々試そうと思う。
土鍋で蒸してあたためたり網を買ってきたりしたがあまりよい塩梅ではなくて最終的に玉子焼き器に落ち着いた。
アルミホイルに温めたいものを包んで蒸し焼きだ。これで焼き魚半額もいけるようになった。
それで大体いつも三合以上呑んで知らぬ間に寝てしまいさぶくなって起きて歯磨きをしてから寝袋に入る毎日。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2018/2/16 | 投稿者: kikori

朝10時に目覚ましもかけぬのにちゃんと目が覚めて出立。

11時台のサンバーダードで高岡には3時前に着く。

夕刻歯医者。
年末の欠けた歯完治し、ものが挟まらなくなって実にもとの塩梅が気持ちいい。
やっぱり歯は大事だ。

あとは明日からの穴水の支度をして鍋。

早めに寝る。

2018/2/15 | 投稿者: kikori

部屋にはいくつか二段ベッドがあって何人か寝ていたようだが広々と快適だった。
朝10時にチェックアウトして旦那さんのどんちゃんが好きなようでひちゃこ夫妻と和歌山城のあたりを観光することになった。
ホテルまで十数分歩き皆でシータク。
ひちゃこ夫妻はホテル朝はん充実を食べたそうだがわたくしは腹ペコなので歴史館横の売店でサンドウィッチとコーヒー。
歴史館をみて回りなあるほどみたな塩梅の歴史もあってよろし。
私は博物館やその類いが好きである。
どんちゃんは歴史もの好きだそうだ。

和歌山城へ。
庭園はよい感じだが、城の石組が例えば姫路城、いや高岡城より大分雑っぽい。
石にしても揃っていなくて種類もいろいろだ。
なかには見るからに脆そうな質感のものも。
実際崩れてあなができている箇所もあり。

付近でよい石が取れなかったたのだろう。
天守閣は鉄筋でやはりそこだけ異様にさぶい。
ひちゃこさんは私と観光でけて異様にうれしそうで旦那さんに構わず私と手を組んだりした。
やめてください(>_<)
いつかたばこをやめるように去るひとだと思う。

時間はあっという間に過ぎて和歌山メーランでしめ。
ひちゃこさんの勘だよりで入った店は昨日に引き続き典型的のザ和歌山ラーメン、まんぞくす。
まるでひちゃこ夫妻に奢ってもらい、よいパトロン的なひとたちだ。

それで和歌山駅から快速にみんなで乗ってコーヒーをのみながらとおやつを広げたあたりでひちゃこさん血相をかえ。
キャりーガラガラゴロを駅の売店に忘れたという。
私も戻ろうかと思ったがひちゃこ夫妻だけ次の駅で降りて引き返す。

四時頃ロイキ邸。
家主はギター講師の仕事に行った。

五時半近くまで寝て
大正のシックスナインへ向かう。
約束の時間通りに着いてマスターひかるちゃんと握手す。
今日は音楽をやるのは私だけなのでたっぷりリハす。

オープン時間になりてナオユキさんも来る。

大正はウチナータウンである。
ナオユキさんが実にうまいという沖縄料理屋へ。
尚や。
沖縄料理屋だらすけである。

そしたらはまちゃんがおってもずくの天ぷらをくれた。
うまままま。

私は菊之露の湯割りを頼んだがおねいさんがあまりそういう飲み方はしないという。
私はさぶい。
それにたらまのおとうは冬は湯割りにしている。
構わずやってくれという。

いっきにぬくまった。
店に戻るといっぱいだった。

ありがとう!
ハウリンに来てくれたひとも何人かおる。
Tムくん、Hろみさん、Mーちゃん、Fくちゃん、Hちゃこさん、Hまちゃん。抜けていたらすまぬ。
Aりさちゃんまで店は大丈夫なのか来てくれてヤル気満々だ。

私から勢い込んで力みのスタート、しっかりやりまして大分長めでごめんなさい。
実によいホットさになった。

タイミングが合わなくて初めて来た青年なんにんかおり聴くと私のギタープレイに関心があるなぞいう。
私もまた、ギターを頑張ってみるか?いやあ、あまりギターがよすぎると歌が薄まるからよし。

ナオユキさんも大いにわらかしてくれた。
私が長すぎたからセッション短めですまぬ。

終わってまた違うまだ二十代の青年と話す。
素晴らしい私のファンなのだそうだ。
やはりアルバムばかりでライヴは初めてだという。

ナオユキさんらと談笑す。
お客はまだたくさんいてカウンターで呑んでいた。

私は残って大正に泊まるというトムくん、ひちゃこさんとまた気に入ってしまった尚やへ行った。
はじめから知っておるような顔でもずくの天ぷらを頼む。
ほかいろいろはらいっぺい食らった。
マスターは宮古島出身だった。
ひちゃこさんはわたくしのアノラックのほつれを縫ってくれて。
それでトムくんが全部だいてくれはった。
ありがとう!
私は抱きついた。

シータクでロイキさんちについたのは四時。
私はテンションがさがらずロイキさんを起こして話がしたいといったら。
よし!といってくれて。
コンビニでは一番よいホイスキー他買ってきて朝何時だろうか明るくなっていた。


2018/2/14 | 投稿者: kikori

昼頃起きて向かいの北ので具沢山の酒粕うどん。
うまうまのうままままままま。

ロイキさんの部屋にもどりて暫し休む。
ロイキさんギター教室に出勤。
私も暫くして森ノ宮へ向かう。
FMCOCOLOのラジオ収録だ。

ひちゃこさんがぐいぐいのぐんぐんに推しに推して此度の出演となったのである。

森ノ宮駅でひちゃこ夫妻と待ち合わせ。
公開収録のあるなんといったか憩いの商業施設の中にある図書館カフェへ。

プロデューサーらスタッフのひとと名刺交換。
そのうちりっちゃん、はまちゃんも来る。
収録。
進行はパーソナリティーの加美さんに任せるだけでよいので口から出任せで駄々漏れブルースアワーに引き比べ実に楽。
聴衆にはラジオファンのひちゃこさんの仲間もおって女性ばかりの実に気分のよいさびしいーことにならなくてよかった。
無事に録り仰せすぐに和歌山へ。
ひちゃこ夫妻も来るので一緒に。
一本のり逃がしてしまいひちゃこ夫妻が特急を奢ってくれた。
和歌山に着いてひちゃこ夫妻ホテルにチェックインしてからシータクで私の泊まるゲストハウスへ。
なかなかに感じのよいおねいさんの対応でよい塩梅。

ぎりでというかオープン時間になってからホーボーズバーへ。
ぬきなさんらと挨拶。
カサスリムもすでにおる。

軽くサウンドチェック。

おでんを頂いて腹を拵える。
カサスリムと談笑す。

カサスリムからやる。
なんというか力の抜けた塩梅で実に気分がよい。
私のように力むのが好きなやつには無理なやり方だ。
なにか生まれもったものだろうか。
一杯のお客だ。

私も大いに力んで気分よし。

終わって美味しいお料理を頂きながら富山出身の森田さんら他の人のたちとも酒を大いに酌み交わし談笑す。
ポーランド人のニーナさんがよく飲んだ。
カサスリム撃沈。
ぬきなさんもやってくれる。
実に勉強になる。
いやあ、ホーボーズバーいつきても楽しいなあ。
また忘れた頃に来たろ。

お開きとなりあやさん、あとは23才の若者、ンダの集落関係の名前を失念っがくっくとこれまた可愛らしい23才だったか女のなんでかなあまた名前を失念っがっくっく。
あんな可愛らしいこの名前さえ忘れるわたくしである。
それと誰やったかなあカサスリムもおったか?
ニーナさんも?
で和歌山メーランうまうまのうまでルービーも。

たしかあやさんに車で宿まで送ってもらったはずだ。
ありがとやした。
いやあ楽しかった。

ああ!
思い出した。
かがりちゃん。

寅さんで石田あゆみがやった役名だ。
寅さん意気地無しだったなあ。

2018/2/10 | 投稿者: kikori

朝の情報によればサンダーバードは全面運休にはならぬようだ。
しかしまだどうなるかわからぬ。
10時過ぎ私の乗る号のあとのが運休になった。
これでとりあえず大阪へはサンダーバードでいける。
しかしながら遅れはどのくらいになるのか。
ハウリンのつるさんは本番に間に合えばなんとかと言っているがそれは大丈夫だろう。

七時ごろ予定より二時間近く遅れてハウリンへ。

トムくんがもうおった。

インザピースのふたりと握手す。
インザピースから。
今日は割りとゆったりの曲調多目で落ち着いたライヴ。

私はホットでいきたいが。
一回落ち着いた感じになるとホットにするのは至難であり、チャレンジにはよい。

やはり熱々には出来なかったがまあ、それはそれでよいだろう。

いつものひとたち寒いなかありがとう。
大阪もさぶくてさぶくて雪がビュービュー舞って。
こんな大阪初めて。

はまちゃんと、けいこさんに送ってもらって御堂筋線でロイキさんちへ。

まだ早いのでロイキさん馴染みのたこ焼きやで呑むのむ。

二件目ダッチでホイスキーにジン、うまうま。
三時過ぎに帰って寝る。

2018/2/10 | 投稿者: kikori

もはや細かいことは覚えていないが北陸も過去最強寒波ということで荒れに荒れて能登へはいかず仕舞い。
ずっと風が強く今週は月曜の午前以外すべて作業は中止となったそうだ。
サンダーバードはすぐ止まるから金曜日に大阪へいくのに苦労しそうだ。
北陸新幹線は大雪暴風にも全く動ぜずだから最悪東京回りででもいかねば。

ナカムラさんから詞をプレゼントしてもらった。
ある程度構成に指定があったがすぐに駄々漏れにメロディーをつけた。

ニューアルバムをなるべく早くつくりたい。

2018/2/7 | 投稿者: kikori

11時チェックアウトで山形といえばお蕎麦。
Sまー氏は五十円の山形そば乾麺を主食としているそうだし。
それで有名店もうまいがそれより地元のひとがよくいくという地場的な店へ。
うまうまうまで満足だがどうやらここも実のところメーランがうまいらしい。
地元のひととおぼしき女性がやはりメーランをすすっていてうまそう。

帰路に就いてだんだん雪がはげしくなる。
東京も降り始めたとの情報が。
やばいんじゃないか。
栃木、群馬とどんどんはげしくなる。
私は大宮から新幹線に乗りたくて東北道を岩槻で降りることに。
だが埼玉へ入るともはや北陸かそれ以上の激雪でノロノロ。
これは長丁場になるぞと蓮田パーキングでトイレ、給油。
パーキングの案内所でどうすれば一番よいか聞いたがこのまま進んで渋滞に突き込むより他ないという。
まだ五時である。
最終新幹線にはまかり間違っても間に合うだろうよ。

動かぬ渋滞に突き込んで。
二時間、三時間、岩槻ランプはすぐそこだというのに動かぬ。立ち小便す。
情報によると軽い事故が岩槻ランプで起きているもよう。
すぐ解消してくれ。
だがなかなか前に進まぬ。
どうなっておるのだ。
このままでは間に合わぬ。
もう諦めよなぞふたりがいう。やだあい。
監督が喜んでいる。
ハプニングはムービーに必要だ。
やっとすこし動き始めたと思ったらまたストップだ。
監督が料金所に電話してくれた。
料金所からは状況がわからぬが少しづつ車は来ているらしい。
ランプにやっとたどり着くと警官がおって説明してくれた。
監督は私にカメラを持つよう指示す。
普通タイヤの車が多くてランプのカーブを曲がりきれずガードレールに激突してそれにまた後ろの車が突き混んだりするから一台づつゆくり通しているのだった。
雪国ならばこんな日に普通タイヤで出るのは自殺行為だとわかりきっているのだが。
もはや九時を回ろうとしている。普通なら楽勝で間に合うのだが。
下道も凄いことになっている。
雪に慣れていない車が実に歯がゆい。
なっちゃいない。
監督に遅い車を追い越して欲しいが三年目のスタッドレスでは無理も云えぬ。
私は諦めの心地だった。
監督は横浜だしこのまま乗せてもらって高円寺あたりの岡やんあたりのうちに送ってもらうことも考え始めた。
大宮駅の近くに来て間に合うか間に合わぬかみたな状況。
駅でとりあえず下ろしてもらって残り10分なし。
走る走る。
私は首都圏往復フリー切符で帰りの指定券をまだとっていない。 かがやきは全席指定券がないと乗せてくれない。
窓口で最終かがやき号の指定券を早く早くぅ。 
といったら、窓口のひとが、安心してください。
四分遅れています、といい安堵す。
ナカムラさんに乗れたと架電。
キオスクで弁当まで買えた。

うちには零時過ぎに帰着す。
良かった。

2018/2/3 | 投稿者: kikori

今日の山形は四時からなので早めの朝十時に出立。

白鳥が近くの田んぼに運がよければ早くからおるからということで通り道だからいってみたらおったおった。
しかもまだまだじゃんじゃん池からV字隊型で飛来してくる。

富山だと田尻池や石畠池に来るので見たことはあるが飛んでくるのを真下から見るのは初めてで感興がわいた。

ロードムービーには格好のシチュエーションか?
おっさん三人で白鳥をみていた。

山形へ急ぐ。

山形県へ入るか入らないか辺りから積雪あり。
やっと東北らしくなりムービーにもいい塩梅だろう。

三時大衆食堂ワンカップに這入る。
マスター、店のひと、今回の世話人浅井さんと挨拶。
蔵を利用した実にセンスのよいレトロ調。
リハをさくりとやり。
UKW監督は本職がガチでプロのカメラマンなのでアー写を撮ってもらった。

ホテルにチェックイン。
三人部屋で7500円!
実に安い。

すぐに店に戻り本日はわたくしから。
初山形市。
お客さんの顔をみたら私のマーヴェラスさは伝わったと確信す。
ナカムラはプリミティブな曲がバンドでやるよりぐっときて。
ソロでもソロなりの魅力を出していてこれからやる気満々らしいからバンドとは違うよさに磨きがかかることだろう。
実に楽しみだと思っている。

最後に二人でなんかやって終了。

まだ早い時間で打ち上げにも力を入れた企画なら私ものぞむところ。
山形のひと、あるいは秋田や酒田からも何人か来てくれて大いに話をした。
乞食晩餐会のしんというひとと初めて会えたのも実にいい。
清酒にしてなかなかにのんだか。
山形はいい。
またまいりたい。

それでお開きとなってまだ早いかなという私たちは普通の勤め人ではないものだから明日のことはそう気にしないし。
だから三人で打ち上げ。
近くの焼肉屋。

かなりのんだか、私はなにかナカムラさんに意見したような気がする。
監督もなかなか毒を吐いたか?

店がお開きになりまたホテルでつづきの口論をしただろう。内容は全く覚えていないが監督はずっとカメラを回していた。

ナカムラは誠実な男である。
間の抜けたところがたくさんあるがなんとか格好をつけようとする可愛らしさがあるのだ。
わたくしからみてそれは必ずしも成功していなくてだから可愛いげを感じるのだ。

そのカワイゲの魅力をふんぷんと撒き散らすとあざといと思うような美学があるのかもしれない。
私はひとのやることに意見などまずしないがナカムラさんは誠実に聞いてくれるし私が正解だという自信もなしにいっておかねばと思わせてくれるのである。
読んでいたらすまぬ。

私は酔ってベッドの間の床で寝ていてさぶくて起きた。
全てカメラに収まっている。

2018/1/26 | 投稿者: kikori

朝はみな目覚めが良くて九時頃からかはやおしゃべりしあう。ギターを弾いたりも。
コンビニでコーヒーを買って来てあげる。
11時チェックアウト 
ナカムラさんは長年仙台に来ているが一番よい牛タン屋はここという利久本町店が近くだったので昼はんはそこで決まり。
ここはのれん分け店なのか他の利久とはひと味違うのを最近発見したのだという。
しかしながら私の記憶では仙台に来ても牛タン屋へは確か太助にしかいったことがないので違いが判らぬのだが。

私はこれも仙台の名物らしいせり鍋の定食、とろろも。 
無論牛タンも付いてくる。
確かにうまうまうまのうま。
満足す。

それで次にナカムラさんの主要目的のひとつであるカリフラワーズのベーシストで2003年だったかに亡くなった小竹氏の墓参りに参じる。
マネージャーのうっかりでライヴがブッキングされてしまった一年を除いて毎年必ず来ているのだそうだ。
当初墓参りのためだけに仙台に来ていたのがひとに知れるといつしかライヴもやるようになったそうだ。
今年は私も帯同させてもらったわけである。

いずみ区の山手に墓園はあった。
広くて新しい。

浦川さんは昨日から車の中もカメラをずっと回している。

ナカムラさんはカメラの前で小竹氏への思いや亡くなった時のことを語った。
私は会ったこともないのに胸に込み上げてきてなんともどういえばよいのか実に切ない気持ちになった。
ナカムラさんは誠実に語った。

千厩へ向かう。
高速に乗って私が運転を代わった。
それでナカムラさんは後ろで寝て私と浦川さんは前でおしゃべりした。
すると大分時間が経ってナカムラさんが、あれ!花巻南まで来ているよ!といった。
へっ!?
なんとふたりとも話に夢中になって一関を通り越してずんずん東北道を北上しておったのだ。
まただよまた。

私は私が運転したらこういうことになるのは慣れてはいるがナカムラさんが役立たずのようにいうので少しはがいかあー。
まあ目くそ鼻くそを笑うということにちがいないのだがナカムラさんは運転と道順だけは大丈夫なのだという。

千厩に着いたのは五時過ぎだった。
一郎さんと挨拶す。
一郎さんのハイエースに乗り込み彩んへ。

サウンドチェックしてナカムラさん以外は私と浦川さん一郎さんですぐ近所の居酒屋で腹を拵える。
店に戻り

紀子ママはじめ店のひとと挨拶す。

ライヴは今日はナカムラから。
次に私がやり最後ごろ軍手をやる前にいつかこの曲で皆を総立ちの踊らせるのが夢だみたに云ったら紀子ママの号令で総立ちの大騒ぎ、他力であっさりかなってしまって。

打ち上げではうまい刺身を出してもらってそのうち大カラオケ大会。
私はリクエストされたら大いに歌ってあんたのバラードなんかもはじめてくらいだったがなかなかの気持ちよさ。
ナカムラはすすんで自ら選曲し覚えているのでは河島英吾の酒と涙と男と女を熱唱したのは意外だだった。
ほかにもっと意外で笑ったのがあったのだが残念なことに失念。
モモアリズムはカラオケに何曲か入っているから無論熱唱していた。

それで浦川さんもカメラそっちのけで歌いまくったのにも少し驚いた。
なかなか熱くなってしまってかなりカラオケに体力気力を使ってしまった。

それで一郎さんのところに帰ってもまた皆でのみなおした。
まるちゃんの恋の悩みを聞き勝手なことを皆でいいあったり音楽か?口論になったのも覚えているがいつ寝たか。
実に気温は低くて暖房がなかったら凍死するだろうと思いながら寝た。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2018/1/25 | 投稿者: kikori

朝六時に起きて納豆目玉焼きインスタント味噌汁

六時半に出立。
Nつに新高岡駅まで送ってもらう。

つるぎ号で富山駅へ。
かがやき号にのりかえ大宮駅まで。
新幹線はダークなビジネススーツのひとばかりだった。
朝早いとそうなる。
私だけギターを担いで別の人種のようだ。
大宮駅から埼京線の通勤快速で新宿へ。
やはりダークな寿司詰め社蓄車。
私は東京が好きだがそれは私の周りの世界だけなのだろう。
こんなダークな朝が毎日やってくると思うと確かにぞっとする。
彼らは今から自分を圧し殺しというか既に麻痺しているひと多数だろうが組織のいいなりになりにゆくのである。
まともなひとはおかしくなる。
ひとつも不自然ではない。
君よ鈍感であれ。
それが生き延びる道だ。

そういう言い方はとても旧い
。しかし時代が代わっても場所が違っても今の世界は地続きのようにあまりかわりばえしないのだから仕方がない。

手間取ったがナカムラさん、同行の撮影人浦川さんとは西口のスバルの横で落ち合えた。

10時過ぎに出立。
車中はナカムラさんの舌の滑らかなこと、主に音楽のはなしでずっとしゃべっていてなかなかに面白いし私は聞くだけだから楽だった。

仙台へ着いてから牛タンでも食らおうということでタバコ休憩以外はしなかったのだが浦川さんが出口を間違えてかなり遅くなった。
というふうにナカムラさんはいっているが恐らく30分も変わるまい。

ただ単に遅れただけだろう。
慌ててホテルにチェックイン。三人部屋で10000円だからやすい。

すぐに本日のハコ唄屋へ。

世話人の大月さんと挨拶す。
はじめましてといったら奥さんがジャグジャグ馬っ仔のアコーディオンでジャグフェスに着いてきたからあっているという。ひつれいしました。
そのほかアワハウスの福田くんはいつも泊めてもらっているからそういう顔見知りのひとたちが力を貸してくれたのだった。

それで来てくれそうだなと思っていたひとはインチキンハーツの池田夫妻とGKT子さんしか見当たらず意外だったのだがそれでもパンパンになった。
感謝。

ジャグジャグ馬っ仔から。

真ん中のおねいさんは名前を失念したがナカムラさんは実に素直に育てられた純粋なお嬢さんに見えると言った。だがあとで話すとパンクロック好きでナカムラのイメージとは違うなと思った。

アワハウスは素晴らしい。みな実にグルーヴィーで福田くんの歌もよい。
特にテナーサックスのグラマラスなるおねいさんには驚いた。
ただものではないなとすぐわかる。

あとで聞いたら世田谷ジャンボリーにいたことがあって安達なんかとも仲がよかったそうだ。くみこさん。

左山亜希子とザスペシャルズ。
亜希子さんの歌声がエンゼル性強し。
それでカヴァーの選曲も驚いた。
彼女なりになっていて素晴らしい。
いつもタイバンのひとの感想は辛くなるからなるべく書かないようにしているのだがつい滑ってしまった。

次に満場の拍手のなか私も気持ちよくやり仰せナカムラがしめ。
最後は皆で代わる代わるのセッション。
といっても曲は決めてあってナカムラがプリーズセンドミーサムワンツーラヴ、歴史に名を残す。私がうどんにラヴミーテンダー。
ちゃんと練習してきてくれて素晴らしい出来だったろう?

なんでラヴミーテンダーを初めてやったかというと。

マディーが楽屋でいつも歌っていたと知ったからである。
という単なるミーハー以外にも無論曲のよさだ。みんな知ってるから練習も簡単だろうし。

終わって上のイタリヤンでうまうまうまの打ち上げ。
かなり飲んだがまた宿で三人で語り合った。 

仙台のみんなありがとう!

2018/1/24 | 投稿者: kikori

朝 6時半ごろ起きて支度す。
7時過ぎに出てコンビニでおにぎりとお茶。

ラジオ体操等して8時過ぎより作業す。
つるがらみでややこしい林を片づけてしまうことに。

幸い簡単に済んだ。
一部しかない谷の伐採。
順番に倒せばよいので捗った。

暖かな日で汗だく、昼に着替えたが夕刻はすぐ家に帰るのでそのまま。
少しサブくなったが暖房を強く効かせて暖まる。

6時半過ぎに帰宅す。

ロング入浴パンク。
夜はん トン汁

ゆくりしすぎて3時頃まで旅支度す。

2018/1/23 | 投稿者: kikori

朝5時に起きて飯を喰らう。

5時40分に出立。
朝は下道もすいすいだから二時間あれば着くという。
現場には七時五十分集合だ。

それでスマホを忘れてすぐに気がついたが10分以上はロスした。

慌ててとばす。
高速道はずっと無料区間であまり走っておらない。
気温もわりに高くて凍結もなし。

途中の七尾の下道もまだ早いからスイスイ。

すると現場へは七時半過ぎに着いてしまった。
これやったら通いもでけるんじゃないか。
しかし帰りの七尾は混むし燃料費を考えるとなあ。

ラジオ体操から所謂KY、危険予知の書き出し指差し唱和。
周りヨシ!

今日も平地を伐る。

四時半にあがる。

アパートに帰る前にSMに寄ってみる。
素晴らしい!

魚がべらぼうに安い。
鯨も地物あり。
調理できる部屋なら極楽だが。
次から刺身でも買って熱燗をやろう。

今日のところはやめておいてペプシとお菓子だけ。

なんとなれば燗をするやかんを忘れたし近くの湯でロング入浴パンクしたいからだ。

一旦アパートに戻り着替えを取ってくる。
アパートに面した入り江の向こう岸の山頂に湯はあるようだ。

車で10分ほどか、キャッスル真名井という立派な旅館の離れがゆったり館という湯だった。

建物も綺麗で湯のひとも感じがよい。

あまりひとはおらなかった。
私ともうひとりだけ。
そのうち十人ほどになった。

サウナは普通のドライタイプのと塩サウナのふたつ、ジャグジーが2タイプ。広いのと丸くてコンパクトなのと。
あとは白湯と水風呂。
ジャグジーと白湯の繋がった大浴槽は全面ガラス張りできっと景色はよいのだろう。しかし灯りも何もない入り江なので夜だとさっぱりわからぬ。
露天風呂があればベストだが静かだし気に入った。
風呂さえよければこの町が好きになれるだろう。

二時間あまりおって心地よきふらふら。

9時を回っておってどうするかなあ。
まあ、とりあえず無難な8番ラーメンか。

メーラン餃子を食らって部屋に帰る。
ストーブでぬくぬく。

私は知らぬ間になにもかけずに寝ていた。
夜中に起きたがひとつも寒くない。
寝袋は暑くてちょっとかけるだけにして寝た。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2018/1/19 | 投稿者: kikori

朝7時にアパートを出て早朝からやっている地場の伝統的なチェーン店やはたのすしべんでうどんとめし。
カップ味噌汁とおにぎりを購入して沖波へむかう。
沖波は穴水からクルマで30分ほどかかる。
現場は沖波山なのだ。

本日は朝冷え込んでつるつるのうえに残雪がカチカチになっていてぼこぼこの下り坂おびただしの山道は実にびびった。

午前中は海岸沿いにあるプレハブ事務所で教育だった。

鼻やら眉毛やら唇やら顔中ピアスだらすけの夫婦が別班におった。
だんなさんの方は多分四十代くらいだが奥さんは老人性紫斑の塩梅からして恐らく60がらみである。よくみるとキュートな目付きだ。
だんなさんは普通の目付きをしておって多分奥さんに無理矢理顔中ピアスだらすけにさせられたのだなと私は推測した。

それでなんの仕事をしに来たかというとメガソーラーヤード建設のための伐採である。

メガソーラーを発注した企業があってまずゼネコン、その次の次が私たちである。

ゼネコンのひとが教育する。
優しそうなひとだが家族はあるのだろうか。
車のナンバープレートを見ると佐賀だった。
恐らく年がら年中全国の現場を回らせられて住所不定状態なのだろう。

午前中みっちり教育だった。
私は強力なスイマーに襲われて目をつむって険しい顔をした。
真剣に眼をつむって聴いているふりをしながら寝るテクニックである。
唇を尖らせて手を組むのがこつだ。 
自動車部品工場で働いた時に人から盗んだテクニックである。
大分寝た。

昼休みに少し沖波の集落をドライヴす。

ナニもない。
○○酒店か○○商店しかなくいずれも恐ろしく寂れていてやっているのかどうかもわからぬ。
廃屋が多いし見かけるのは年寄りだけだ。


能登島のとなり側の海の向こうに立山がうっすら見えた。

午後からラジオ体操をさせられその後、伐採に入る。
非常になだらかな山。
歩きやすい。
しかしながら傾斜がないと木は倒しにくいもの。
なんとなれば重心がバラバラになるからだ。
傾斜があると大概谷側重心となりただどこに向かって倒してもよいとなると楔も打たずに済むし順番に伐ればよい。

平だと順番というわけにいかずあっちこっちいってスペースをあけながらとなる。
しかしながらやり易い現場にはちがいない。

私は労働しながら今晩どうしようか考えた。
またあのさぶさは勘弁してほしい。
ホームセンターでストーブ?
いやうちにあまっているのがあるし買ってもあとで邪魔になる。
湯タンポを買ってそれでしのぐか?
いやうちに何個もある。

えーい、一回帰ってカーペットやら毛布やらストーブやら湯タンポやらカセットコンロやら全部持ってきたるわい。

七時前にうちに着いた。
やっぱりうちはいい。
さぶくてさぶくて、うちはよいなあと言ったらNつがもうホームシックかよと言った。

すぐさま持っていくストーブほか車に積み込み安心の快適の気分になりSMへ。
お惣菜やらかう。

それでうちはおでんだった。
私の分もあるという。

清酒んす。

私はゆっくり惣菜おでんをつまみながらちびちび長い時間呑んだ。
しみじみぬくい気持ちにひたる。
ネヴィルがこたつから顔だけだして寝ている。

たった1日でホームシックジェイムズだ。

知らぬ間にこたつで寝ていた。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2018/1/18 | 投稿者: kikori

最後の休みだからいろいろ準備。
昼すぎ富山市の北陸予防医学会へ。
振動障害検診。
昨年事務所でやったのに参加でけなかったからだ。
タコの班もおった。
どうやら工期ギリギリになって検診日に仕事をしていたようだ。

本日は実に天気がよく立山が美しい。

つまみ力やら握力やら把持を保ったりやらでまた苦しい。

つまみ力では薬指だけのが力が入らぬ。
私は弱くてもまあ検診さえ受けたら仕事を止めさせられるわけでもないし治療に通うわけでもない、そんならただ漫然と検査を受けて時間がすぎればよいだけだと思っている。

へらへらしながら力入らんわとタコにいった。
入るわけないやろとタコ。

すると係りの女性が昨年より大分弱りましたね、という。
いやいや、こんな体勢では力が入りませんよ。
肱を曲げてカンフーみたに手を嘴みたに向かいの女性にむけるのである。
そのほかに他の指は上に上げて薬指の支えにならぬようにせよとか煩いのである。
筋肉が変に突っ張って力が入らぬ。
それに無理に力むと筋を痛めそうな気がした。
わたしはそう訴えた。
それでやり直せという。

やり易いように女性が許す範囲で体勢を変えたら力は増した。

握力は手抜きす。
その係りの女性は話のわかるひとで力一杯やると次の把持が苦しくなりますよという。
わかっておるな。

お陰で一分間把持は珍しくひとつも苦しくなかった。
ブルースギターみたにたいした苦しくもないのに顔だけ少し歪めて演技す。

うちに帰ってSM、クリニック。

夜はんハンバーグ。

七時半穴水へ向けて出立。

10時前に聞いていた住所に到着す。
真っ暗がりで川のそばだというのはわかるが景色はなにも
みえん。
私たちは結句四人のうちAドレ君だけ毎日往復四時間以上通うことになりあとひとり他班のMくんがリーダーとして一緒に作業することになった。それでアパートはふたつ大分離れ離れに借りてあってひとつは2Kでコンロもありだが古い、もうひとつはわりと綺麗で2階になった2DKでコンロなし、わたしはNJRさんときれいな広い方になったのである。
それでどの建物でどの部屋なのかわからぬからNさんに架電。
寝ていた。
いつも9時に寝るそうだ。

Nさんに説明を受ける。
Nさんは畳の間であるが私の部屋は冷たいフローリング剥き出しである。
遅くなるから好きにしてくれといったので仕方ない。
それでNさんの部屋はエアコンが壊れているがストーブを持って来たから私にはそっちの壊れていないだろう部屋にしたという。
親切心であった。
私は浅ましい。
Nさんが早い者勝ちみたに畳の間を取ったと思い込んでいた。
恥ずかしい。

ところが、私の部屋もぶっ壊れもんであった。
長い間ひとが住んでいなかったからだろうものすごさぶい。
寝袋は零度まで適のはずが全くダメでさぶくてさぶくて。

仕方がないから下のダイニングに今日だけ移ることにした。
ダイニングは現場監督が使うことになっている。
しかしたまにであって毎日ではないという。
エアコンは効いたが広くて全くダメ。
立ちると顔は暖かいが寝ると冷気が体を包む。

仕方が無いから我慢して寝袋にくるまったが30度設定でもひとつも温まらない。
暖房はあると聞いてきたから安心していたのに。
部屋にいるのはさぶいから車で穴水を探索した。
まだ、11時だが店屋はコンビニ以外、駅前のイタリアンバルと喫茶店かレストランか?がやっているだけでほかは真っ暗でナニもない町だった。
結句朝までさぶくてまんじりとも出来なかった。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ