2017/11/23 | 投稿者: マサ

カフェキチ(?)ご無沙汰でほんとうに申し訳ない。何せPCの調子が・・・ネットや動画再生がイマイチで。。。やっぱセレロンにしちゃったのがまずかったかな!?
それはともかく、まだ飲んだことのない真新しいコーヒーを飲むのは、ちょうどオーディオで言うなら新しいスピーカーやアンプを買って聴くようなものでとてもワクワク気分なのだけど、前回のAGFブレンディをはるかに凌いで、インスタントコーヒーの中でも味<_ントツと思われる今までのマキシムと飲み比べてみたいながらも、今回はまた、
「ネスカフェ香味焙煎(深み)」「UCCカフェグレコ」「AGFちょっと贅沢な珈琲店」
と、インスタントコーヒー3本をネットで購入してみた。ネットではどれも人気商品だっただけについつい手が出てしまって、…一応満足はしているのだが。
そんなこんなで、まずはネスカフェ香味焙煎から・・・

いつも通り、アイスカフェオレ風に淹れてみた。
淹れる前の香りが抜群によかったので、味のほうももうちょっと変わったのを期待していたのだが、いかんせん人気のわりには変わり映えなく平凡で、ネスカフェに共通した味なのだろうか、これ、まさしく「ゴールドブレンド」の味だった。

・・というので、2度目はわりあい濃く淹れてみたのだが、深みというよりも、いや、さすがにゴールドともまたひと味違っているようで、クセもなく、いたってまろやか!
けっこう飲みやすく、クセになりそう。でも、マキシムのほうがまだちょっと上かな、と。
0

2017/9/23 | 投稿者: マサ

オトキチご無沙汰して誠に申し訳ない。

ところで、またしてもインスタントコーヒー、ブレンディはかなり久々。淹れた瞬間、
ん〜、まさにこの香り!
いや、さすがに美味い!
キー・コーヒーにみられた臭みももちろんないし、これこそコーヒー本来の味という気がする。たまにはネスカフェもいいけれど、やっぱコーヒーはAGFかな、と。
0

2017/8/21 | 投稿者: マサ

問題のフュージョン・・・カシオペアの代わりと言ったら誰かに叱られそうだが、また新たに発見し買い求めてしまったのが、フォープレイのアルバム、「イエス・プリーズ」。すごく癒されるというか、ゆったりくつろげそうなところなど、カシオペアではなかなか味わえない良さがあって、これ、確かにいい!! それと、「ビトゥイーン・ザ・シーツ」と、「エリクシール」の、合わせて3枚。すこぶる評判よかったし安かったし、何よりもまた完全限定盤というので気になって気になって、揉めに揉めたが、・・・いや、これは絶対に買わなきゃ損だと思った。
と言うのも、キーボードのボブ・ジェームスはもちろん、ギターのリー・リトナーも、僕にとって手持ちの他のアルバムでもすでにたいへん馴染みのアーティストであり、だからこそ余計このアルバムにも惹かれたし、実をいうと、フォープレイを見つけて2年くらい経つが、ここへ来てようやく入手に漕ぎつけたといった有様。
当然、好みにもよるけど、連日、ネット試聴を繰り返しつつも、やはり他のアーティストがすっかり霞んでしまうくらいに、フォープレイのアルバムの中でさえ、癒しの点では、リーからラリーのギターへと変わった「イエス・プリーズ」がダントツ優れていると、僕は感じた。
 ・・・
CDを購入し、実際に聴いてみた。・・・なんか、しょっぱなからものすごく懐かしいんだけど、1曲目からゾクゾクっときたぞ。ネット試聴だけではこんなにゾクゾクっとは来なかった。もっとも、前もってネット試聴しといたからこそゾクゾクっときたのか!?・・・いや、天井の「SB‐X01」スピーカーがあまりに優れているため、ゾクゾクっときたのだろう、きっと。
ボブ・ジェームスも語っていたけれど、PCサウンドがいかに最悪なものだったか、これで十分納得がいく。
あたかも抽象絵画のごとく、楽器の粉立ちの良さも半端じゃなく、まさしく自由奔放な音楽を拵える彼らは、やはりただ者ではなかった。ん〜、フォープレイよ、恐るべし!! (さらに興味ある方はマサのレビューも併せて閲覧の程)

そして、問題のKEYCOFFEEスペシャルブレンド・・・調合しだいで旨くもなり、まずくもなる、非常に面倒ながら複雑なコーヒーであるという結論に達した。
ただ、KEYCOFFEEファンにはわるいけど、牛乳とかでごまかさないと、臭くてとても飲めないのもまた確からしい。というのが、僕の勝手な持論!?
0




AutoPage最新お知らせ