井上俊彦のメディカル・イーティング(糖尿病篇)〜糖尿病克服への挑戦〜レビュー  井上俊彦のメディカル・イーティング(糖尿病篇)〜糖尿病克服への挑戦〜レビュー
井上俊彦のメディカル・イーティング(糖尿病篇)〜糖尿病克服への挑戦〜
「井上俊彦のメディカル・イーティング(糖尿病篇)〜糖尿病克服への挑戦〜レビュー」


「糖尿病性壊疽による両足切断の宣告後、食事療法を3ヶ月徹底して切断回避」


私は若い頃から大酒呑みのうえヘビースモーカーでありながら、
病気らしい病気をせずに40代を迎えましたが、45歳で人間ドック
に入った時、血糖値が高めで糖尿病の傾向があると診断されました。

 しかし、食欲も旺盛だったうえ、体調も決して悪いとは思えず、
その後も酒とタバコに関しては減らすことなく、食事にも全く配慮
せぬまま長年を過ごしてきました。

 それでも60歳の還暦を機に、家族の意見を聞き入れて渋々禁煙。
仕事もあまり外に出ないで済む職種だったため、運動不足になったの
か、65kgだった体重があっという間に20kg増えて85kgに。
相変わらず食欲はあったのですが、疲れやすく足がむくむようになり、
色も変わったようなので次第に心配になり、病院での検査を受けたら
糖尿病性ケトアシドーシスで、その後壊疽(えそ)と宣告されました。

 薬をいろいろ飲まされ、インスリン等さんざんもやりましたが、
良くなるどころか足の具合がだんだん悪くなり、とうとう医師から
「このままだと足を切断しなければなりません」と告げられてしまい
ました。あまりのショックに声すら出ず、その晩は一睡も出来ずじま
い・・・友人にこぼしたところ、もう手遅れかもしれないけど食事療
法の良い先生がいるからと連絡を取ってくれました。

 正直、先生にお会いする前は半信半疑だったのですが、お話をする
うち、たくさんの難病患者をお救いしてきた実績や、食事療法の内容
を実際にお聞きし、また私の病状を具体的にご説明した後、先生から
「まだ間に合う可能性はありますから」という一言をかけていただき
思いきってチャレンジしてみようと決心しました。

 翌日、足の切断を3ヶ月待ってほしい旨を申し入れるために病院へ。
案の定、病院には猛反対されましたが、必死で病院側を説き伏せまして、
それからは先生に言われた通り徹底して毎日懸命に取り組みました。
その結果、血糖値はどんどん下がり3ヶ月後には120を切り、ほぼ正常
値に。検査でも壊疽(えそ)が改善され、病院と約束した3ヶ月という
リミットに間に合い、足を切断せずに済み事なきを得ました。

 運良く先生にお会いできたからこそ今の健康な私がいます。
そうでなければ、今頃は両足切断で車椅子生活を送っていたことでしょう。
最悪、命を落としていたかもしれません。そう思うと今でもゾッとしますが、
先生には大切な両足を救っていただき感謝の言葉もありません。

 本当に有り難うございました。
今後も更なるご活躍をお祈りしております。
⇒井上俊彦のメディカル・イーティング(糖尿病篇)の詳細はこちら!



▲ こちらのブログよりお申し込み頂いた方にはスペシャル特典をご用意しております!
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ