2010/2/19

脳ドックのお薦め書籍  

どうも、こんにちは。普通の挨拶ですいません(笑)。
朝刊の折り込みに「視力回復教室」のチラシが入っていました。数か月の訓練で近視の人も、メガネが必要なくなるそうです。自分も近視でメガネをかけているので、ちょっと興味を引かれましたが、友人に聞いてみると「あんなの聞かない。詐欺だよ」って言われました。やっぱりそうかもなと思いつつ、もし本当によくなるんなら、と今も迷っているところです。
みなさんは心の悩みを抱えていますか?人間関係や仕事などで行き詰っていませんか?そういうときは、自分の頭の中で考え込んでも堂々めぐりになりがち。ここは、思い切って生活環境や自分自身を変えたほうが案外解決のヒントがあるものです。この脳ドック関連の本もそんな読み方ができるんじゃないかと思います。  (脳ドックのヒント)
0

2010/2/17

脳ドック書籍紹介  

当ブログに来ていただきありがとうイざいます。どうぞ、ゆっくりしていってね!
コンピュータの将棋ゲームをよくやるんですが、最近の強さは異常ですね。ほとんどと言っていいほど勝てません。昔のファミコン時代の将棋ゲームは本当に弱かったんですが。最近はプロ棋士にも勝ちそうな水準になっているそうです。科学の進歩とは恐ろしいものですね。
ここからは脳ドック関連の本を紹介してます。現在、自分の生活環境で何かを変えたい!と感じている人は参考にしてみるといいでしょう。本の内容をうまく取り入れることができれば、日々の生活を前向きに送ることができると思います。  (脳ドックといえば)
0

2009/11/7

キューティクルの重要性 をもっと知ろう  

本日紹介するのはキューティクルの重要性の厳選情報です。なかなか興味深い内容ですので、どうぞご覧ください。



髪の毛の構造の中で比較的丈夫な形でできているキューティクル。キューティクルを傷付ける一番多い原因は、ブラッシングですね。もちろんパーマや日差しによる紫外線等によっても、キューティクルが傷付けられる恐れがあるようです。また、ドライヤー等の熱もキューティクルを傷付ける原因になります。



テレビやCM、街頭の広告でも必ず見受けられる程で、抜け毛にも大きな関係があるようです。そして、いくら正しいと言える方向へのブラッシングでも、何度もブラッシングしているとどうしてもキューティクルを傷付けている可能性があるようです。従って、ブラッシングにはナイロン性の毛のヘアブラシを使うことは避け、髪の毛を傷付けにくい、ブタやイノシシの毛をなるべく使うようにしましょう。



髪の毛は三層構造で成り立っていますが、キューティクルは髪の毛の光沢や美しさを保たせ、抜け毛を防ぐ為に無くてはならない存在ですね。最近では、キューティクルという言葉をよく耳にされる方がいらっしゃると考えられます。キューティクルが傷付き剥げると、髪の毛内の水分が空気中へ逃げて、枝毛の多いパサついた髪の毛になってしまいます。



うろこの様に重なり合いながら毛の先端の方へ向かっているキューティクルの構造上、反対方向へのブラッシングはそれを破壊する行為になります。ここでのポイントは、時間をかけてできる限り低い温度でドライヤー等を使うということですね。しかし、髪の毛の一番外側に位置する部分なので摩擦に弱く、その他多種多様な原因により非常に傷付き易い部分ですね。




キューティクルの重要性についての関連知識を増やしておきましょう。以下は関連サイト・ブログです。



毛髪&頭皮の構造
キューティクルの大きさ コルテックスの大きさ 毛髪を輪切りにした時、0.08mm(80μm)の普通の毛髪で、キューティクル領域の厚みが8μm ... 異なります、なかでも食事の影響が大きく、たとえば次のような報告があります、少し古い例ですが、栄養バランスの重要性 ... 抜け毛 皮膚科 抜け毛 サプリ
www.fides.dti.ne.jp/~star/hair/hair1.htm



抜け毛の原因 抜け毛 こばもん堂
抜け毛のことをよく観察すると、本当に薄毛が進んでいるのか、また、代謝等の正しい原因によって抜… キューティクルの重要性 最近では、キューティクルという言葉をよく耳にされる方がいらっしゃると思います。 パーマ 抜け毛 抜け毛 予防
kobamon.fc2web.com/nukege/01.htm



上手なドライヤーの使用方法|抜け毛の原因と予防法
キューティクルの耐熱温度の限界はおよそ70℃くらいで、その温度を超えると壊れてしまいます。 最初から絶命した細胞で ... 抜け毛の観察 キューティクルの重要性 抜け毛とヘアサイクルの関係 毛髪の構造 抜け毛には海草類? 毛髪が担っている役目 髪の毛 抜け毛 抜け毛 病院
4-net-v.com/post_12.html


0

2009/11/6

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ