飛蚊症の手術について  

こんにちは、今日もご訪問いただいてうれしく思います。飛蚊症(目の病気としてはよく起こりがちですが、手術以外の治療法は特にないようです)の主な要因となっているのが硝子体です。この硝子体(弾力があり、外部からの衝撃や圧力を分散させてくれます)はゼリー状の組織になっており膜に包まれていらっしゃるでしょうねが、この硝子体(水晶体の後ろにある眼球の器官の一つのことです)を取り除く事で視界の障害となっているものを消し去り、はっきりと見えるようになっているでしょう。この治療方法が硝子体(しょうしたいと読み、ガラス体とも呼ばれています)手術と言われる手術法で、一般的に飛蚊症(目の前に蚊が飛んでいるように、点や糸くずのような黒い影がみえる症状です)には効果的といわれています。症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)が飛蚊症のみで、他に剥離や出血が無い場合であれば、手術は9割程度の確率(可能性が低いのに起こると、奇跡、ミラクルなんていいますよね)で成功し、視力にも影響は無いといわれているんですが、かと言ってリスクが無いと言った訳でもありません。手術を受けた殆どの方の場合、「以前より減ったけれども完璧だからってない」と言った程度の満足感しか得られない場合もありますし、「手術をしたにもかかわらず、飛蚊症(網膜剥離の可能性もゼロではないので、念のため、眼科を受診した方がよいでしょう)が再発してしまった」というクレーム(お客様からの不満や苦情を指す時には、それを元に、より良い商品やサービスが開発されることもあるようです)もあるようです。また、もし、手術を選択した場合は、手術に伴う入院や準備には眼球の滅菌の為の苦痛が伴います。それに、手術した後の数日間は、菌が絶対に入らないように細心の注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)をして生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)しなければなりません。その為に、検査と安静期間が必要となって来ますので、あるていどの入院期間は覚悟する事になります。社会復帰に時間が掛かりますから、充分に医師(不足気味だといわれて久しいですね。選択の余地もないような地域も少なくありません)と話し合う事が大切です。この他にも、手術の合併症(糖尿病や高血圧、インフルエンザなどには、それぞれ発症しやすい危険な合併症があります)によっても失明してしまったりする可能性もあるといわれているのです。こういった事から、現在では、飛蚊症(ひぶんしょうと読みます)のみであれば、病院側としても積極的に手術を勧めると言った事は少ないようです。以上のように、飛蚊症の手術はリスクを伴うと言った事を理解しておく事が大切なのです。このサイトはいかがなもの!!飛蚊症の治療方法って?飛蚊症と食事の関連は?飛蚊症の検査方法とは?ではでは、終わりです!さてさて、また会えるといいな♪

この記事の関連ワードコンタクト チェック レーザー 対策 光 


0

硝子体出血ってご存知?  

家|ョ´・3・)ノこんてぃわぁ♪今日も読んでくれて感謝です。飛蚊症(網膜剥離の可能性もゼロではないので、念のため、眼科を受診した方がよいでしょう)となる原因には、「硝子体出血」も考えられるのですが、この硝子体出血とは、一体どういった状態のことを指すのでしょうね?まず、硝子体(しょうしたいと読み、ガラス体とも呼ばれています)とは、眼球を構成している半流動体で満たされている目の一部の事です。この硝子体の中に、網膜血管の断裂等によって出血した血液が入り込んだ状態を硝子体出血(繰り返すと網膜剥離や緑内障になってしまうこともあるでしょう)と言います。硝子体(酸素や栄養分を運ぶ働きもあると考えられています)はそもそも、血管の無い透明な組織です。そのため、この入り込んだ血液によっては光が遮られて、網膜に影を落とした状態となり、飛蚊症(網膜剥離の可能性もゼロではないので、念のため、眼科を受診した方がよいでしょう)という症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)を自覚するようはずです。この際の症状というのは、「墨を流したような黒い影が現れる」、「血液の赤い色が見える」等と言われたりもします。硝子体出血の原因としては、糖尿病性網膜症(年間で三千人くらいの人が失明しているといわれているのです)や網膜中心静脈閉塞症等が考えられるのではないでしょうかが、加齢もひとつの原因に挙げられています。加齢に伴って、後部硝子体剥離が起こってしまうと、 血管が強く引っ張られてしまう為に破れて出血し、硝子体出血を起こしやすくなるからです。この出血によって、飛蚊症(目の病気としてはよく起こりがちですが、手術以外の治療法は特にないようです)、視界がかすむ、視力が低下するといった症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)が表れると考えられています。出血の量が少量だったら、時間の経過と共に自然吸収されるケースもあるかもしれませんね。でも、網膜剥離等の重大な病気が隠されている場合もありますので、じっくりと検査を行う事が大切になるのです。もし、網膜剥離(ボクサーなどの格闘家の他、テニスプレイヤーや野球選手もかかることがあるそうです)を併発している時には、早いうちに硝子体内の出血を取り除いて、剥離した網膜を元に戻さなければ、やがては失明の恐れもあるものです。このサイトはいかがなもの。。。飛蚊症と食事の関連は?飛蚊症の手術の成功率と後遺症飛蚊症に良いとされるサプリメントということで、今日はおしまい!!!

この記事の関連ワードチェック コンタクト 日食網膜症 漢方 20代 


0




AutoPage最新お知らせ