目のくまを改善する呼吸法はどうでしょう?  

目の下にクマが出来る原因に、血行不良があるのでしょうか。血行不良とは文字通り、血液の循環が悪くなることですが、血行が悪くなると、血液中の酸素が不足します。すると、ヘモグロビンが暗赤色となり、皮膚(年をとるにつれて、トラブルが起こることも多くなります。また、新陳代謝のスピードも低下してしまうものですよね)の薄い目の下の部分が黒ずんで見えるようになったならね言うわけ。血行不良(血液の循環が良くないことをいいます)を改善することで、目の下のクマもかなり改善されるみたいです。血流が悪くなる原因はいろいろあるものですが、一番は自律神経(自分の意思で意識してどうにかすることは難しいといわれています)が上手くコントロール(失うと時に大惨事になってしまうこともあるでしょう)しなくなるから。自律神経は交感神経(活発に働いていると、心拍?が増加し、筋肉が緊張して、体が戦闘態勢に入ります)と副交感神経(コリン作用性神経とも呼ばれ、アセチルコリンという神経伝達物質を放出します)のふたつで構成されており、これらのバランスが乱れると、血液のスムーズな流れにも乱れが生じるようになるでしょう。自律神経(上手く働かなくなると、全身に深刻な不調が発症するでしょう)のバランスを整える有効な手段の一つとして、呼吸法(深呼吸すると精神状態が落ち着くというのは、よく知られていますよね)があることでしょう。特に、ヨガ(インド発祥の修行法ですが、様々な流派があり、エクササイズや瞑想法としても活用されています)などで行っている腹式呼吸(医学博士・二木謙三氏が推奨した二木式腹式呼吸法というやり方もあります)がオススメです。息を鼻から、おなかと胸(開いていると、つい目線がいってしまうこともあったりなかったり)が一杯になるまでゆっくり吸い、口からのんびりと最後まで吐き出す。これを10分間くらい続けるとすごく気持ち(自分のだけを優先していると自己中だといわれてしまうことでしょう)がすっきりしてきます。就寝前にすると、血流が良くなるに限ったことではなく、良い睡眠(寝ている間に、記憶の整理などを行っているといわれています)をえられます。感情(時には大きく動かして、泣いたり笑ったりするのが健康にいいといわれています)が乱れたときにも、この呼吸する事で落ち着かせる事ができますよ。感情(あまりにも激しすぎると人付き合いが難しくなるものです)の乱れは血流が悪くなる原因でもあるので、ぜひ行うと良いでしょうね。目の下のクマと呼吸法(腹式呼吸、胸式呼吸の他にも、逆腹式呼吸や片鼻呼吸などがあります)、一見なんの関係もないように思えますが、実は意外に関係があるんです。但し、呼吸法は継続することによって効果を実感出来るので、毎日行うようになさってください。サイトのご紹介します!!漢方は目のクマに効果的目のくまと薬目のくまができるのはなぜ?

この記事の関連ワード原因 色素沈着 をとる方法 キレイに消去 DHC 


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL