2014/2/24

アルペジオーネソナタ♪  



久しぶりに、チェロの住野公一さん、フラワーコンサートにご出演、楽しみでーす〜クリックすると元のサイズで表示します
 
演奏曲は、シューベルトのアルペジオーネソナタクリックすると元のサイズで表示します今ではチェロの大事なレパートリーですが、もとは<アルペジオーネ>という幻の楽器のために作られたものです。アルペジオーネは、シューベルトの頃にはつかわれていたという、ギターとチェロを足して2で割ったみたいな楽器だったそうな〜クリックすると元のサイズで表示します
 

哀愁漂う第1主題と、スラブ風の軽快な第2主題の対比が、何とも泣けるいい曲なのです〜クリックすると元のサイズで表示しますフルートのレパートリーとしても、メジャーになってきたこの曲、フルートの方もぜひ挑戦してみてください!!
 
復元された貴重なアルペジオーネを、ネットで発見!!チェロよりちょい小さめ、弦は6弦でギターと同じだけど、膝にはさんで弓で弾き、また、ジャラリーンと、文字通りアルペジオ(和音)をギターのように鳴らせたのでしょう〜
 

おっと、なんと、メヌエットの教室にも、アルペジオーネを発見クリックすると元のサイズで表示します
 
中川民♪
 
 
 
 


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ