2014/4/23

モイツァ・エルトマン&グザヴィエ・ドゥ・メストレ デュオリサイタル  

銀座・王子ホールでのコンサートに行って来ました〜^o^
 
 
 
 
去年、エルトマンが初来日したのを聴きに行って、素晴らしい若いリート歌手が出てきたと感激したのですが、今年は、リートをハープの伴奏で歌うという、興味深いプログラムでした。
 
 
 
 
モーツァルト、シューマン、メンデルスゾーン、R.シュトラウスの歌曲、間に、モーツァルトとフォーレのハープソロ、最後にベッリーニとプッチーニのオペラアリアを2曲 という盛りだくさんのプログラムでした。
 
 
 
 
普段、ピアノ伴奏での演奏に慣れている耳には、最初ちょっと物足りない感じがしてたのですが、多彩なテクニックを駆使したハープの音色と、エルトマンの、感情に流され過ぎない、知的にコントロールされた歌で、なかなか聴けない貴重な演奏スタイルを堪能しました。
 
 
 
 
主要な歌劇場でのオペラにも出演しているエルトマンですが、これから益々楽しみです。
30日にもオペラシティで公演があります。ご興味のある方はぜひ!
 
 
 
岡戸仙子
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ