2017/4/25

暗譜のいろは  



 
今日は私の暗譜の仕方を
ちょっとばかしご紹介しようと思いますクリックすると元のサイズで表示します
 
歌唱しながら覚えていくことは
もちろんありますが
私は歌う前に歌詞をノートに
書き出すことが多いです。
 
本番前は
歌詞をぶつぶつぶつぶつ
唱えておりますクリックすると元のサイズで表示します
 
歌を、音楽としてだけではなく
文学という面でも
考えたりするのです(´-ω-`)
 
今後も続くであろう
暗譜ライフ…
道のりは険しいですクリックすると元のサイズで表示します
 
ゆうり
 
4

2017/4/25

りんごの歌コンサート  

今日も<りんごの歌コンサート>がありました。
今日も、というのは昨日も行ってきましたので…。

今日はメヌエットから御近所のビアラ小手指さん、昨日は狭山のあずみ苑さんに行って来ました。
(そして金曜日にはケアハウス狭山ヶ丘さんに伺いまーす。)

今回私が歌っている曲。
♪ りんごの歌
♪ 東京キッド
♪ 東京の屋根の下
♪ 東京ブギウギ
皆様と
銀座カンカン娘
憧れのハワイ航路
♪ おうまのおやこ
♪ 虫の声
♪ 池のこい
♪ お山のお猿
♪ かえるの笛
♪ 七つの子
♪ いぬのおまわりさん
皆様と
お山の杉の子
アルプス一万尺
♪ 富士山
♪ 山小屋の灯
♪ 山のロザリア
♪ 青い山脈
皆様と
幸せなら手をたたこう
♪ ふるさと

これで、上手くお話しなどを混ぜながらちょうど良い時間に終るように調節しながら演奏します。
今年はこの内容で各施設をまわります。

写真のように待っていてくださる方も沢山いらっしゃるので、忙しい中でも頑張って行って良かったな〜と思えるのでした。
皆様に喜んでいただけるように頑張ります。

間庭小枝

クリックすると元のサイズで表示します
3

2017/4/25

パイプオルガン!  

先日、NHKで「ドイツ オルガン紀行」というこをやっていました!(テレビがあるってスバラシイ…!)
この番組、とってもとっても良かった。ドイツにある古いオルガンを、オルガニストの鈴木雅明さんが演奏しながら巡るもので、演奏も本当に素晴らしかった!

本当に、オルガンて壮大な楽器だとあらためて実感。
その空間を計算しつくして作られるオルガンは、聞いているとまるで楽器の中にいるよう。
宮沢賢治の「セロ弾きのゴーシュ」に、チェロの中に子ネズミを入れて弾くシーンがあるけど、まさにあんな感じかしら。

そしてやはりバッハも壮大。偉大。
いろいろ語りたいけど、素晴らしすぎて、とうてい凡人には語りきれません…

それから、バッハが生きていた時代の楽器がこんなに素晴らしい状態で残っていることにも感動。
絵画にしても、音楽にしても、建築にしても、芸術作品には宗教が密接に関係していて、どれも今の時代に残っているのは、間違いなく宗教に守られているからで、オルガンだって、教会にあったからこそこんなに残っているのだろうし、絵画や、仏像もしかり。キリスト教の文化が数々の名曲を生み出したのも絶対。
それぞれ、信じているものは違っても、たがいの宗教のそこが素晴らしいね!って思えたら、世の中もっと平和になるんじゃないかなぁなんて思ったりもしたのでした。

いつかオルガンを巡るヨーロッパ旅行をしてみたい!!

あきは



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ