2018/7/11

オススメです。オルゴールの森qD  

ミュージックツアーで過ごした河口湖オルゴールの森美術館は、とても面白いショーが満載でした。

蓄音機が普及するまでの19世紀末、オルゴールは音楽を楽しむ一番のアイテムだったんですね。ショーのパフォーマー、上手く簡潔に説明してくれました。
その上、ちょっとした実験も(^_^)
音を上手く鳴らすには、ハコが大事。手に乗る位の小さな手回しオルゴール、ただ手の上に乗せたままで回しても、音が小さくて聞こえない(>_<)
しかし、適当な木のハコに乗せただけで(このときは、階段を使った)、音はマイクを使ったように隅々まで届くように(^^)d
共鳴させるハコがいかに大事か、ということを分かりやすく説明してくれました(^o^)v
弦楽器やピアノを考えると一目瞭然ですね(^3^)/どれも素晴らしい共鳴体、ハコをもっているのです♪
ハコは楽器だけではありません!ミューズみたいに大きな会場での演奏はちょっと(^o^;)と敬遠している方、あんなにいいハコはありませんよ♪♪♪ホールは上手く響くように設計されているのだから、かえって楽だということになります♪
レッスンでも、喉や楽器自体を鳴らすことに精一杯になりがちですが、お部屋全体が楽器とも言えると思うのです。お部屋に響く自分の声&音に耳をすましてみてくださいね(^^)d
tammypoo
クリックすると元のサイズで表示します
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ