2018/11/12

日本の歌コンサート 信長貴富の作品を集めて  

今週末、17日(土)のコンサートの最終合わせ練習がありました。

一緒に出演して下さる沼田真由子さんは、私よりずっとお若いオペラ歌手です。キラキラした声で、沼田さんが歌っている時に私は自分の演奏もすっかり忘れてうっとりしています。本当にステキ!
伴奏の込山さんとは、私と原田は瑞穂の会のお友達です。信長先生の作品ラブな方なので、熱い思いを込めて魅力たっぷりにピアノを弾いてくれます。

会場の東京建物八重洲ホールは小さくてレトロな素敵なホールなんですよ。是非来てほしいな〜。

魅力いっぱいのコンサートですが、一番のポイントは、なんといっても信長先生の作品が魅力的なこと、信長先生のお人柄があたたかくて素敵なこと。それから信長先生の編曲。数々の名曲が原曲とは違った新しい作品になって益々素敵なこと。(メヌエットでお馴染みの、「恋のバカンス」や「川の流れのように」は信長先生の編曲です。)

もちろん、間庭、原田ペアは曲の魅力をお届けできるように、全力で取り組んでいます。熱唱!!ピアノも熱演!!

チケットはあと少し残っています。是非お出かけくださいね。よろしくお願いします。

間庭小枝
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ