2019/4/1

行行子  

先日「びいでびいで」について書きましたが、入試の課題曲には「行行子」もありました。これは「よしきり」と読みます。
《よし》は《あし》のことです。葦の繁った中にいる鳥です。

ふるさとの河原の平に
よしきりは鳴く
ひねもす鳴く
昔 我が遊びし時と
変わることなし
よしきりは鳴く
耳痛く鳴く

さて、この漢字。よしきりの鳴き声が「ギョ ギョ シ」と聞こえるらしいです。日本人は上手に楽しく表現してますよね。「ホーホケキョ」や「トッキョキョカキョク」とか…。
私はヨシキリという鳥を知りませんでしたが、菜の花の会の方に聞いたところ普通にご存知の鳥でした。以前浦安辺りには沢山いた鳥だそうでした。

https://youtu.be/nPfv7t-hQrM
(YouTubeでヨシキリの鳴き声が聞けます!)

音や匂いでふと郷愁を誘われることがありますね。音や匂いは本当に記憶の奥深い所に刻まれているのですね。

信時潔作曲の日本歌曲です。ピアノ伴奏にヨシキリの鳴き声が表現されている名曲です。

大人だからわかる心情だと思います。是非歌ってみてくださいね。

間庭小枝

クリックすると元のサイズで表示します
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ