2019/6/3

メノッティ 電話  



先週の土曜日は合唱祭の予備日だったので、夜のマーノ合唱祭直前練習までの時間はお休みでした。
 
それで瑞穂の会のお仲間の小林祥子さんの「傘寿の記念のリサイタル」に行ってきました。
毎年素晴らしいリサイタルを開催しているのですが、今回は80歳記念なのです。
若々しいソプラノで、全く年齢を感じさせない安定した歌唱、高音もバンバン美しい。
 
中でもメノッティ作曲の短いオペラ「電話」は歌も演技力も抜群。賛助出演のバリトン歌手との絶妙な掛け合いにお客様は拍手喝采!
私は何度か英語上演の電話を見たことがありましたが、日本語だと微妙なおかしさも表現できてなかなか良いな〜と思ったのでした。
 
ルーシーの部屋に、直ぐに遠くに出発しなければならないベンがプレゼントを持って訪れます。彼は旅立つ前にルーシーに結婚を申し込みたいのです。けれど彼が話しを切りだそうとする度に、ルーシーに電話がかかってきて大事な話しができないのです。諦めて電話で話し込むルーシーをおいてベンは旅立っていきます。それでももう一度思い立ち、ベンはルーシーに電話をかけ、結婚を申し込む、といったストーリー。
 
80歳のパワフルな小林さんのパワーをもらって、頑張ろう!と思ったのでした〜クリックすると元のサイズで表示します
 
                              間庭小枝
 

クリックすると元のサイズで表示します
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ