2019/9/4

学校の伴奏  



夏休みが終わり、
子供たちは学校へクリックすると元のサイズで表示します
 
メヌエットは秋の行事がめじろ押しですが、学校もそうなんですよね。
 
運動会とかクリックすると元のサイズで表示します
音楽会とかクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
 
音楽会が近くなってくると、子供たちが持って来るのが、合唱の伴奏の楽譜。
 
子供が伴奏するかどうか、また、何年生から伴奏するか、学校によって事情は様々。
 
希望者の中でオーディションをしたり、順番で決まったりと、対応も様々なようですね。
 
早い学校は夏休み前に楽譜が配られて、夏休み明けにオーディション。皆、お休み中に練習します。
 
先生やお友達の前でピアノを弾ける音楽会は、晴れ舞台。モチベーションのアップにつながります。それを機会にググッと伸びる子もいます。
 
でも、その子に合わせた曲な訳ではないので、難しい曲に当たることも。
 
小さな手には届かない和音、見たことないような黒鍵の数クリックすると元のサイズで表示しますクラクラクラ
 
でも、みんながんばります。この がんばりが貴重な体験になるね。
 
せっかくピアノを習っているから、音楽会をより楽しんでほしいな。そのために、少しでもお手伝いができると良いな、と思う今日この頃です。
 
                    y.harada
6

2019/9/4

練習マスター  




夏休みも終わり、市民プールも静かになりました。

今は、学校によって、夏休みの終わる日も様々のようで、私が聞いた子どもたち、全員違う日でした。


さて、子どもたちが去年から取り組んでいる「練習マスター」
毎日練習すると、50日で初級に、次の50日で中級、と上がっていき、上級・親方を経てマスターになります。

9月、10月のかわら版にも載っていますが、又、増えて今、親方は5人。


9月の終わり頃からマスターになる子が出てくると思いますが、マスターになったごほうびはノートです。


今年は何人のマスターが誕生するか、楽しみですね。

クリックすると元のサイズで表示します
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ