2019/9/18

はるびの郷 慰問  

昨日は、童謡の会と合奏クラブで、はるびの郷へ慰問に伺いました。

合奏クラブ 今回はリコーダーで「明日があるさ」を演奏しました。途中の間奏では打楽器でリズムを叩いて、観客の皆様にも手拍子で参加していただきました。

童謡の皆様は、「津軽海峡冬景色」「北国の春」など、歌謡曲の名曲を。お揃いの衣裳に、振り付けもバッチリでしたね。

みなさんで一緒に歌うコーナーでは、「森の水車」や「朝はどこから」など、懐かしいラジオ歌謡を歌いました。

はるびの郷の皆様は、よくお声も出て、楽しそうに歌ったり、聴いたりして下さいます。

童謡、合奏の皆様は、明るい表情でコミュニケーションをとるのも本当に上手。
さすがベテラン、という感じですね。

秋の1日、というには暑い日でしたが、とても和やかな訪問になりました。

y.harada


5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ