2019/9/21

生パユ氏o(^o^)o  

フルート界のスーパースター、エマニュエル・パユ氏のマスタークラスを聴きに行って来ました!
生パユ氏のお姿を、生声に、こんな近くで接するのは初めて〜(≧∇≦)詰めかけた90人ほどの聴講生は、固唾を呑んで、時折吹くパユ氏のお手本に釘付け〜( ゜o゜)

しかし、ミーハーなおばちゃんをしていたのも、最初のウチ。パユ先生の音楽への真摯な思いと、フルートLOVEに、思わず敬意を払わずにはいられませんでしたm(__)mm(__)m

今日はフランス・フルート音楽の代表的なものの一つ、ガンヌ作曲“アンダンテとスケルツォ”と、北欧の作曲家ニールセンによる“フルート協奏曲”。パユ氏の、的を得た、しかし、ユーモアに富んだ様々なアドバイスで、受講する音大生の演奏が、みるみるうちに生き生きしてきます!

音楽のフレーズを長く、美しく保って表現するのに必要なフルートのテクニック、ブレスのコントロール、管楽器の言葉とも言えるタンギングの問題等々、とても分かりやすく教えてくれました。“もっと、自分の奏でるメロディを、デザインしてみてください。”という言葉が、随所に〜(//∇//)

地道な下積みと豊富な経験、そして、常にクリエイター&チャレンジャーであり続けるパワーと人への気配り、まさにKing of fluteの異名にふさわしいパユ氏。年末の無伴奏フルートソロのコンサートが、より楽しみになりました(^3^)/
tammypoo
クリックすると元のサイズで表示します
8



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ