2020/2/24

グルック  

今回のフラワーコンサートでは、イタリア古典作品を演奏させていただきますが、その中の1曲にグルックの作品があります。
 
 
グルック(1714ー1787)は、ドイツの作曲家で、18歳の時プラハへ留学。その後ミラノでオペラの作曲法を学び、ヨーロッパ各地を回った後、ウィーンで宮廷音楽監督に就き、音楽家として認められました。
 
 
グルックは器楽作品も書いてますが、1762年に発表したオペラ「オルフェオとエウリディーチェ」は、彼の代表作となりました。
第2幕の間奏曲「精霊の踊り」は、フルートの作品しても親しまれていますね。
 
 
グルックは、それまでのイタリアオペラの型にとらわれず、台本や歌詞を忠実に表現し、広く人々に親しまれる音楽を目指した作曲家でもありました。
その美しい旋律は、時を超えて、2000年代の現在に至るまで演奏される、魅力ある音楽となっています。
 
  Okado
0

2020/2/22

やまとなでしこの合宿です  

3月の定期演奏会に向けて、やまとなでしこは合宿中です。
写真はいつもの休憩時間の散歩。

定期演奏会…この御時世、できるのかしら。
実は次の土曜日に予定していた「おかあさんコーラス大会」が急遽延期になりました。
「おかあさんコーラス大会」っていってもおばあさんも沢山だから、仕方ないですね。でも運営の方たち大変だろうな〜。会場だって押さえられるのかしら。

若干、不安ではありますが、何とか暗譜を完成させたやまとなでしこの皆様です。

定期演奏会の頃には落ち着いていると良いな〜。

間庭小枝
クリックすると元のサイズで表示します
3

2020/2/21

日本のフォスター(^o^)  

中山晋平といえば、“ゴンドラの唄”“砂山”など、日本人にしっくりくるヨナ抜き音階の愛唱歌を沢山書いた作曲家。日本のフォスターとも言われます。今回のフラワーコンサートの合同ステージで、彼の童謡をお聴きいただきますクリックすると元のサイズで表示します
 
熱海の記念館は自宅を移築したものだそうで、写真の通り、当時の日本家屋としても大変貴重なものですねクリックすると元のサイズで表示します
 
ヨナ抜き音階は、日本のほか、韓国や中国、アイルランドやスコットランド民謡、アメリカのカントリー、南米のフォルクローレなど、世界のあちこちに浸透。不思議にどこの歌もノスタルジックにきこえます。
 
私は、あの町この町なんか、好きですね〜p(^^)q夢中で外で遊んでいると、あっという間に日が暮れてきて、急に寂しさに駆られる・・あの感覚ははるか遠くですが、短いこの歌に、タイムカプセルのようにギュッと詰まっていて、歌うと蘇ってきます。
 
はらだ先生の演出、あきは先生お手製の舞台セット、ゆうり先生お手製のコサージュもお楽しみに〜クリックすると元のサイズで表示します
あとはワタクシの暗譜じゃ〜(^o^;)
がんばりまっすクリックすると元のサイズで表示します
 
tammypoo

クリックすると元のサイズで表示します
4

2020/2/20

オルゲルプンクト追記  

先日中川先生のブログにあった、コントラバスのオルゲルプンクトの話。
オルゲルプンクト、日本語だと「保続音」などとも言います。
私、これ大好きなんです。たくさんの和音が展開していくのをずっと同じ音で支えます。
自分が作っている土台の上でコロコロと物語が展開していく、まるで、シッカリしっとりとした土台の上にキラキラとしたフルーツが乗っているタルトのような!ワクワクした感じが大好きなんです。

でも、聴いているのと、弾くのでは大違い!ただただ同じ音を伸ばしているだけですが、豊かな音で、正しい音程で、音を保ち続けるのはなかなか大変です。
学生の頃、このオルゲルプンクトを教えてくれた先生に「これが出てきたら、とにかく頑張れ!」と言われたのを思い出します。ひるむことなく、途中でめげることなく、とにかく頑張る!それ以来、「保続音は頑張る!」と胸に刻んで、日々ベースを弾いたり伴奏を弾いたりしております。
うん、今回も頑張るっ!

あきは
5

2020/2/19

瑞穂の会  

フラワーコンサート、合唱団定期演奏会など、準備で盛り上っているメヌエットですが、その前に  明後日2月21日  間庭先生と原田の所属している瑞穂の会のコンサートがあります。
 
瑞穂の会は、数年前まで行われていた富山県福光でのセミナーに集った、日本歌曲大好き?という声楽家とピアニストの集りです。
 
最初は音友ホールで、その後  紀尾井ホールで毎年この時季にコンサートをしています。
 
そのコンサートが、今年で20周年を迎えます。20年、ということは、その年に生まれた子が二十歳にクリックすると元のサイズで表示します
 
と思うと、遅々とした我が歩みにクラクラしますが、同時に  よく続けて来られたなと感慨深い思いもありますね
 
今回は、やなせたかし作詞  木下牧子作曲の「愛する歌」より、ユレル  と  雪の街を  初めての試みですが  もう一人の声楽の方とデュエットで。
 
愛する歌は、メヌエットの方だったらご存知な方も多いでしょうか。優しくて温かく、そして楽しい素敵な曲ですね。
 
いつも真冬の、しかも夜のコンサートですが、どうぞ皆様  いらして下さいね
 
                       y.harada
 
 
 

クリックすると元のサイズで表示します
2

2020/2/16

あじさいの会  

今日10時から、あじさいの会の皆さまとの話し合いでした。
メヌエットのたくさんの行事で大活躍のあじさいの会の皆さまですが、講師陣総出演のため、お手伝いいただかないと演奏会が成り立ちません。
 
 
担当の先生が当日の流れをおおまかにお話し下さった後、写真のようないろんなお仕事の分担を決めて、皆さま快くお引き受けいただきました。
 
 
会場に親しみあるお顔をお見かけするだけで、なんだかホッとしますね。
当日の会場はもうバッチリ!
あとは、演奏頑張ります!
 
  Okado

クリックすると元のサイズで表示します
5

2020/2/15

合同練習!  


いよいよ1ヶ月目に迫った
合同定期演奏会!

今日は第1回目の合同練習でした?
総団員約40名、なかなかの熱気です?

ancora!は先月合宿を終えて、エンジン全開!
やまとなでしは来週合宿ですが、皆さんほぼ暗譜がきています?すごーい!
miniは合宿はありませんが、
さすがの若さであっという間に言葉も歌も覚えてしまいます〜?

各団ともそれぞれのカラーがあって素敵?

他の団に演奏を聴かれるのは
なかなかの緊張感です?
でも1年かけて練習してきた曲たち
心を込めて演奏しました?
本番までにもっともっとブラッシュアップ
されるんだろうなぁ?

ゆうり
5

2020/2/15

オルゲルプンクト  

今年のフラワーコンサート、あと2週間後に迫って来ました!
今年は琴田先生のピアノ、あきは先生のコントラバスと三人で、バッハのソナタハ長調をお聴きいただきますクリックすると元のサイズで表示します
 
冒頭の一楽章、最初はゆったりしたAndanteですが、途中から速いPrestへ〜クリックすると元のサイズで表示します
ここから、コントラバスさんは、写真の楽譜の通り、ながーいながーいドの音を弾きます。このながーい持続音をオルゲルプンクトっていいます。この曲の一番の聴かせどころクリックすると元のサイズで表示します
 
今日では、この曲はピアノとフルートだけでもよく演奏しますが、音が減衰してしまうピアノさんには、オルゲルプンクトだけは無理〜(><)(><)何度も弾き直してもらって、それっぽく編曲してもらうしかありません。
フラワーコンサートでは、ホントにコントラバスでオルゲルプンクトを弾いてもらえるので、嬉し〜(^_^)v
原曲通り、ボーーーーーッと鳴ります。
 
ハ長調のこのソナタは、バッハのソナタの中でも最も優美で、しかも生命力に溢れていて、まさに春にピッタリクリックすると元のサイズで表示します
 
昔この曲を必死にサラっていた頃、福島の奥只見に春スキクリックすると元のサイズで表示しますーに行ったことがありました。
 
ちょうど雪解けの頃、雪の下から沢山のふきのとうが顔を出していたのを見つけて、目からウロコ、一気にイメージが膨らんだ事を思い出します。
 
バッハ、フラワーコンサートで取り組むのは三回目ですが、今回は3人でワイワイ練習、なかなか楽しいです
クリックすると元のサイズで表示します皆さま、お待ちしていますクリックすると元のサイズで表示します
tammypoo

クリックすると元のサイズで表示します
4

2020/2/13

もうすぐもうすぐ…  

?もう二月も半ば。
昨日、菜の花の会のみなさまにフラワーコンサートのチラシをお配りしていたら、「もうすぐですね!」と言われて、「そうだった!もうすぐだった…!!」となったのであります…
もうすぐもうすぐ!!

先日、YouTubeでアカデミー賞受賞式の様子を見たのですが、とても目をひいたのは、「アナと雪の女王」のエルサの吹き替えをした各国のエルサ達によるパフォーマンス!
いろんな国のエルサが、リレー式にメインの曲を歌うというものでした。本家アメリカのエルサはもちろん圧巻の上手さですが、それに続くトップバッターはわが日本の松たか子さん!堂々とした歌とパフォーマンスに勝手にちょっと誇らしい気分になったのでした!
しかし、あの雰囲気の中、急な跳躍のパートがまわってきたデンマークのエルサ、すごいプレッシャーだったろうな…
その他にフランス、オランダ、タイ…本当にいろんな国のエルサが歌いつないでとっても華やかなステージ!言葉による国のイメージも興味深かったし、それぞれカメラの見方やアピールの仕方にもお国柄が出るんだなぁととても楽しく拝見。人を楽しませる方法っていろいろあるんだなぁ。

さっ、各国のエルサには負けますが!今年のフラワーコンサートも、メヌエットの講師全員によるステージがあります。
今日は広いところで通し練習をしてみたり!
今年は昔懐かしい曲をアカペラでおとどけします。
3月1日、清瀬のけやきホールぜひいらしてくださいねー!

あきは

小道具もコツコツ…

クリックすると元のサイズで表示します
5

2020/2/12

梅  

暖冬の今年、立春も過ぎ
今日も暖かかったですね。

新所沢駅 近く、公民館前の中央公園では、白梅がもう満開。

町のあちらこちらで、紅梅もよく見かけるようになりました。

明日は雨の予報。2月なのに雪ではなくて雨なのですよね。

中央公園は鳥小屋もあり、せきせいいんこが元気に飛び回っていました。

少しずつ 外で過ごすのが気持ちの良い季節が近づいて来ますね

y.harada

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
2

2020/2/12

綿の木  

去年の暮れ、母のところで、綿の花?を見つけ、思わず写真を撮りました。

春に種を植え、育てたものだそうです。

その花から綿を取り、中にある種も取ったそうで、今日は、取った綿や種も見せてくれました。

写真の、回りはふわふわした白い物の中に黒っぽくみえるのが種です。

又、今年も5月頃、種を植えるそうです。

思わず撮った鉢植えの
写真は、どうしても添付ができなくて悔しい…

琴田恵理
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
5

2020/2/10

カレンダーの人形  

メヌエットの一番教室のピアノの後ろ、コローの風景画の絵の横に掛けてあるカレンダー。
お土産でいただいた、人形作家、与勇輝さんのカレンダーです。
与勇輝さんの人形を展示している美術館が河口湖の畔にあるそうです。
河口湖といえば何年か前にミュージックツアーでメヌエットの皆様と行ったオルゴール美術館もありましたね。

2月は子守りの少女がじっとこちらを見つめています。懐かしいような、物悲しいような気持ちになります。こんな時代があったなあ。昭和、いつの間にか遠くなりましたね。

与勇輝さんの人形を展示している美術館があるそうです。河口湖の畔にあるそうです。

春になったら行ってみたいなあ。
(でも春になるまでに瑞穂の会のコンサート、フラワーコンサート、お母さんコーラス、合唱の定期演奏会をクリアしないと春は来ないのだった!ひゃー!)
河口湖へお出かけするのを楽しみにしながら頑張ろうっと思うこの頃です。

間庭小枝
クリックすると元のサイズで表示します
5

2020/2/9

健康のありがたさ  

先週水曜から腰を痛めております( T_T)
朝起きて靴下をはこうとしたらピキッ!
支度をしてる間にどんどん痛くなってしまい、冷や汗みたいのまで...
どういう姿勢をとっても痛いので、結局その日はお休みさせていただきました。
 
 
たぶんギックリ腰だと思いますが、今まで2回ほどなったことがあり、普段からストレッチを心がけてはいますが...
以前痛めた時に整体の先生に聞いたら、
「まー、原因として考えられるのは加齢ですかねー。」...シクシク( T_T)
 
 
顔を洗う時、靴下を履く時、なんとしんどいことか。皆さまは気を付けて下さいね!
 
 Okado
7

2020/2/8

mano初参加♪  


今日のmanoは新しい風が!
昨年の秋ごろからancoraの伴奏を弾いている
あかね先生かmanoの伴奏としても来てくれました?
皆さん口々に、若い〜可愛い〜?と。

若いのも納得、大学2年生です!ひゃー!
日々学校で沢山励んでいるのです?

メヌエットのスタッフはヤングチームと呼ばれる?チームがあり
メンバーは中川先生、明葉先生、そして私…
あかね先生もヤングチームの仲間入りです?

私とあかね先生の共通点は
出身高校が同じということ!
高校トークで盛り上がることもしばしば?

フレンドリーなあかね先生、
見かけたらお話ししてみてください?

ゆうり


クリックすると元のサイズで表示します
5

2020/2/8

バスフルートライブ  

狭山の三響フルートさんでは、時折ユニークな無料のミニコンサートを企画して案内下さるので、フルートさんの希望者を募って出掛けてます。
昨日は、バスフルートとピアノによるライブ。BASUYAと名付けられたこのユニット、フロント担当はバスフルート。
普段はフルートアンサンブルの低音パートを地味に担当、ブ、ブ、ブ、ブ、とバス音を刻むだけの存在。普通のフルートの一オクターブ下が出ますが、何しろ重い!!湯水のように息がいっぱい必要で苦しい!!吹き込んだわりには、ヒューヒュー風音みたいクリックすると元のサイズで表示します
そんなバスフルートをこよなく愛し、沢山の音色を駆使して、お洒落なピアノのジャズアレンジにのって、メロディーを吹きまくる〜( ゜o゜)アメイジングです(≧∇≦)
決して吹きやすくはないあのバスフルートを、このように自由に扱えるようになるには、プロといえども並々ならぬ努力があったことでしょう。
楽器の可能性をどこまでも探る、フロンティア精神に拍手拍手なのでした(^_^)v
tammypoo

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ