2018/7/20

信長貴富作品展  

信長貴富作品展コンサートに行って来ました。

信長先生は、合唱曲や歌曲などをたくさん作曲されています。今や、合唱コンクールなどではお名前を見ないことがないほど、よく演奏されていますね。

今日のコンサート、
前半は演奏される機会の多い、「夕焼け」や「ほほえみ」などをソロで、またピアノ曲「マーマレードおばさんの大きな鍋」など。

マーマレードおばさんのモデルになった方が本当にいらっしゃいました。優しそうな方でしたよ。いつもお庭のオレンジでたくさんマーマレードを作って下さるのだとか。

圧巻だったのは、後半、東京初演となる「チェホフ祭」。バリトンのソロで、作詞は寺山修司。
1954年に発表された寺山修司18歳の青春の短歌。時をこえて信長先生が作曲されて、素晴らしい歌曲になりました。

そして最後は混声のアンサンブルで「ヒスイ」「歌うためには」などもあり、楽しいステージになりました。

y.harada

クリックすると元のサイズで表示します
4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ