2018/9/30

貴重なエピソード  

今日は、大学でお世話になった先生の門下生の会を聴きに行って来ました。
 
 
前半は、クラシックの歌曲やオペラアリアや日本歌曲。
後半は、童謡が誕生して100年ということで、みんながよく知っている童謡を、出演者の演奏と、会場のお客さまも一緒に歌って楽しむという構成でした。
 
 
先生は80代半ばですが、ステージに立たれたお姿も美しく、お声も以前と変わらず、張りのあるいいお声。
演奏こそなさいませんでしたが、作曲家の貴重なエピソードを紹介して下さいました。
 
 
先生は、学生時代、なんと、山田耕筰の指導を受けられたことがあるそう。
とても厳しい指導だったそうですが、ここで面白エピソード。
山田耕筰さんは、若い頃から、髪の毛がさびしかったそうで、名前の筰の字って作の上に竹が付いてますよね。
これは、カタカナのケ(毛)なんだそう。
毛が増えるように?...ちと切ない...
 
 
他にも、平井康三郎さんもすごく厳しい指導だったとか、小林秀雄さんは、学生時代、ピアノが上手いと評判で、声楽専攻の学生に大人気だったなどなど。
 
 
出演者の演奏とともに、台風を忘れるような楽しいひと時でした(^^)
 
 
   Okado

クリックすると元のサイズで表示します
7



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ