2018/12/3

練習曲のすすめ第6回  



私が学生だった頃クリックすると元のサイズで表示します
コンコーネ50番を何度もやり直していた頃!
クラスメートが「私はコンコーネ50番は終わったのよ。今はパノフカやっているの。」
何?何?パノフカって何なのかしら?いいなあ〜。私はコンコーネ50番を延々と繰り返しながら羨ましく思ったものでした。
 
パノフカはやはり人の名前です。一曲毎に何の練習か書いてあります。
例えば半音階の練習とか、
トリルの練習とかね。
それが音楽的にも美しく作曲してあります。
色々な本に<声を鍛えてテクニックをつける練習を怠ってはならないのである!>と書いてあります。
その通りですよね。楽器の人も技術を修得するために沢山沢山練習しますからね。歌も同じですね。
 
パノフカは第一曲目から、長調の音階の練習で音が高いし速いので、絶対無理と思ってしまいがちですが、何度も繰り返していると、あら不思議、歌えるようになってきます。本当です!
 
さあ皆様、練習曲にチャレンジしましょう。
 
                          間庭小枝

クリックすると元のサイズで表示します
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ