2019/1/10

小さなしらかば  

昨日は、今年初めの菜の花の会。
今年も元気な浦安のみなさま!いつも元気をもらいます。
菜の花では「今月のうた」というのがあって、個人レッスンの方も、パンプディングでも全員が取り組む曲があります。
今月は「小さなしらかば」という曲。
童謡さんが使う曲集にも入っていて、いつも弾くたびに「この曲知ってる…」って思っていたのです。でもなんで知っているのかが思い出せず。知ってるはずなのに、何かヘンだな…とモヤモヤしていたのでした。

昨日、間庭先生のお話を聞いてようやく思い出したのです!このメロディー、チャイコフスキー作曲の交響曲第四番、第四楽章に出てくるのです。チャイコフスキーは華やかで美しいシンフォニーやバレエ音楽をたくさん書いていますが、ロシアの民謡や民族的な音もたくさん使っています。

小さなしらかばが出てくる交響曲4番の4楽章というのは、弦楽器がみんな一斉にかけっこを始めるみたいな、全速力で疾走をする曲なのです(コントラバス、たいへんなんですけど!!!!!!)
もう、小さくも、しらかばっぽくもありません。華やか、と言いますかなんか、とにかく派手!!でも、聴くとちょっとクセになるんですよね…
みなさまぜひ聴いてみて!youtube等で「チャイコフスキー 交響曲第4番 第4楽章」などと検索すると出てきます。
ちょっと元気になりますよ!

あきは

5



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ