2016/1/28

DANGER MONEY  

クリックすると元のサイズで表示します


 UK Danger Moneyです。1979年発表です。本作はすでにブートなどでも知られているように4人UKの頃にすでにでき演奏されていたCaesar's Palace Blues,The Only Thnig She Needs, Carrying No Crossにタイトル曲のDanger Money, Rendezvous602,Nothing To Lose を加えたものです。前3曲は4人UK時代のものと比べ、ギターがなくなったぶん、Eddieのキーボードとバイオリンが炸裂しています。
なお、4人UK時代のThe Sahara Of Snow Forever Until SundayはBruford のOne Of A Kind でリリースされます。Foreverは実はEddieの作曲で、One Of A Kind でもバイオリンを演奏したことは、後にEDDIE自身が認めています。
 Brufordのメンバーによるライブパフォーマンスとの比較で明確になるのは、One Of A Kindのサウンドは4人UKのサウンドと酷似し、一方、Dave Stewaretのカラーが反映されたBrufordライブでは、スタジオ盤とは全然異なるサウンドになっていることです。おそらく、スタジオ盤でEDDIEは、The Sahara Of Snow とForever Until Sunday
で楽曲のアレンジに大きく関与していたものと思われます。ただし、Eddieはとうじ、UKのメンバーであり、同時に、他のバンドとなってしまったBRUFRDの新作に表立って参加していることを公表することはデメリットと判断したのでしょう。結局、このレコーディングの真相は明かされないままとなりました。
Carrying No Cross,The Only Thing She Needsはプログレの名作中の名作です。Caesar's もバイオリンを前面にフィーチャーした画期的な作品です。


 このリリースの直後に、UKは来日公演をします。
 東京
 東京
 名古屋
 大阪
 東京
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ