エディジョブソンと不朽の名作の宝庫:プログレッシヴロック入門  

 クリックすると元のサイズで表示します

 このブログは、Eddie Jobsonエディジョブソンに関わることなら何でも取り上げていきます。 
 Eddieファンの皆様の熱い思いの伝わるコメントや、どんなわずかな情報でも自由に投稿して下さい。
EddieがUZ-Projectを通じてプログレッシヴロックの名作を再演してTributeしていますが、Eddieのその姿勢をback upする意味合いも含めて、主にプログレッシヴロックを中心にYou Tubeに投稿されている名作を紹介します。このブログを通じて、難解だといわれて敬遠されてきたプログレの名作にじかに触れてください。聴くのに決して身構える必要はありません。変な理屈を練る必要もありません。ただただ感動の名作の宝庫です。 
 過去に活躍した名立たる音楽家が、現代に生まれ変わったなら、きっとこのジャンルでまた創作活動を続けたのではないか。いや、案外、そのとおり、過去の音楽家がふたたびこの世に生を受け、閉塞したクラシック界を見限って、無限の音楽の可能性を秘めたプログレの分野で活躍しているのかもしれません。
 60年代に発祥し、70年代に花開いたプログレッシヴロックは、時の音楽産業、当時の主流の音楽批評家、低俗なパンク文化によってロック界の片隅に追いやられました。そのことはKeith Emersonがいみじくも「多くの偉大なミュージシャンたちが最盛期にコキ下ろされまくっていたことを僕は知りすぎるくらい知っている」とインタヴューで指摘していることにも表れています。(シンコーミュージックDig別冊Progressive Rock2010年7月発行)

 21世紀を迎えた現在、このジャンルで活躍した(している)ミュージシャン、生み出された多くの不滅の作品群を次世代に伝えていくことがとても重要です。
 このまま、忘れ去られてはならない第一級の芸術作品を顕彰していきます。
 

 皆さんもお気に入りのYoutube画像、あるいはお薦めの情報などありましたら、コメント欄に貼り付け・ご紹介ください。
60



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ