2011/2/21

Time Domain  You Tube

 このたびのUltimate Zero Tour Liveの一般的評価はかなり高く、CDの売り上げもアマゾンでは健闘しています。
 音質についてよく不満が出ていますが、その点は私も以前から指摘していた通り、そして、Eddie自身も最近、Forumで述べたとおり、一つはオーディオシステムの問題があります。
 ミュージシャンが本来創り上げたサウンドは、普通のラジカセ(とはあまり言わないかな、昨今は。)を少し進化させたようなipodドックや妙に低音を不自然に加工する有名ブランドのスピーカーなどでは、音源を正しく再生できません。
 
 UZ Tour Liveはスタジオ盤と異なり、ライブの臨場感を再現することを目的として非常に巧妙にサウンドが編成されています。その醍醐味を知らないでこのCDを聴き続けるのはもったいないことです。
 特にオーディオシステムで気を使うべきは音の出口、すなわちスピーカーです。アンプを変えてもそれほど大きな変化はありませんし、イコライザーであれこれ音を変えて聞くのも本来の音源をゆがめてしまうことになります。
 スピーカーは音源を忠実に再生するもの、音像をぼかすもの、はっきり分かれます。比較的安価なものでも原音を忠実に出してくれるものもあります。 
yoshii9が理想ですが、Yamahaの1台1万円前後のミニスピーカーとサブウーファーの組み合わせでも、かなり原音に忠実です。少し古いのですが、YamahaのシアターセットのNXー430P
が当時、1万円前後だったと思われますが、これで充分再現できます。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ