2011/4/20

Ultimate Zero Tour Live High Quality Sound!!!  U-Z Project



 Ultimate Zero Tour live CDは、映像のないDVDと思ってもらっても良いかもしれません。
 ですから、通常のオーディオよりもホームシアターシステムの方が理想かもしれません。
パイオニアのホームシアターセットでも試してみました。サブウーファーとミニスピーカーのバランスを整えていけば必ずライブ会場の雰囲気を再現できます。 
 これは未検証ですが、おそらくパソコン用の2.1chシステムでも問題なく再現できるものと思われます。
 シャープのポータブルミニMD/CD System、いわば昔でいうラジカセレベルのもの=1ビットのSD FX-20でも試聴しましたが、ミニサイズながらクリアで迫力あるサウンドです。
 とにかく、音がこもるように聞こえる場合はほぼスピーカーシステムに問題がある、と考えて差し支えないようです。その意味ではこのCDはオーディオのテスト用もに使えます。


 30万のyoshii9には手が届かない、という方にもUltimate Zero Tour Liveの音の良さ、いや、すべてのミュージシャンが意図した本来のあらゆるメディア音源を導き出す安価な方法があります。
 すでに私が試して実証済みです。
普段どれほど歪んだ、こもった音で、本当の音楽の楽しみを奪われていたかに、はたと気がつくことでしょう。
 Time Domain series の中で、最も安価な(the cheapest) Time Domain Lightこれが一番お勧めです。タイムドメインミニやMarty 101
http://www.bauxar.com/Marty101/
とシャープのサブウーファーCP SW 50の組み合わせでも試しましたが、どれも良好です。http://www.amazon.co.jp/TIMEDOMAIN-light/dp/B000AA5MTE
Time Domainの弱点といわれる低音ですが、Sub woofer サブウーファーに同時につなげると
コンサートの空間に近いものが再現できます。
詳しくは下記リンク先を参照してください。サブウーファーもそれほど高くありません。
これでUltimate Zero tour Liveが巷で言われているような「bootleg soundブートサウンド」とは異なり、ライブ会場の音の位相を正しく記録し、また余計な拍手などの音を極力抑えたものとなっていることがよくわかります。このわずか3〜4万円足らずのステレオセットで、あたかも会場の雰囲気を再現できたのですから、私も驚きました。 
 yoshii9であっても、よりコンサート会場の音に近づけるにはこのCDに限っていえば、サブウーファーともつなぐと完璧です。
http://www.timedomain.co.jp/support/howto/howto_light_07.html

クリックすると元のサイズで表示します
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ