言語習得サイクル(英語) MN レビュー買取

2011/7/14 | 投稿者: fxtokuten

言語習得サイクル(英語) MN



下記より購入しレビューを送るだけで最大で2000円キャッシュバックされます。
言語習得サイクル(英語) MN






TOEICの自己ベストが一気に815点にアップしました。


海外へ転勤等を希望していること、また、仕事柄日常で英語を使う機会が増えてきていることから、TOEICの点数を上げること・及び英会話の力を身につける事に非常に興味があるため、教材を探している中でマスターネイティブと出会いました。
市販の教材を利用していたことがあったのですが、リスニング・スピーキングの能力に乖離があり、なかなか実際の会話の場でのスピードについていけない部分がありました。

しかしマスターネイティブは実際の会話力⇒英語力をアップするのに特化した形となっているため、今まで手に入れられなかったスピードや、英語で言われたことへの数倍や異理解力を磨くことができ、効果を実感しています。
TOEIC700点前後くらいを目標にしている人や、とにかく多くの文章を聞き、反復練習をしたい人、最低限の英語の理解はできるけど、流暢な英語との差に今までの勉強の仕方では大きな壁を感じている人へぜひお勧めします。
教材の中身としては、勉強できる例文が多いことはまずありがたいです。
また、やはり持ち運びがしやすいサイズである事はありがたく、スキマ時間等での勉強には最適です。





英語の表現が抵抗なく自分自身の中に入って来ます。


今まで英語の勉強に多くの時間を費やしてきたにもかかわらず、なかなかネイティブの言っていることが理解できない人。私もそんな中の一人でした。
他の英会話教材は英語を分かりやすく学ぶためか、テンポがフラットで、聴いた後で余り余韻が残らない感じがします。ところが、本教材はトーンにメリハリがあり、ストーリーの中で気持ちを高揚させる所があり、内容も身近なものが多くて、聴いていると不思議と心地よい気持ちになります。

日本人が勉強してきた英語は難しい表現を使っているようですが、ネイティブは”get”など簡単な単語と熟語で色々な表現をしているように感じられます。さらに”It slipped my mind”, ”out of scratch”, ”run out of money”
など、英語独特の表現でアメリカ映画を見ているような表現が多く出てきます。以前は映画を見ていても俳優が何を言っているのか字幕を見なければ分からなかったのですが、今では分かりやすく聞き取れるようになりました。
マスターネイティブはネイティブ特有のテンポの良いスピーキングの速さで構成されているので、リスニング力・それを追いかけるためのリーディングの力が大きに増しています。





まるで会社や友だちの中でよくあるシチュエーションのような感じ。
負担に感じることなく進めていけるシステムです。


英会話教室や他の教材ではまず出てきた単語を調べたり覚えさせられたりするので、そこに労力が取られたりしてなかなか進まないけれども、マスターネイティブの教材は論理的な3ステップで確実に理解したのを実感しながらテンポ良く学んでいくことができ、そのため飽きずに次の英文にスラスラ進んでいくことができます。
あと、PC1台あれば自分のペースで勉強できる点が良いです。

また、通常の自宅での教材だとどうしてもアウトプットすることが苦手になってしまうので、質問形式で自分で答えるのはとても良いトレーニングになりました。各レッスンの区切りが短くも長くもなく、内容も簡単過ぎず難解過ぎないので、リスニングしているというよりニュースを聞いているようで、レッスンが苦にならないです。
最近では、CNNを聴いたときに英文の塊の中の大事なポイントが浮き出てくるようにわかるようになりました。





視覚や大脳など、体中を使って言語を習得する方法は
外国語を自分のものにするうえでとても効果的です。


書かれた単語と辞書に出ている発音記号を結びつける、というこれまでの方法では、そこそこ英語ができるような気になっていたものの、実際はなかなか運用能力が高められませんでした。
でも、マスターネイティブでは日本人が聞き慣れない英語独自の音(母音、子音、あるいは実際の発音記号とは異なる音(例:フラップ現象など)を集中的に聞くことにより、自分の脳の中で聞ける音になるのを感じます。
受験英語等で意味を知ることから入ってしまって久しいので脱却するのには少し苦労すると思いますが、気持ちを新たにして言語習得における自然な流れに従って英語脳を作り直そうと思える教材です。まだ受験英語にどっぷりつかっていない段階の子供たち・英語を習いたての小中学生などに使ってもらいたいです。

テキストの中で「二重人格化」という表現が出てきますが、教材の中で自分が主人公になる(=自分ごとにする)ことで記憶に刻まれやすくするなど、目先のテクニック的なことだけでなく大脳を活用した方法は効果が期待できそうです。
また、これまでは習った単語をあてはめながら英語を聞いていた部分がありますが、塊として認識できるようになることで効果的な聞き取りが可能になります。





話したいことを、どんなセンテンスを組んでいけば話せるかわかってきた。


英単語ばかり覚えたりするだけではなかなか理解出来ない、英語の「ニュアンス」のようなものをすこしづつ理解できているような感覚があります。非常に実践の場で役立つ内容になっていて、会話の中での時制の使い方・接続詞の使い方の理解や、表現しにくい事の言い回し、リスニングの聞くべきポイント等がわかってきました。

TOEICなどの試験対策にはもちろん、英語力アップの教材にも適していると思うので、高校生や大学生、英会話を学びたいと思っている社会人、旅行やホームステイをしようとしている人。いろんな人にオススメです。
外ではCDの音源を聞いてひたすらリスニング力を磨くもよし。家ではスピーキングの練習に励むもよし。
なかなか取れない限られた自分の時間の中で学習できるのが嬉しいです。





800点越えを狙いたいと思います!


日常生活で起こることを英文としてとり上げているため、感情移入しやすいこと、またバラエティに富んでいるので、飽きずに聞き続けることができるのが素晴らしいです。
今までに英会話スクールに4年半通って、自分の言いたいことはある程度言えるようになったのですが、リスニング力がなかなか身に付きませんでした。通うのをやめてから、その力が更に衰えたような気がしていましたが、マスターネイティブは聞きとりのコツが自然につかめるようになっているため、おかげで自信が付きました。
リスニングに大きな威力を発揮すると思いますので、趣味の英会話を続けるためだけではなく、この調子で続けて、久しぶりにTOEICにも挑戦し、800点越えを狙いたいと思います!

0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ