「日本カンテレ友の会」は、 フィンランドのカンテレ協会 Kanteleliitto の姉妹協会として、 2008年5月31日に発足しました。 フィンランドのKanteleliittoと連携をとりながら、日本でのカンテレコンサートやワークショップなどの機会の充実、情報の提供、カンテレ愛好者同士の交流などをはかっていきます。 日本カンテレ友の会は、皆様の会費で運営されます。 皆様からの会費は、来日するフィンランドのカンテレ奏者のコンサートの支援ほか、イベントの主催・協力等、活動の経費にあてられます。また、会員の方には年に一度、プレゼントのカンテレCDが贈られます。 日本でのカンテレの普及、カンテレ活動の振興を応援してください! カンテレを愛好する皆様のご入会をお待ちしています!

2014/4/6  14:44

隠れ家でカンテレワークショップ  ワークショップ情報

ひっそりと、
瞑想するように
黙想するように

隠れ家的な場所で
カンテレの音に身を浸してみませんか?

フィンランドのカンテレ演奏家、アルヤ・カスティネンさんが
この夏、小型カンテレのワークショップを開催します。

会場は
Pohjolan Valo in Rymättylä, Naantali,Finland
ムーミンランドがある、ナーンタリにほど近い、ポホヤラン・ヴァロという、宿泊、ワークショップのための部屋、食堂、サウナなどの設備の整った19世紀の美しい木造建築の施設です。

この施設の目的は、都会の喧騒から逃れた隠れ家的な場所でホリスティックセラピー、瞑想、リラクゼーション、オーガニック食材の食事の提供、といったややスピリチュアルかつ自然な生き方を求める人々へ、場所や時間を提供するため、といったものでしょうか。

コースは2つです。

1 2014年 6月27日から29日

これは、大人を対象としたカンテレコースで、目的は、カンテレ音楽を体験し、自分自身でテーマを設定し、音楽を創り出す経験を通して自分を再発見してみる、というものです。
音楽経験は問いません。楽器のレンタルが可能です。
自由時間には、施設周辺の森や湖畔を散策することができます。

コース参加費用は260ユーロ。
3日間で10レッスンが予定されています。
費用には、宿泊費、食費、レッスン代、コース期間に開催されるコンサート料金、
サウナ使用料金が含まれています。
宿泊施設は、2人から4人部屋。食事は魚を含むベジタリアン料理で、オーガニック食材が使われるそうです。

講師は、アルヤ・カスティネン。音楽博士。
このワークショップの参加者は、彼女の即興演奏による45分間のコンサートに参加することができます。コンサートの間、参加者は、マットレスの上に寝転がったり、好きなように体を動かして歩き回ったり、自分の好きなようにすることができます。
レッスンでは、まず、5弦カンテレの基礎を学び、その後各自で音楽を創り出すという段階へと進みます。カンテレはスティール弦の物と、ブロンズ弦の物の2種類があります。

人数は12名。
申し込み締め切りは5月30日です

2 2014年8月1日〜3日

こちらは上級者向けの小型カンテレコースです・
5弦から15弦までの、小型カンテレならどの楽器を弾かれてもかまいませんが、参加者はカンテレの基本的な演奏技術を持っていることが条件となります。
このコースでは、即興演奏、演奏テクニックの向上、そして様々な音色を創り出す方法などについて学びますが、もっとも重要なことは、楽器と演奏者とがいかにつながるか、です。

人数は12名。
申し込みしめきりは6月30日です

1,2いずれのコースも
●コース参加費用は260ユーロ。
●3日間で10レッスンが予定されています。
●費用には、宿泊費、食費、レッスン代、コース期間に開催されるコンサート料金、
サウナ使用料金が含まれています。
●宿泊施設は、2人から4人部屋。食事は魚を含むベジタリアン料理で、オーガニック食材が使われるそうです。
●シーツのレンタル料金10ユーロが別途かかります。

お申込みは
以下までメールか国際電話で

anne.ranta@pohjolanvalo.fi Tel: +358 50 3547222


arja.kastinen@temps.fi   Tel: +358 400 797227


info@temps.fi





★お使いのブラウザによっては、少々見づらい体裁でページが表示されることがあります。
管理人は、googleで閲覧しています。
IEの場合、改行などが不自然に表示される場合があります。

★ 記事内の写真と文章は、カンテレ友の会ブログ管理人kauniskukkaによるものです。
無断での転載や使用はご遠慮ください。
ご使用になる場合は「カンテレ友の会より引用・転載」と一言添えていただくと共に、こちらの記事元をリンクしていただけましたら幸いです。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ