「日本カンテレ友の会」は、 フィンランドのカンテレ協会 Kanteleliitto の姉妹協会として、 2008年5月31日に発足しました。 フィンランドのKanteleliittoと連携をとりながら、日本でのカンテレコンサートやワークショップなどの機会の充実、情報の提供、カンテレ愛好者同士の交流などをはかっていきます。 日本カンテレ友の会は、皆様の会費で運営されます。 皆様からの会費は、来日するフィンランドのカンテレ奏者のコンサートの支援ほか、イベントの主催・協力等、活動の経費にあてられます。また、会員の方には年に一度、プレゼントのカンテレCDが贈られます。 日本でのカンテレの普及、カンテレ活動の振興を応援してください! カンテレを愛好する皆様のご入会をお待ちしています!

2017/7/14  19:19

Kari Dahlblomを偲んで  kantelemuseoカンテレ博物館

フィンランド、パロッカのカンテレ博物館の館長であり、優れたカンテレ演奏家・研究者である、
Kari Dahlblom死が、ご逝去されました。62歳という若さで、多くのカンテレ奏者や愛好家達が、哀悼の意を寄せています。

伝統的で正統派、そして個性的な演奏方法は、多くのカンテレ学習者達の素晴らしい手本となっていました。
また、彼が館長を務めたカンテレ博物館は、パウル・サルミネンの初期のコンサートカンテレや、周辺諸国の様々な楽器等が数多く収蔵され、日本からもカンテレ愛好者達が訪れていました。

管理人も2013年に訪れた際、そのコレクションの素晴らしさに感銘を受けた一人です。

その時、演奏をお願いしましたところ、快く奏でてくださったのが、この映像です。
数曲弾いていただき、別の曲はすでにyoutubeにアップしていたのですが、そういえば、まだ自分の手元だけに置いてあった動画が・・・と思い出し公開させていただきました。

「日本に行ってみたいね」とおっしゃっていたことを思い出し、本当にいつの日か来日して演奏を聴かせていただける日を心待ちにしていましたが、とても悲しく残念でなりません。




スティックを用いた奏法、とても軽快で、明るく、粒のそろった音色は、本当に素晴らしく、カンテレの魅力が伝わってきます。

生前の氏の功績を称えるとともに、心から哀悼の意を表します。
ご冥福をお祈り申し上げます。

Syvimmät ja sydämellisimmät osanottomme tänä vaikeana päivänä.







★お使いのブラウザによっては、少々見づらい体裁でページが表示されることがあります。
管理人は、googleで閲覧しています。
IEの場合、改行などが不自然に表示される場合があります。

★ 記事内の写真と文章は、カンテレ友の会ブログ管理人によるものです。
無断での転載や使用はご遠慮ください。
ご使用になる場合は「カンテレ友の会より引用・転載」と一言添えていただくと共に、こちらの記事元をリンクしていただけましたら幸いです。
0

2013/8/24  17:27

カンテレ博物館 part 2  kantelemuseoカンテレ博物館

パロッカのカンテレ博物館レポートの続きです。
昨日帰国しました管理人です。
やっと、自宅のPCで作業ができるようになり、ノロノロモバイルPCのイライラから解放されましたので、動画をアップします。

博物館で、館長さんのKari Dahlblom さんからのご承諾をいただいております。
この動画で演奏されているのは、Melodia Soitin工房のカンテレ。
古い時代のカンテレのレプリカで、澄んだ音色がとても大きく響くカンテレでした。

ハーパヴェシスタイルの演奏に興味をお持ちの方は、この工房のカンテレがお薦めです。


Kari Dahlblom氏は、カンテレ演奏家としても大変素晴らしく、ソ連の楽団などにも所属していた有名な方ですが、空軍でお仕事をされていた公務員という経歴もお持ちです。現在は引退され、カンテレの研究や指導、演奏活動などに力を注がれています。

「日本に行って演奏してみたいけれど、何せ引退した身だからね」

(日本はやっぱりちょっと遠い国、渡航費用など大変ですから・・・。)





★お使いのブラウザによっては、少々見づらい体裁でページが表示されることがあります。
管理人は、googleで閲覧しています。
IEの場合、改行などが不自然に表示される場合があります。
1
タグ: kantelemuseo Kari

2013/8/14  19:09

カンテレ博物館Part 1  kantelemuseoカンテレ博物館

Suomen Kantelemuseo/カンテレ博物館は ユヴァスュキュラの郊外、Palokkaという町にあります。
日本のカンテレ愛好者の方々も、すでに何人も訪問されていらっしゃいますが、管理人はやっと、今回初めていくことが出来ました。

Pelimannitalo というコンサートやワークショップなどに使われる建物の2階部分にあります。



この博物館は、演奏家でありカンテレ研究者である、Kari Dahblom氏によって管理運営がされています。彼は、フィンランドのカンテレはもとより、周辺諸国の民族楽器にも造詣が深く、館内にはエストニアのカンネル、ラトビアのコクレや、チター、ハープ、バラライカにグースリなどおよそ100点程が展示されています。
「まだ倉庫に眠っている楽器もあるんだよ」と氏。

クリックすると元のサイズで表示します
(中央フィンランド地方のカンテレを集めた展示部分)



Dahblom氏は、ハーパヴェシスタイルの演奏家として、またクロマチックカンテレの演奏家としての経歴も長く、ソビエト連邦時代、ソ連の民族楽器楽団の一員として活躍していた経験もお持ちです。

クリックすると元のサイズで表示します

上の写真で氏が演奏されているのは、Melodia Soitin楽器工房製のカンテレ。
「古いカンテレの弦を新しく張り替えたりすると、考古学的な価値が消失してしまうので、古い時代のカンテレを現代に蘇らせる最も良い方法は 複製を作ることだと思うんだよ。」という氏のお言葉、なるほどなあと思いました。

(管理人は、恥ずかしながらフィンランド語ができませんので、氏には英語で全て解説をしていただきました。)

Dahblom氏には 数曲演奏をしていただきました。
動画や写真をカンテレ友の会のサイトにアップしてもよいでしょうかとお願いすると
「もちろん!」と快くご承諾くださいました。
ただ、現在手元にあるPCは、動画のアップができるほどスペックが速くないため、帰国してからご紹介させていただきたく思います。

開館時間は 毎週火曜日の午後3時から6時までなのですが、
「日本から来るカンテレ愛好者がいたら、電話してください。
 都合がつけば、それ以外の日時でも開けることができると思うからね」と嬉しいお言葉までいただきました。

連絡先は
 Kari Dahblom 電話 0500 654 157
(日本からかける場合は 国番号358をつけてから 最初の0をとってダイヤル)
 メールは pelimannitalo@elisanet.fi

■カンテレ博物館■
 住所 Saarijärventie 71, 40270 Palokka Finland

ユヴァスュキュラから欧州道E75(国道4)をオウル方面に北上し、ABCのあるロータリーからさらに次のロータリーを越えて右側、Saarijärventie に入り、100mほど進むと右手にPelimannnitaloがあります。その2階です。






★お使いのブラウザによっては、少々見づらい体裁でページが表示されることがあります。
管理人は、googleで閲覧しています。
IEの場合、改行などが不自然に表示される場合があります。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ