「日本カンテレ友の会」は、 フィンランドのカンテレ協会 Kanteleliitto の姉妹協会として、 2008年5月31日に発足しました。 フィンランドのKanteleliittoと連携をとりながら、日本でのカンテレコンサートやワークショップなどの機会の充実、情報の提供、カンテレ愛好者同士の交流などをはかっていきます。 日本カンテレ友の会は、皆様の会費で運営されます。 皆様からの会費は、来日するフィンランドのカンテレ奏者のコンサートの支援ほか、イベントの主催・協力等、活動の経費にあてられます。また、会員の方には年に一度、プレゼントのカンテレCDが贈られます。 日本でのカンテレの普及、カンテレ活動の振興を応援してください! カンテレを愛好する皆様のご入会をお待ちしています!

 

リトヴァ・コイスティネン配信!!  アーティスト情報


http://music-book.jp/music/Artist/286819/Music/aaabn1qz

フィンランドカンテレ界の至宝、重鎮、最高峰の演奏家

リトヴァ・コイスティネンのアルバムが

ネット配信されています。

アルバムの表紙には五弦カンテレの写真がありますが

リトヴァの真骨頂は

コンサートカンテレの超絶技巧とこの上なく美しい音色!



そのコンサートカンテレの現代曲等が

収められたCDがダウンロード購入できます。


シベリウス音楽院のカンテレ科の教授として

長きにわたり多くの素晴らしい演奏家達を

育ててきました。

アメリカのカーネギーホールで

演奏をした世界初のカンテレ奏者でもあり

カンテレの全てを知り尽くした唯一無二の音楽家です。


カンテレをやっていて

リトヴァ・コイスティネンを知らないなんてあり得ない!というほどのお方


今年の5月から配信が開始されていましたが

これほど有名で大ベテランの演奏家にも関わらず

日本ではコンサートカンテレ愛好者の間や

クラシックカンテレに興味を持つ人々の間でしか

知られていないのは、嘆かわしいことです。


本物の音色、本物の演奏を聴きたい、知りたい、

そういうコアなカンテレ愛好者は

やはりフィンランド人演奏家の音を聴くべきと強くお勧めします。


クリックすると元のサイズで表示します
★お使いのブラウザによっては、少々見づらい体裁でページが表示されることがあります。
管理人は、googleで閲覧しています。
IEの場合、改行などが不自然に表示される場合があります。

★ 記事内の写真と文章は、カンテレ友の会ブログ管理人によるものです。
無断での転載や使用はご遠慮ください。
ご使用になる場合は「カンテレ友の会より引用・転載」と一言添えていただくと共に、こちらの記事元をリンクしていただけましたら幸いです。
1

2021/1/14  13:28

チョコレートで音楽を  アーティスト情報

お久しぶり、本当にお久しぶり過ぎの投稿です。

世界中が新型コロナウイルスで大変な状況ですね。

日本に限らず、音楽家たちはコンサートなどが中止となり

新しい発信方法を模索しながら、

苦しい今を何とか乗り切ろうとしています。

さて、昨日、フィンランドから 嬉しい贈り物が届きました。

チョコレートです。

クリックすると元のサイズで表示します
送ってくださったのは

Eija Kankaanranta、フィンランドのカンテレ演奏家、作曲家、

一昨年には日本カンテレ友の会設立10周年記念事業として

コンサートを開催してくださった素敵な演奏家です。

しかし、ただのチョコレートではなく

Sarah Palu を中心とするカンテレや他の楽器のバンドの音楽を

ダウンロードできる個人用パスワードが同封されています。

クリックすると元のサイズで表示します

Ikivirta というタイトルのデジタルCDで

2020年3月にリリースされたものです。

このチョコレートアルバムを買わずとも、サイトで10ユーロ払うと

全曲をダウンロード購入することもできますが

このチョコレートがとっても美味しいのです!

クリックすると元のサイズで表示します

ビーガン対応、オーガニック原材料でブルーベリーの風味がほんのり

カカオ61パーセントのほろ苦チョコレート。

製造元はGOODIO 

フィンランドのオーガニック・ビーガンチョコレートメーカーです。

あまりに美味しくてあっという間に食べてしまったのですが

肝心なのはSarah Paluの音楽を聴くこと。

梱包されていた個人用パスワードは公開できませんが、

興味を持たれた方は以下のサイトへどうぞ!

https://sarahpalu.bandcamp.com/releases


Music composed by Sarah Palu

Lyrics by Gennady Yushkov / translated by Raija Bartens (2), Sarah Palu (2, 5), trad. (7)
Arrangements by Sarah Palu & Matias Tyni & musicians (2 - 5, 7)
Produced by Matias Tyni & Sarah Palu
Recorded and mixed by Mikko H. Haapoja, except for (2) recorded by Miikka Huttunen
Mastered by Minerva Pappi
Photos by Iiris Heikka
Cover art by Anu Saari

Musicians performing on the album

SARAH PALU kantele (1 - 8), voice (5, 7), harp (1, 7, 8), soundscapes and programming (1, 8), beats (5)
AMANDA KAURANNE voice (5)
TERO PAJUNEN voice (2), nose flute (2)
MAIJA POKELA voice (2, 7), kantele (7)
MATIAS TYNI harmonium (1, 3 - 5, 7, 8), piano (1 - 5, 7 - 8), glockenspiel (1, 3 - 5), kantele (8), synthesizer (4, 5, 7), electric bass (8), beats (7)
MIKKO H. HAAPOJA jouhikko (1), beats (5), sea waves (5, 6)
IIDA SAVOLAINEN viola (1, 2, 8)
SATU-MAIJA AALTO violin (1, 8)
MIIA PALOMÄKI accordion (3, 4)
MINNA KOSKENLAHTI percussions (3, 4)
TARMO ANTTILA double bass (1, 8)
TIINA VIITALA kantele (2)
LAURA IKONEN kantele (2)
OSKARI LEHTONEN percussions (2)
TUOMAS LOGRÉN dobro (8)


★お使いのブラウザによっては、少々見づらい体裁でページが表示されることがあります。
管理人は、googleで閲覧しています。
IEの場合、改行などが不自然に表示される場合があります。

★ 記事内の写真と文章は、カンテレ友の会ブログ管理人によるものです。
無断での転載や使用はご遠慮ください。
ご使用になる場合は「カンテレ友の会より引用・転載」と一言添えていただくと共に、こちらの記事元をリンクしていただけましたら幸いです。
1

2017/9/22  20:16

ミンナ・ラスキネン 小樽  アーティスト情報

来日中のミンナ・ラスキネン。

現在は関東に滞在中ですが、北海道での最後の演奏会は小樽朝里川温泉のホテルのロビーコンサートでした。

当日の様子を、札幌カンテレクラブのこうのちえさんからお寄せいただきました。
以下、ちえさんのレポートを掲載いたします。



++++++++++++++++++++++++++
来日中のミンナ・ラスキネンさん、北海道での最後のコンサートは
18日夜、朝里川温泉の「おたる宏楽園ホテル」で行われました。
この日は、朝から台風18号が北海道に上陸し天候が心配されましたが夕方には雨も小降りに。
ホテルラウンジのくつろいだ雰囲気の中、
近隣からいらしてくださったお客様や、ご宿泊のたくさんのお客様が
演奏に耳を傾けてくださり穏やかでリラックスした感じのコンサートとなりました。
ミンナさんは、5弦、15弦、コンサートカンテレで
マルッティ・ポケラ直伝の楽曲数曲、フィンランド伝承歌の弾き歌い、
ニュー・アルバム『Rinki』からのオリジナル曲などを即興的なアレンジも加えながら披露。
最後は、コンサートのサポートをさせていただいた札幌カンテレクラブのメンバーを招き入れてくださり、
「赤い花白い花」、9日のワークショップで習った「Suomenmaa スオミの地」、「Lemmen käki 愛のカッコー」をご一緒させていただきました。

(札幌カンテレクラブ こうのちえ記)




クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

写真をご提供くださいました皆様、ありがとうございました。

★お使いのブラウザによっては、少々見づらい体裁でページが表示されることがあります。
管理人は、googleで閲覧しています。
IEの場合、改行などが不自然に表示される場合があります。

★ 記事内の写真と文章は、カンテレ友の会ブログ管理人によるものです。
無断での転載や使用はご遠慮ください。
ご使用になる場合は「カンテレ友の会より引用・転載」と一言添えていただくと共に、こちらの記事元をリンクしていただけましたら幸いです。
0

2017/9/18  14:09

ミンナ・ラスキネン 創成高等学校演奏会  アーティスト情報

平成29年9月14日木曜日
クリックすると元のサイズで表示します

札幌創成高等学校にて、ミンナ・ラスキネンによるカンテレ特別授業と演奏会が開催されました。
札幌創成高等学校は、日本で唯一音楽の授業でカンテレを導入している私立高等学校。
使用楽器は五弦です。

音楽科の板倉教諭は、9年前からカンテレの指導を行っており、基本の指使いやコード、プラッキング奏法などを丁寧に教えていらっしゃいます。
クリックすると元のサイズで表示します
左から 板倉教諭 ミンナ 校長先生
校長先生は書の大家でいらっしゃいます。

今回は、1年生の2クラスが、ンナを特別講師に迎えて、伝統的な学習方法であるいわゆる「耳コピ」や、楽譜を用いずにインプロを織り交ぜて演奏する方法などを学びました。

また、午後は1年生全8クラスを対象とした、カンテレ演奏会が催され、五弦、十五弦、そしてコンサートカンテレと、様々な音色のカンテレが体育館に響きました。

学生さんたちは、とてもマナーがよく、ミンナの演奏に静かに耳を傾け、終演後は全員が感想文を書いて、先生方が全生徒分をコピーしてファイリングしてくださって、ミンナに手渡してくださいました。

この授業のために、音楽の先生、校長先生、教頭先生、総務の先生、放送担当の先生、事務職員の方々など、実に多くの教職員の皆様が御尽力くださいました。
外部から人を招いての行事には、事前の準備や当日の運営、生徒指導など、本当に多くの労力を要しますが、それにもかかわらず、ミンナの授業や演奏会にご賛同くださった創成高等学校の教職員の皆様方の御心に本当に感謝いたします。

音響機器の設置、生徒への事前事後指導、楽器の撤収や控室の用意など、本当にお世話になりました。

創成高等学校は、生徒指導にも大変力を入れていらっしゃるとのことで、確かにその通り、廊下などですれ違う学生さん達は、皆爽やかで明るい挨拶をしてくれ、授業中もとても礼儀正しく熱心にカンテレを弾くなど、先生方のお力の素晴らしさを感じ取ることができました。

創成高等学校の皆さま、本当にありがとうございました。
これからも貴校の発展と教職員、生徒の皆様のご多幸をお祈り申し上げます。



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
演奏会の最後には、午前中の授業で練習した曲をミンナと一緒に披露しました。


★お使いのブラウザによっては、少々見づらい体裁でページが表示されることがあります。
管理人は、googleで閲覧しています。
IEの場合、改行などが不自然に表示される場合があります。

★ 記事内の写真と文章は、カンテレ友の会ブログ管理人によるものです。
無断での転載や使用はご遠慮ください。
ご使用になる場合は「カンテレ友の会より引用・転載」と一言添えていただくと共に、こちらの記事元をリンクしていただけましたら幸いです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ