2021/9/17

ひと安心!  博物館

 ひと安心!

 今日、ネット上で嬉しいニュースを発見!

 クリックすると元のサイズで表示します

 昨年3月末で閉園した『加悦SL広場』の保存車両のうち5両の

 譲渡先が決まったそうです。

 クリックすると元のサイズで表示します

 『DC351ディーゼル機関車』は、生まれ故郷の青森県南部鉄道へ。

 クリックすると元のサイズで表示します

 『103蒸気機関車』(昔ファミリーランドに展示していた物)は

 山口県の旧長門鉄道へ。

 クリックすると元のサイズで表示します

 そして最も重要な『2号機関車』は・・・

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 2両の超古典2軸客車と共に、『加悦鉄道資料館』へ行くそうです。

 この『2号機関車』は、明治7年の京都・神戸間の鉄道開業に合わせて

 輸入された機関車で、国の重要文化財に指定されております。

 明治5年の新橋・横浜間の、日本で最初の鉄道開業に合わせて輸入された

 『1号機関車』(国宝です!)は、埼玉の鉄道博物館(JR東日本)で

 保存されておりますので・・・この『2号機関車』は、京都鉄道博物館

 (JR西日本)が引き取ってくれる?と、鉄道好きは期待していたのですが?

 ま〜とりあえずは、保存場所が決定したのでひと安心です!

 ただ・・・まだ他にも多くの貴重な車両が残っているのですが・・・ね?

0

2020/3/14

寂しい限りです  博物館

 寂しい限りです!

 昨日は、京都府与謝郡与謝野町加悦へ行ってきました。

 クリックすると元のサイズで表示します

 目的は・・・『加悦SL広場』と言う鉄道博物館です。


 クリックすると元のサイズで表示します

 加悦鉄道跡に作られていた博物館なのですが・・・

 諸般の事情で3月末日で、閉館することになりました。

 クリックすると元のサイズで表示します

 ここには、明治七年に神戸大阪間に日本で二番目に作られた

 官設鉄道(現在の東海道本線)で開業当初に使われていた

 蒸気機関車(陸蒸気)が保管されております。

 クリックすると元のサイズで表示します

 ボランティアの方々と共に復活運転されていた『ディーゼルカー』

 なども有り、非常に良い鉄道博物館だったのですが・・・

 本当に残念です!

 保管されていた鉄道車両たちの今後が心配です!

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ