あたしへの意見、苦情、コンサートへのお誘いなどはこちらまでお願いねん。

映画の試写会、一緒に行く人がいなかったら、あたしを誘って〜〜

→ Bobliotheca書庫@Amazon.co.jp

別館≪ロックじゃんけんぴょん≫のほうにも来てくだぱい

高額ボックスセットの価格動向はここでチェキ!

    

2013/7/17

7/9(火) ボストン美術館  美術

 朝10時の開場と同時に入場。デカすぎ。最初の3分の1くらいは展示物をしっかり見てたけど、それだけで疲れちゃったわよん。残りはもう、ぐるぐる回るだけで精一杯。全体を「じっくり」見るには、ここの会員になって毎日2時間ずつ1週間くらい通いつめる必要あり。
 古代エジプト、ギリシア、ローマのコレクションは超充実! これと比べたら、日本で開催されるいかなるエジプト関係のイベントもださださに見てるんだわさ。
 古代ローマのコーナーに立派なチンコを勃起させた汚ッサン発見↓。いや〜ん。

クリックすると元のサイズで表示します


 アメリカの美術館らしく、建国当時の暮らしや偉人を描いた絵や、伝統的な高級家具や調度品のコーナーも充実。でも、ネイティヴ・アメリカンのコーナーはニューヨークの自然史博物館のほうがはるかに迫力あり。
 なぜか、日本のサムライ展をやってて、これがまた大盛況! あんなに優れたエジプトのコーナーはガラガラなのに…。

クリックすると元のサイズで表示します


   

1
タグ: 芸術 アート 絵画



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ