あたしへの意見、苦情、コンサートへのお誘いなどはこちらまでお願いねん。

映画の試写会、一緒に行く人がいなかったら、あたしを誘って〜〜

→ Bobliotheca書庫@Amazon.co.jp

別館≪ロックじゃんけんぴょん≫のほうにも来てくだぱい

高額ボックスセットの価格動向はここでチェキ!

    

2014/6/9

【concert】6/4(土)『世界印度化計画』/青葉台エスニカ  インド音楽

演奏メンバー:
 スティーヴ・ゴーン(バーンスリー)
 タイ・バーホー(タブラ)
 寺原太郎(バーンスリー)
 寺原百合子(タンプーラ)

 ヘプタパラパシノクちゃんと一緒に東急田園都市線に延々と乗り、青葉台っつ〜横浜市の片隅の町までインド古典音楽を聞きに行きまちた(あんな内陸部まで横浜なのか!)。インド音楽が世界的に広がりを見せている証拠を示すっつ〜ことで、あえてインド人に頼らず、日本人2人とアメリカ人2人によるコンサートでちたが、カレーも世界的に広がりを見せてるっつ〜ことで、会場では鎌倉からゴクラクカリーが来て、薬膳チキンカレーとチャイを振るまったよん(まいう〜)。
 寺原夫妻は日本で開催されるインド系のイベントの常連。タイ・バーホーは毎年来日。スティーヴ・ゴーンは四半世紀以上前からインド音楽の世界で活躍しているアメリカ人で、インド人でなくてもインド音楽を演奏することが出来ることを身をもって証明した偉大な人なんだそ〜です。
 主旋律の楽器があたたかい音色ので、前頭葉をやさしくマッサージされる癒し系のコンサートでちた。道路を渡る直前に信号が赤になったりとかゆ〜些細なことで異常にイライラした変な日だったので、精神衛生上良い方に作用したんだわさ。

イケメン度:☆☆☆
名曲度  :☆☆☆☆☆
ブラボー度:☆☆☆☆☆
会場禁煙度:☆☆☆☆☆


   



0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ