このモットーとともにたくさんの人の声を探してきたモンデンモモが声と身体のこと 感じる事を書いてみます。 100人いれば100の声あなただけの声と身体。これって!すばらしいことです!! あなたもしゃべれれば歌えます。声帯は90歳まで成長します。 あなたも知らないあなたとあなたの声をみつけたい。レッスンの事 プロの表現者としての声って??声とメンタルの人関係、じゃあ 声でメンタルをコントロールできるの?? 日本女子大学付属高等学校 東京芸術大学音楽学部声楽科卒業   劇団四季 藤原歌劇団などを経て オリジナルのミュージカルの作演出をする音楽アーテイスト。歌を創って歌い 歌う人も創る。 クラシックバレエの基礎を使いながらそのひとの、声と心を引出す 「モモの発声道場」は好評開催中。ドレミ出版 発声トレーニング本『しゃべれれば歌える』は増刷を重ねている桐朋学園芸術短期大学芸術科講師。           モンデンモモはあらゆるジャンルの声をその人から 引き出します!!その声のレッスン   カラダの使い方を繰り返し体得するための発声道場 発声に関すること スケジュール 、心と体のこと たくさん書いていきますね!!

2017/4/25  11:36

イベントも近いです  スケジュール


 出雲地方の モモレッスンスケジュール最新です!!

  http://www.momoly.net/hasseizumo.html


  この間は、松江と東京を行ったり来たりなさっている
  弁護士さんとお話ししました

  『シャンソンなど、ライブをするのに いい場所ありませんか??』

  なんてお話しをしながら

  シャンソンというと、ジタンの香りが立ちこめる
  少し暗めの場所で ひく〜〜い声で歌う感じ!!

  そうそう、そういう感じもあるかもしれません

  ところがわたしは〜〜!!

  大学に、声楽科 ソプラノ専攻で入学したわたしは
  ある時図書館で、『シャンソン名曲集』という本を見つけました
  その当時、ドイツリートに魅せられて魅せられて
  特にシューマンやヴォルフの歌曲に夢中!
  言葉を歌う音楽 そして『詩』が素敵すぎる


  内容は、人々の生活の 細やかな 機微
  もちろん恋愛、別れ 出逢い

  でも、高校時代バンドをしていたわたしには
  もっとメロディーが単純で綺麗だといいんだけれどなあああ〜
  ともおもっていました

  図書館で出会った歌たちは

  信じられないくらい、魅力的なメロディー

  そして、特にレオフェレなどは
  ヴェルレーヌやランボーに曲をつけている

  『フランス歌曲とおんなじだ!!』

   じゃああ、ハイネやゲーテに綺麗なメロディーでもいいんじゃない!

  それからわたしの シャンソンへの旅ははじまったのです

  だから、ジタンもアブサンも必需品ではなかった!
  
  そして、わたしはその弁護士さんに伝えたんです

  歌は誰でも歌えるんんじゃないかな?と大学に入って思った!
  もし、勉強するとすれば どうやって歌えるようになるかを勉強したいのだと

  ミュージカルも、どうやって作るかが知りたかった
  
  特別なものじゃないんじゃないかな?と考えた
  
  そこから始まる モンデンモモの『しゃべれれば歌える』なのです

  自分は楽器だから、世界に一つの!!
  
  だから、みんなで新しい1日を元気に過ごすために、歌うんだ!!っておもう毎日なんです
  みんなそれぞれの歌をね!!

   シャンソンは まだまだ イメージが強いけれど
 
   わたしは、お花でいっぱい、チャーミングな 少しコケテッシュな
   風の匂いがして 太陽と夕日に囲まれる  水の都に似合う音楽だと

   なおかつ『おとなの 言葉の 歌』
   
    絶対に言いたい!!


 もうすぐみんなとの本番!!!クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ