2012/4/25  21:21

キャスト21 JAN  出演者への思い
J A N
クリックすると元のサイズで表示します
本名 西尾泰光

1977年5月15日 静岡県掛川市に生まれる

1997.4.24−8.1 第一回「100日間世界一周(吟遊詩人神出鬼没編)」を成功させる
1998.3大阪にやって来る 
2000. 初頭 レッドライオン従業員に。
2000.9.12−12.20 第二回「100日間世界一周(アジアアフリカアメリカ編)」を成功させる 
2002.西九条「SOFTMACHINE」にて、「LIVE 吟遊詩人」をプロデュースする
2003〜2008「SOUND BAR 吟遊詩人」を経営 
2010 第三回 「100日間世界一周」を成功させる
現在、弾き語り、叩き語り、音楽企画と精力的に活動中。

http://soundbar.cocolog-nifty.com/blog/

------------------------------------------------------------------------

ぼくは彼のことを「アホ」とか「バカ」とか呼んでしまう。

救いようのない「アホ」「バカ」

その生き様は賞賛に値する。

とてもぼくにはできないことを数多く成し得ている。

世界一周・個人での店の経営・パートナーの獲得、

全てぼくには無いものを持っている、羨ましい限りの男である。

さてこの男、西尾JAN。

熱い男だが、自らが奏でる音楽は空回りの部分が多い。

久々にお手並み拝見といきますが、どないなってるかな?

当人のプロフィールには、レッドライオンのことを書いていない。

よっぽど嫌な過去やったのかな? 西尾君。

わからんでもない。一所懸命レッドライオンの飛び入りライブに直参して

自分をアピールして

果てには、十三に移住し、うちの従業員にまでなったのに

わずかその半年ほどで、店がつぶれたからなぁ。

でもそのあとが偉かった。キミは一国一城の主になったのだから。

「アホ」「バカ」はキミを褒め讃える言葉でもあり

そのままの意味でもある。

愚直でまっすぐで限りなく溢れ出るパワー

勘違いも多くて、イライラさせられることも多かったこの男

でも憎めない。気になる。

たくさんの人からも愛されて

それを糧にがんばってるんだろう。

ライブ当日は、久々にレッドライオンの従業員として

ぼくを手伝ってほしい。一緒にみんなとライブを盛り上げて下さい。

JAN 好きにやれよ、やってくれよ。気持ちよくね。でもひとりよがりになったらアカン。
いつもみんなのことを思って唄うんやでぇ。
 


0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ