『KIND OF BLUE』/Miles Davis  音楽全般

オススメを紹介するブログって、何をどのタイミングで書くか迷いますね。
そして、このアルバムも迷う一枚です。
Miles Davisの『KIND OF BLUE』。
モードと呼ばれる手法のお手本のようなアルバムなのですが、ほんとお洒落でかつマイルス・デイヴィスの気迫、存在感、感情が収められたアルバム。
個人的には中毒性もあり、一度聴きだすとリピートです(笑)

1曲目の「So What」の始めから、胸をグッとつかむようなピアノとウッドベースの音で始まり。ジャズらしいピアノのハーモニーとリズム。そこに入るトランペット、気持ちよくバックを支えるドラム。すべてが極上の音。

2曲目「Freddie Freeloader」
もう、ピアノが良過ぎる。
とりあえず、黙って耳を傾けて欲しい曲。
横になってたら心地良過ぎて眠れる。最高の精神安定剤。

3曲目「Blue In Green」
静かなピアノから入って、そしてトランペットのロングトーン。この1音に込められている思いとは。それがある意味この曲全体を表しているかのようであり始まりである。
1音1音の丁寧さ、セッションの絡みやグルーヴ。すべてに意味があり無駄がない。
こういうバラードは聴いてて心地良い。

4曲目「All Blues」
6/8拍子が心地良い。(テンポの取り方によっては3/4で取るかな。黒本は3/4だし。)
「Blue In Green」から一転してのお口直し的な感じにも思える。
次が最後の曲だが、その前にこの曲が入る意味は大きい。

5曲目「Flamenco Sketches」
この曲は、楽譜がないどころか、メロディーもコードさえなく、5つスケールを決めてそれにそって順番にアドリブソロをするという手法。
そう、アドリブによって作られている曲で、それなのに、全員が向かう方向性を理解していてブレない。
このアルバム最大のポイントです。
フリージャズを除けば、普通に生活しているとこういう曲にはあまり出会えないので、聴いた事ない人は一度聴いてみる事をおススメします。どう感じるかは聴いた人しだいです。ほんとに。


この5曲に収められてる世界は、大胆だけど極め細やかに作り込まれた色彩を放つ極上の光といった感じだろうか。
例えがわかりづらく申し訳ないが僕はこう感じている。
人生で聴かなければならないアルバムの一枚だと思っている。


余談だが、Steely danのウォルター・ベッカーが、何かのインタビューで、好きなアルバムでこのアルバムを挙げていましたね。(Ajaか何かのビデオだったと思うけど思い出せないです。。。)



0

ゲーム・アニメ音楽演奏楽団リンク集  音楽全般

ゲーム・アニメ音楽演奏楽団リンク集
掲載しているのは基本ホームページがあるところです。
リンク切れやこの団体ないよとかありましたら、連絡頂けると追加します。


ゲーム音楽の演奏会、コンサート情報のポータルサイト[2083WEB]/4Star Orchestra



<完全プロ楽団>
GAME SYMPHONY JAPAN

日本BGMフィルハーモニー管弦楽団

金管アンサンブル:錫の音



<アマチュアorプロ混在常設楽団>
(あ)
Another World Fantasia(大阪)

Ensemble Game Classica(関東)

ELYSION PHILHARMONY ORCHESTRA(九州)

オータムリーフ管弦楽団(関東)

Orchestra Valse(関東)


(か)
菅野よう子楽曲演奏団体 Thanks!K(関東・関西/オーケストラは関東)
団体ブログ
オーケストラ部門

ガイア交響楽団(関東)

Kyoto Wind Guild(京都)

Game Addict's Music Ensemble(関東)

Game Musica Jake(広島)

幻想郷交響楽団(関東)

コスモスカイオーケストラ(関東)

Chor Crystal Mana(関東)


(さ)
ゲーム音楽吹奏楽団「しかし MPがたりない」(仙台)

Spiel Music Orchester(関東)


(た)
II魂(関東)

東京ファンタジックブラスバンド(関東)

東方吹奏楽団(関東)


(な)
名古屋ゲームミュージックアンサンブル(名古屋)

熱血高校吹奏楽部(関東)


(は)
Bard-吟遊詩人-(関東)

bassoon dragoon|バスーン竜騎兵隊(関東)

ファミ箏(関東)

ファミコンバンド(関東)

管弦楽団 星の調べ(関東)


(ま)
THE MUSIC MAGES(関東)

Melodies of Crystal(関東)

もょもと交響楽団(関東)


(や)

(ら)
ラストエリクサーウィンドオーケストラ(関西)

ラピスドリームオーケストラ(関西)

Ritter der Musik〜旋律の同志達〜(関東)

リトルジャックオーケストラ(関東)

ルセッタアミュゼ吹奏楽団(関東)


(わ)

<アマチュア一発系>
交響楽団「ワルプルギスの夜」
アニメ、まどかマギカの音楽オケ

ロンダルキア吹奏楽団
吹奏楽による「ドラゴンクエスト」全曲演奏

ガーデンオーケストラ
Final Fantasy 8のオケ

Orchestra An-Nin
任天堂オケ(一発系?)

朱雀吹奏楽団
非公開合奏イベント型(一発系?)



<バンド、その他>
Fiction
クロスジャンル・クラブイベント

たまゲー
(Facebook)
ゲーム音楽ライブイベント

NESBAND
ファミコンの実機の音源を使ってのアンサンブル。

GOGO
ゲーム『ファイナルファンタジー』シリーズの作曲家の植松伸夫さん率いるバンド
THE BLACK MAGESのコピーを演奏するバンド

mona*môna
ゲーム会社「日本ファルコム」jdkバンドのコピーバンド


<その他、派生オリジナル>
Clown Clan Presents 『Musicalogia』
Thanks!Kのメンバー中心にオリジナルで色々やる団体。
0

『Jaco Pastorius』/Jaco Pastorius  音楽全般

邦題「ジャコパストリアスの肖像」
これも言わずとも知れた名盤。
僕はこれを高校生の時に聴いてジャズとフュージョンにどっぷりハマりました。

1曲目の「Donna Lee」を聴いた時に衝撃は凄かったですね。
次の日からこの曲の譜面探しですよ。ベースは持っていませんでしたがギターで練習してました。
ここまで速いフレーズをフレットレスで正確なリズムと音程と綺麗に響くハーモニクス。当時、ここまでベースでのハーモニクスを多用した曲を聴いた事なかったので、衝撃でしたね。

2曲目「Come On, Come Over」
ボーカル入りの曲ですが、やはりベースの存在感が凄い。メロディーに対してのベースフレーズの作り方といい、ベースとしての役割というバランス良く聴いてて心地良い。
そしてハービー・ハンコックのエレピも良い。

3曲目「Continuum」
ベース(ジャコ)がメインのバンド曲。
この曲も素晴らしいですね。フレットレスベースのメロディーが気持ちいい。
ベースメロディーの曲としては最上級な曲。もちろん演奏技術あってのものですが。

4曲目「Kuru/Speak Like A Child」
アップテンポの曲に正確なランニングベース。
そして、それだけではなく、セクションが変わって落ち着いた雰囲気の色気あるベースフレーズ。楽器のポテンシャルをあますところなく使っている演奏です。
ジャコアレンジの重厚なストリングスも聴き所。

5曲目「Portrait Of Tracy」
ベースソロの曲。
ほんとにベース1本で多彩な音を出している至上のバラード。
ハーモニクスフレーズから入る曲。
約2分23秒に収められているベースの教科書みたいな曲であり綺麗な曲です。
ウェザーリポートのライブでもベースソロでジャコがこの曲を弾いてる映像もけっこうありますね。何度も観てしまいます。

6曲目「Opus Pocus」
スチールドラムが印象的な曲。
ウェインショーターのサックスとスチールドラムによる幻想的な雰囲気に、ノリの良いグルーヴしているジャコのベース。
ハービーの味があるFenderRhodes。
幻想的と書きましたが癒される曲ではないです(笑)

7曲目「Okonkole Y Trompa」
アップテンポな曲。
ベースとパーカスの気持ちよいアンサンブルから始まる曲。
そしてホルンによるメロディー。
あまり見ない構成ですが、それだけにオススメ。

8曲目「(Used To Be A) Cha-Cha」
このアルバムで、4曲目の「Kuru/Speak Like A Child」に並んで一番の盛り上がりどころ。
聴くとこの曲が8曲目に置かれている理由もわかります。
ベースが凄いカッコいいのですが、それに加えて、ハービーの本気ピアノ!
ピッコロ、フルートのメロディーももちろん最高ですが、やはり、聴き所はベースとピアノ。この役割が良い味を出しています。

9曲目「Forgotten Love」
最後を飾る至上のバラード。
ハービーのピアノに、ジャコがアレンジのストリングス。
そしてジャコのアルバムなのに作曲とアレンジだけでジャコ本人は弾いていないという曲。
ジャコは、作曲とアレンジに徹していてジャコ本人が弾かない事により生まれた名曲。ジャコの作曲センスがいかに凄いものかとわかる一曲です。


ちなみにこのアルバムも聴く聴かないは別として常に持ち歩いていないと落ち着かないアルバム。


現在発売されている物には、「(Used To Be A) Cha-Cha [Alternate Take]」と「6/4 Jam」という今まで未発表だったテイク2曲を追加して収められているのもあります。



0
タグ: JAZZ JACO BASS

DTMな話。  音楽全般

僕がDTMを始めたのはかれこれ、15年くらい前でしょうか。
当時は有名シーケンサソフトが、4大シーケンサと呼ばれていた時代で、Performer、Vision、Logic、Cubaseの4つがそう呼ばれていました。
Macが音楽に強いと呼ばれたのは、この4つ全部がMacに対応していたのと、初のシーケンサのPerformerがMacのみの対応だった事。(もちろん、Performer以前にもシーケンサはありましたが)
今は、かなり変わって、Digital PerformerはずっとMOTU社ですが、VisionはGibsonに買収されなくなり、LogicはEmagicからAppleに、CubaseもSteinbergからYAMAHAへ、SONARの台頭と、時代は変わりました。
昔は、ソフトにより特色が大きく変わりましたが、今はどれも同レベルになりましたね。操作性は違いますが。

さて、ここまで書いて、ProToolsが入ってないと思う人がいると思いますが、上記のソフトは、MIDIシーケンサにオーディオが統合した形ですが、ProToolsは、オーディオ編集にMIDIシーケンサが統合した形なので、根本が違うので分けられます。
そして、ProToolsは、ver.8までは使えるハードが決まっていて、それまでは、ソフトとハードセットで一つのパッケージというイメージでした。
ProToolsもDigidesignからAvidに変わりましたね。

個人的に使ってきたソフトは、MacのMIDI GRAPHYというMIDIシーケンサソフトで打ち込みを始めて、MOTU FREESTYLE、STUDIO VISION PRO&ProTools FreeでDigital Performerに落ち着きました。なんだかんだでMOTU製品好きなので愛用しています。

僕が思うのは、MIDIシーケンサから使い始めて良かったなと思う。MIDIシーケンサとMTRというのが当時のスタイルで、アナログな事から色々勉強出来たり遊べたりというのは幸せな事だったのではないかと思う。

最近は、インターフェイスもオーディオとMIDIが付いてるのがあたりまえで、オーディオとMIDIがよくわかっていない人が多いという話もある。
昔は、1から順に10まで経験出来た事が、今は、いきなり5からスタートするという感じだろうか。物が揃っている事は幸せなのかもしれないが不幸でもあるなと思えてしまう。

そして、パソコンがあった事から演奏レベルが向上せず今苦労している僕は、やはり不幸なのか・・・。

と、いう事で今回のブログは、音楽ソフトをまとめようという目的です。

現在の主流のソフトのまとめ。

まとめてみて、Logic StudioとDPがやたらと安いぞ。。。どうなっているんだ?

有名なDAW(デジタルオーディオワークステーション)











LOGIC STUDIO(Mac)Digital Performer(Mac)Cubase(Mac&Win)SONAR(Win)










オーディオに特化したDAW
(まあ、ProToolsは↑に入れてもいいけど、プラグイン含めまだ特殊なのでこっちで。)










ProTools(Mac&Win)Ableton Live(Mac&Win)FL Studio(Win)








ついでに楽譜作成ソフト










Finale(Mac&Win)Sibelius(Mac&Win)Singer Song Writer(Win)
(今はこれもDAWかな。)









無料DAW&MIDIシーケンサ
Ardour
http://ardour.org/

Music Studio
http://www.frieve.com/musicstd/

Rosegarden
http://www.rosegardenmusic.com/

Domino
http://takabosoft.com/domino

Audacity
http://audacity.sourceforge.net/?lang=ja

無料楽譜作成ソフト
MuseScore
http://musescore.org/ja

Finale NotePad
http://www.finalemusic.jp/products/notepad/
0
タグ: 宅録 DAW 音楽制作

弦楽四重奏のためのウォーミングアップの曲〜その1〜  作曲・編曲講座

最近作っている曲のバックトラック(伴奏)用に作った、弦カルテットがけっこう気に入ったので、手直しして公開します。

アンサンブルのウォーミングアップにやるのには、ほどよい難易度だと思います。たぶん。


「弦楽四重奏のためのウォーミングアップの曲〜その1〜」
作曲:TOSHIHIKO


↓クリックで聴けます。
デモ音源


↓クリックすると譜面をダウンロードできます。
弦楽四重奏1の譜面
(総譜、パート譜、デモ音源のセットです。)


この曲は、フリーですのでご自由にお使い下さい。
ただし、著作権は放棄しませんのでご了承下さい。
(無断転載・無断再配布禁止!)
もしどこかでお使いになる(演奏する)場合、ご一報頂けるとありがたいです。



これをバックトラックに使って作っている曲が、エレクトロニックな曲なので、MIXしたら埋もれちゃうし、こういう形で残すのもありかなと思いましたので。
0




AutoPage最新お知らせ