シュデンゲン室内管弦楽団 第三回演奏会  音楽全般

クリックすると元のサイズで表示します

皆様ご無沙汰しています。

ほんと久しぶりのブログです。

GWも終わった頃に明けましておめでとうございますを言う事になるとは(笑)
今年もよろしくお願いします。←
(実は↑の原文は4月の初め頃に書いていて、桜散る頃と書いてあった・・)

さて、今年は、年初めから例年にないくらい忙しく気づけば5月。
仕事は激務で暇がなく、プライベートも年末に立ち上がった企画があってその作業をしたり、並行して、セッション行ったり、友人の結婚式の二次会のお手伝いをしたりと、怒涛の4ヶ月でした。
まだ余裕はないんですがねw
(↑も4月に書いていたものを手直しw)

シュデンゲン室内管弦楽団の第三回演奏会に行ってきました。
「魔界塔士Sa・Ga」と「Sa・Ga2秘宝伝説」の楽曲を全曲やるという事で、サガシリーズ好きの僕としては行くしかないではないかと!
編成が、弦5と木管4というなんという胸熱な編成か!?
前半が「魔界塔士Sa・Ga」の楽曲を。

第一楽章
「そして いま またひとり・・・」
プロローグ - メインテーマ - 街のテーマ

始まりのワクワク感、そしてRPGのスタートいえばやはり街!
構成がまた良かった。

第二楽章
「わきやくは ねむってな!」
魔窟 - Hurry up! - 戦闘 - Eat the meat - 激闘 - 涙を拭いて - 禁断の塔

一楽章とはうって変わっての冒険と戦闘というところでしょうか。
みんな戦闘曲好きだなーと思うほどの戦闘曲になった時に気合の入りようw
いや、サガ曲の戦闘曲は気合が必要ですがw
「激闘」の後にくる「涙を拭いて」。
個人的に「涙を拭いて」は凄い好きな曲なのでこの編成のアレンジで聴けるのは嬉しかったです。

第三楽章
「これも いきものの サガか・・・・」
レクイエム - 魔界塔士 - 最上階 - 怒闘

ラストバトル!
この曲順は、ファンとしてはググっときます。

第四楽章
「シー ユー アゲイン!!」
エピローグ

もう、前半からボリュームたっぷりで満腹です!
ゲーム一本分を1時間弱の演奏でプレイした気分です。
走馬灯のように当時プレイした時を思い出しました。

20分の休憩を挟んで後半へ。

「Sa・Ga2 秘宝伝説」
自分がゲームボーイで始めて買ったRPGであり、サガシリーズで一番好きな作品であり、子供の頃に30周はしているであろう作品ですw

第一楽章
「そしていま あらたな たたかいのものがたりが はじまろうとしている・・・」
伝説は始まる - 秘宝を求めて - 安らぎの大地

オープニングから第一世界まで脳内再生余裕でしたw

第二楽章
「ちちは せいぎのみかただったんですね・・・・」
闇の狭間で - 必殺の一撃 - Eat the meat - 勇者のテーマ

サガ2の裏の演出というか、子供が父親の背中を追いかけて超えるという成長を冒険に例えていると思うのですよ。
ほんとヒューマンドラマです。
で、サガ2のちちおやってアメリカンなイメージがあったのですが、そのちちおやのテーマ曲ともいえる「勇者のテーマ」をこの編成でやると、楽器の特性もフランスな雰囲気がでますね。優雅でこれもまた面白い発見でした。

第三楽章
「きたぞ きたぞ!」
天の柱 - さまよえる魂 - 新しき神のテーマ - 死闘の果てに - あっ!! - 涙を拭いて - 秘宝の謎

ボス戦絡みの曲メドレー。新しき神々達ですね。

「さまよえる魂」って曲がゲームをやってるとストーリー途中まで全滅した時に流れるのですが、当時聴きすぎて、自分が死ぬ時は絶対頭の中でこの曲が流れると思っているww

「新しき神のテーマ」→「死闘の果てに」の流れはほんと熱いですね!そして、「あっ!!」→「涙を拭いて」とアポロン戦脳内再生余裕です!(キリ

第四楽章
「しょうしんしょうめい さいごのたたかいだ!みんな やるぞ!」
燃える血潮 - save the world - Never give up

「燃える血潮」は個人的にゲーム曲で3本の指に入るくらい好きな曲でして、これを聴くために来たと言っても過言ではないくらいです!
そして、最終戦の曲メドレー。砲台の音の再現率がやばかった!生楽器あそこまでできるのかと!

第五楽章
「いいじゃん みんなでいこう!」
エンディングテーマ1 - エンディングテーマ2

その名の通り、サガ2のエンディングです。
涙なしでは聴けないですね。
ゲームのエンディングも思い出しました。
ほんと素晴らしいアレンジでした。



今回の演奏会に限らず、編曲をされている大澤さんは曲のつなぎがうまいなといつも思う。
繋ぎに持ってくる曲の選びやあるいはフレーズとか綺麗に次へ行ったりゲームやった箏ある人は思わずにやりとしてしまう演出を作ったりと。
そして、今回は、秘宝の謎を随所に使っていて、このゲームの「秘宝」というキーワードを表していたのだろうと思いました。


ほんと、サガシリーズは子供の時に何回もやったゲームなので今でもすぐ思い出せるし、またやりたくなるゲームでもあります。
(サガ2は子供の頃に30周くらいやってますが・・・^^;)
0
タグ: saga Ensemble GameMusic



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ