音楽な独り言。  音楽全般

どうも、またも久しぶりの更新です。

たまに、L'Arc~en~Cielの「DAYBREAK'S BELL」のイントロが頭の中で流れる。
この曲のイントロのギターの歪み感といい、ギターの音が良い。
それともう一カ所、Bメロが好きなんですよ。

で、前に買ったゲッカヨっていう雑誌にリードシート載ってるのを思い出してみて見た。
Bメロのコード進行がツボリましたw
さすが、ken作曲。

Key of Em

| F#m7(♭5) | B7 | EmM7 | C#m7(♭5) | C6 | B7 | Em |

Bメロ一発目が「F#m7(♭5)」とか、そしてツーファイブ!
このあたりが計算され尽くしてるなと思ったら、「EmM7」。
ポップスとかで「EmM7」って意外と出てくる頻度が少ないと思う。(クリシェ除く)
ツーファイブからのメロディックマイナー感が良いですね!
そして、ギターがやたらとかっこいい!絶対kenが弾きたかっただけだろ!的な場所!
で、「C#m7(♭5)」。このハーフディミニッシュがいっぱい出てくると楽しいですよね。(俺だけ?)で、たぶん、この箇所は、D♭m7(♭5)の方が近いかな。
次に来るのが、「C6」なので。
「C6」ですよ。いいね〜♪
そして、B7のドミナントでEmに解決。

しかもこの進行ループできるじゃん。やはり、EmM7の使い方がいかにうまく使えるかがポイントだな。

そして、この全コードをドリアンで弾く事ができるかw
気が向いたらやってみるかなww




そういえば、数週間前にニコ動にUTAUを使った曲をアップしました。

0

謹賀新年  日常

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今年の前半は色々個人的に大変そうなので更新はマイペースになると思いますが、ジャンル問わず良いものを紹介できればなと思っております。

あとは、F1とかやってるゲームの話もできればいいなと。

先月は、Mac版のCivilization 5をやっていました。
このシリーズは、2、3、4のデモ版とiOS版をやっていますが、ほんと面白い。
文明を作っていくゲームですが、信長の野望とか戦略ゲーム好きもハマるのではないかと思います。
一度やり出すと時間を忘れてやってしまう時間泥棒ゲームでもある。

そんな感じですが、今年もよろしくお願いします。
0

気づけば大晦日  音楽全般

みなさまお久しぶりです。
気づけば一ヶ月放置とか。
本日は人生初のコミケへ行ってきました。
昼ぐらいに目を覚まし、ある方のツイートにより前々から気になっていたものが出品されているとの情報があり、速攻で出かけたわけです。

「なぜ ゲーム音楽の楽団は多くてアニメ音楽の楽団は少ないのか」

クリックすると元のサイズで表示します

読んでみて、2/3は共感できますが、1/3は違う意見ですね。
でも、こういう本が出ると、自分とは別の視点の考えがわかるので面白いです。
特にこの本の視点は、ゲーム音楽の演奏会や団体に関わっている人が、どっちかっていうと観客に近い視点で話している印象で、自分は、作り手意識が強いのでなるほどなと思うところも多く面白かったです。

ただ一つだけ書かせてもらいたいのが、雰囲気出すためだけの曲等に「捨て曲」という表現を使っている事。
一般読者に誤解を与えるかもしれないと思った表現なので書きますと、聴き手、純粋に音楽だけ聴く側からすれば、たしかにどうでもいい曲かも知れませんが、アニメにしてもゲームにしても、音楽という物が作品の一部であり重要な演出であるので、作中で使われている事は「捨て曲」ではなく「重要な曲」なのです。演出としての曲作りは、わざと印象に残らないかつ作曲者の色を出しつつ作る、非常に難しいのです。一曲書くのに、何曲も書いて、その中で良い物をなくなく捨てて、その場面にあった曲を採用する事もあるでしょう。

そして、このテーマで僕の意見を少し書きますと、ゲームは能動的、アニメは受動的というのが大きいと思います。
ゲームの場合はプレイヤーが動かします。ゲーム音楽ってゲームを飽きさせないためにインパクトがある物だったりわかりやすい物だったりすると思います。だからこそ、覚えやすかったり、後々印象に残っていたりと。
アニメの音楽は、おおざっぱに言うと、主題歌と、エンディングの曲さえ覚えてもらえば、プロモーションとしてはほぼ成功な側面。たとえば、サザエさんの主題歌だって、日曜の18時半にあの主題歌というイメージが付けば、観てくれる人が増える。そして、あとは、作品の面白さを絵や台詞や演技や音楽で作れば良い。
アニメの劇中音楽もよく聴けば良い曲が多いんですが、演奏されづらいところは、編曲のし辛さもあるかなと。
今、演奏されるゲーム音楽も6、7割は昔のゲーム(プレステくらいまで)ので、その頃はハード制約で、シンセ音に同時発信音数が限られていた。という事は、聴き手に届ける最終的な音に関しては、可能性が大きく、編曲の自由度が高い。
逆にアニメの音楽は、オーディオ録音なのでオケでもバンドでも昔から自由に作れたわけで、最終的な音も完成されつくされていて、それを編曲するのが難しい。

その他は、主にこの本に書かれている事に共感する部分も大きいので、読んだ事ない人で興味ある方はぜひ目を通してもらいたいなと思う。


最後に個人的には、ゲーム音楽よりアニメのBGMの方が昔から好きで、ゲームとアニメは、作るのも聴くのも全く別ものというイメージを持っていました。ただ、昨今、色んな人に会い、けっこう同じくくりというかカテゴリーにしている人が多いんだなという印象です。

個人的なくくりは。

映画・ドラマ・アニメ | ゲーム

という感じです。



最近の事。

今まで、ボカロとか声の合成シンセみたいのってあまり好きじゃなかったんですが、最近ちょこちょこと使い出したら面白くなっています。

そんな中で見つけたこれが凄過ぎる!ボカロではなくUTAUですが。



バックトラック作りもメロディーの作りも上手いのですが、なんといっても声の作り方が上手過ぎる!
これは目標ですね!


そして、自分も過去の曲をUTAU-Synthを使ってボーカル入りにしてみました。
ごめんなさい。とりあえず使ってみるという目的だったのでベタ打ち込みです。



6年前の曲です。もう、自分若いなとww
そして、次はもうちょっとクオリティ上げようと。あ、たぶん、また過去の曲だと思います。

Macで使える、UTAU-Synth万歳ww


という事で、今年もありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。
0

「この夜を止めてよ」/JUJU  音楽全般

このブログで紹介する音楽は基本アルバム単位で紹介しようというのが主旨ですが、今回は一曲にしぼって紹介したいと思います。

先日、iTunes Storeでソニーミュージックの楽曲配信が始まった。
これは、大きいです。僕も早速、JUJUの「この夜を止めてよ」を買ってみました。
以前から気になっていた曲で、Youtubeに上がってたライブ動画を何回も観るくらいお気に入りの曲です。
そして、さすが松尾潔さんのプロデュース!最高のR&Bバラードソングです。
歌詞のインパクトもすごい。

曲の始まりの歌詞が
「「愛してる」っていうあなたの言葉は 「さよなら」よりも哀しい」
アウフタクトで始まる順次進行の駆け上がりのメロディーでこの歌詞はインパクトがある。
アウフタクト部分は、ImのIの音から順次進行で、♭VI M7のM7の音へ行く。
マイナーキーの♭VIのM7の音って良いですよね。妙な色気があって。
音って面白い事に、コードに対しても一音一音に意味があるんですよね。
その意味が分かって曲を聴くとまた面白い。

この曲の歌詞を全体的に観ても、これぞ!R&Bという歌詞で泣ける曲。
さすが、松尾さん!最高のセンスです。
松尾さんのプロデュース曲はどれもオススメですね。

僕も自分の曲は自分で歌詞を書くのでこういう歌詞は書いてみたいですね。
歌詞書くって、メロディーがあるので文字数に制限があり、それが苦しみであり楽しみでもある。
一種の言葉遊び感覚もあり、自分の作る物語を語る手段でその演出に音が彩るという部分もあると思います。作詞家視点の話ですけど。
作曲家視点は逆ですね。メロディーを彩るため歌詞というか。
結果として歌詞がある歌物音楽は、両者が調和して出来上がる作品ですね。
だからこそ、演奏する時は、メロディーも歌詞も考えながら演奏したいですね。

この曲のベースラインもいいですね。
こういう曲のノリとハーモニーを感じながらベースを弾くのは楽しいと思いますし、それができるプレイヤーが最高のベーシストだとも思います。
始まりの高音ピアノも綺麗でいいですね。
ピアノで弾いてみると、個人的好みですが間奏部分のベルと重なって鳴っているあのフレーズが気持ち良すぎる(笑)
コード進行はシンプルなクリシェですが、9度と♭7度を絡ませるのがなんとも良い!そして右手は変わらずベースが順次進行で下がる。シンプルなんだけど、テンポ感とリズムと弾いててとても気持ちのよい塩梅。

後半のコーラスフェイクもグッドで、歌詞、メロディー、編曲と総合して聴いても、至高のバラードでオススメの一曲です。
0
タグ: JUJU R&B SOUL

2012 F1 ブラジルGP  F1

白熱したレースでした!ここまで面白いのも久しぶりですね。
雨がほんと良い演出をした、今年のベストレースのひとつかと。
ベッテルもアロンソも素晴らしかった!

今回は、マッサが良い走りしてましたね。スタートも良かった!
そして、ヒュルケンベルグ。やっぱこのドライバーは良いですねー。
雨に強くてブラジルに強いw
なぜマクラーレンは、ヒュルケンベルグでなくペレスを取ったのかが疑問。
安定性にしても速さにしてもヒュルケンベルグの方が上な気が。
来年ザウバーでどういう走りをするのか期待。

可夢偉もザウバーでのラストレースでしたが最後まで攻め込んだ良いレースだったと思います。

マクラーレンの速さは安定していて、序盤のチーム内バトルは面白かったですね。
それだけに、ハミルトンのリタイアは残念だった。

ライコネンのコースアウトして裏を通って戻ろうとしてゲートが閉まっていて来たところを戻るというシーンは面白かった(笑)

ミハエル・シューマッハのラストレースというのも見所でしたね。

チャンピオン争いも含めて、今年を締めくくるには良い面白いレースでした。

そして、レース終了直後のアロンソの表情はなんとも言えない表情でしたね。
来年も面白いレースが観れそうです。
0




AutoPage最新お知らせ