SHINee×STEP ONE #1  SHINee日本番組

グッド!モーニングしゃいにじゃなかった(´・ω・`)土曜のWSで流れたらしい。

―Sunny Sideを初めて歌ってみてどうでしたか?
T:なんかー、そうですね。皆さんに初めて曲をお見せするのは、すごく楽しみですよね。皆さんから喜んでくれてすごく嬉しかったし、すごくあの声も楽しかったです。
MC:わー!って喜んでる声?
T:喜んでる声が、はい、すみません、説明が、はい・・・
MC:全然大丈夫です^^


―Sunny Sideはどーいう曲ですか?
K:そうですね、基本的なベースは感謝の気持ちを、感謝の気持ちを伝えるように、歌詞を作詞してみようみたいになってメンバーが作詞して、待っていてくれたらしゃいには戻りますっていう。絶対戻りまーす。

―次に会うのはちょっと先になる可能性もあるんですか?
K:まぁ、どうなるか分からないんですけど、いつも色んな事情があったから、何があってもしゃいには戻りますっていつも言いたかったので、その気持ちを込めた曲なんですね。

―Sunny Sideの反応はすごくよかったですか?
K:例えばGood eveningとかI want Youは韓国で韓国語で活動した曲なので、それは皆さんが英語のフレーズは一緒に歌ってくれたり一緒に踊ってくれたりする姿を見たんですけど、Sunny Sideはやっぱり新曲だから、歌詞を聴きたいからすごく静かな雰囲気で集中して終わったら拍手が「オワァ〜!!」みたいになって
T:あ、そうですね!拍手がありましたよね!
K:それがすごく嬉しかったです。


   クリックすると元のサイズで表示します
―日本語での作詞は難しかったですか?
T:韓国語で(笑)作ったら日本の方が通訳してくれた曲です^^

―最初は韓国語で書いたけど、日本のファンのことを考えながら韓国語で書いたのを日本語に
T:そうですね。ちゃんと伝えたかったらから、韓国語でちょっと話してそれをちょっと整理して作りました。

―その方がちゃんとした気持ちが伝えられるからね
O:そうですね、表現もそうですし、なんか思い出が伝われるように頑張りました。

―出来上がった曲としてはどうですか?どんな所が好きですか?
T:僕は特に頭の所すごく好きですよね。自分の声が出る時って言うか・・・
全員:・・・(笑)
T:よかったー。笑ってくれて良かったー(笑)はい、ちょっと静かになってちょっと困りましたよね、一瞬(笑)
M:サビのフレーズも好きですけど、キーくんとオニュさんのブリッチ?「大丈夫 大丈夫」このフレーズが歌詞もメロディーも本当に好きです。
K:ま、何て言うか全体的なイメージはすごく今までバラードでこんなに正直はっきり言う歌詞があったかな?って思うくらい(T:少なかったんですよね)そう、はっきり言ってます何か「少し会えなくなっても大丈夫 大丈夫 必ず戻るよ」みたいななんか、美しい表現ってたくさんあると思いますけど、この曲でははっきり言うのが元になると思ってる。
←最後が聞き取れない



―オンユさん、最近ハマっているモノは何ですか?
O:本です。最近ヒマな日とかあったとき、僕ずっと本読みますね。

―どーいう本を読むんですか?
O:ジャンルは色んなもの、大丈夫です。関係ないです。

―日本でも知られてるモノってありますか?
O:村上春樹さんの小説読みました。

―子供の頃から好きなんですか?
O:あんまり好きじゃなかったんですけど、最近ハマりました。

―なんでですか?
O:わ、分かんないす(笑)

―タブレットで読むんですか?ちゃんとした本で読むんですか?
O:ちゃんと本で読みます。何か癒される気分が思って何か最近ずっと本読みますね。

―いつもオンユさん本読んでる感じ?
T:そうですね。いきなりハマってしまいましたよね。

―キーさんは最近ハマっているモノはなんですか?
K:僕、あのモバイルゲームですね。スマートフォンでゲームしたり、僕もともとゲームしないですけど、いきなり僕もオンユくんが本読むのと同じく、いきなりハマっちゃって楽屋とかヒマあればやりますね。

―何のゲームやるんですか?
K:「BATTLEGROUNDS」という、やってあの、そのゲームの中で電話みたいに知らない人と喋りながらゲームすることが出来るじゃないですか?あれがすごく面白くて。
あれが思ったより理由は分からないですけど最初はすごく緊張して、「知らない人と電話してもいいかな」みたいな感じになるんですけど、どんどん慣れて、最後は「バイバイ」みたいに終わります。
0
タグ: 日本番組



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ