ボイス記者会見  NEWS

NEWS増田貴久、初の刑事役はネット検索で役作り「ピストル・持ち方で調べました」<ボイス 110緊急指令室>モデルプレス

   クリックすると元のサイズで表示します

―役作りについて
増田:唐沢さんとご一緒するということを聞いたときに、唐沢さんはアクションがすごいので、まずは体つくりを。それから警察官になるために『警察官 画像』って検索しまして『ピストル 持ち方』も調べました。今は警察官がだいぶ中に入ってます。

―唐沢は増田について
唐沢:ずっと警察監修の方に柱の陰に銃を持ったまま隠れる方法を教わったあと、隠れる練習をずっと1人でやってたよね。もういいだろ!って思うくらい。
増田:敵がいた場合、柱からまず顔を出すのか、ピストルを出すのかわからなくて。急にそのシーンが来ても対応できるようにしたいなと。まだそのシーンは来てないんですけど。
木村:増田くんはもともとアイドル性を排除してるタイプなんでね。ワタナベエンターテイメントの中でもね・・・
増田:間違えてますよ?僕、ガッチガチのジャニーズなんですけど。
木村:NEWS?ワタナベエンターテイメントの?


―役柄の見どころは
増田:僕の銃の持ち方ですかね。
唐沢:なんでそうなっちゃうの。ちゃんとしゃべれねぇのかよ!30過ぎてるんだから(笑)
増田:なんでここにこういう感じでいるのか、なんでこういうセリフなんだろうと常に考えながらやらせてもらっています。
唐沢:さっきのほうがよかったな。


   クリックすると元のサイズで表示します
カッコイイリ`▽´ノリ
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ