2019/6/4  2:25  パララブ舞台挨拶  Kis-My-Ft2

「パラレルワールド・ラブストーリー」玉森裕太、東野圭吾からの手紙に「光栄」映画ナタリー

>公開記念舞台挨拶が、6月1日に東京・丸の内ピカデリーにて開催され、キャストの玉森裕太(Kis-My-Ft2)、吉岡里帆、染谷将太、監督の森義隆が登壇した。

   クリックすると元のサイズで表示します

―好きなシーン
冒頭の、麻由子との電車での出会いのシーンですね。あそこはピュアな気持ちで、唯一“恋愛”していた。

―同じく本作に関連した楽しい思い出は?
吉岡:撮影中は玉森さんがどんどん痩せていき、ストイックな現場だなと思っていたんです。でも先日プロモーションのためにバラエティ番組に出て、キャイ〜ンのウドさんと一緒にたぬきのコスプレをしている玉森さんを見たとき、同じ人だと思えなくて(笑)
役と違いすぎて同じ人とは思えない。うれしいというか暖かい気持ちになったし、元気そうで良かったと思いました。
玉森:うん。まあ、ああいう仕事もやらなきゃいけないんです・・・すいません、めっちゃ楽しんでやってました。


   クリックすると元のサイズで表示します

―玉森へのサプライズプレゼントとして、原作者・東野からの手紙が読み上げられた。
「崇史の内面は、私がこれまでに創作したキャラクターの中でも飛び抜けて複雑です。正面から取り組まれたことに敬意を表します。
今後さまざまな役を演じられるのだろうと思いますが、このたびの経験が少しでも糧になることを祈っております。」
玉森:本当にうれしいし、光栄です! 監督にもたくさん追い込んでいただきましたし、(映画の中の崇史は)皆さんのお力で生まれたもの。いろいろな方に感謝したいですね。


『パラレルワールド・ラブストーリー』メイキング映像 5月31日(金)全国ロードショー
   

玉さん、キャストの皆さん、監督さん、お疲れ様でした
公開おめでとうございます!!映画が大ヒットしますように((((oノ´3`)ノ
0
タグ: 玉森裕太




AutoPage最新お知らせ