SHINee D×D×Dスペシャル その2  SHINee日本番組

―MVについて
Sing Your Songは日本の大学のキャンパスで撮影しましたけど、そのとき夏でしたよね?撮影は夏でしたけど暑かったです
楽器を演奏するとき演奏するフリだけしました。隣で音をうるさくしないようにって言われて、それがちょっと残念でした
D×D×Dはやっぱりダンスの雰囲気がいいと思います。ビデオの後半にダンスバトルみたいなシーンがありますけどブラック&ホワイトみたいな、ここで踊りながら、そこにいる自分を見て踊っているシーンがありますけど、そこにいる自分を想像しながら一生懸命踊りました
どちらが勝ったのかは皆さんで判断してくださいね^^
MVの撮影をしたとき雨のようなコンセプトで撮影したけど、水を浴びながら撮影しました。でも(完成した)ビデオではあまり使われていなかったです
撮影は大変でしたけど、あまり出てこなかったんですよね?
寂しかったですよね。それでも大丈夫です


―ViewのMVについて
タイで撮影しました
暑かったですよね。PVの中で踊るシーンはあまり出て来ないよね?僕達はずっと走ってた
その時も僕はちょっと寂しかったです。走ったけどあまり使われなかった
また使われなかったの?
初めてロケで撮影したので楽しかったですよね?外でいろいろ食べたり
たくさん食べて太った?
そうそう。ロードムービーみたいに撮影したかったので、それをよく表現することが出来て作品を見て満足しました
演技をしました。SHINeeの演技に注目してください


   クリックすると元のサイズで表示します
―昨年のドーム公演で印象に残っていること
(1曲目の)Everybodyのフレーズが印象的です。この曲が終わったら僕達みんなのエネルギーもなくなりました。そのくらい頑張って曲を踊って歌いました
僕にとっての挑戦は動くステージが多かったことです。あちこちで沢山の演出が出来たことが一番大きな見所だったと思います
僕はドーム単独コンサートが初めてだったこともあり、こんなに沢山愛されてもいいのだろうかと思うほど、ありがたい気持ちでした。色々な事を考えさせてくれる公演だったので僕にとってはとても今までの人生で一番記憶に残っていると思います
バラードセクションが印象に残っています。歌いながら皆さんが一緒に4万人、5万人が一つの声で歌ってくれて、ここはまだ最後のフレーズじゃないのに涙が出そうになっちゃってすごく感動しました
LOVEが東京ドームのステージで最後の曲で大丈夫かな?と最初は思ったけど、今はすごく似合う曲だと思います。雰囲気がすごく感動的な瞬間で皆さんと一緒に歌うからそれがすごく印象的な思い出になりました
最後の最後まで僕はここに立ってることが信じられないみたいな気持ちだったので、ファンの皆さんのイベントを見て感動して(メンバーが)何人か泣いちゃって本当に忘れられない思い出になったと思います。また出来れば東京ドームで皆さんに素敵なステージをお見せしたいなと思いました


―ツアーへの意気込み
いつもより頑張りますので期待してください
今までのSHINeeよりもっと成長した姿を見せたいです。だから期待してください
もっともっと頑張りますのでツアーぜひ期待してください。ありがとうございます
今年はSHINeeの日本デビュー5周年なので今まで毎年ツアーをまわっていますが、今年のツアーはもっと音楽とかダンスとかファッションとか僕達の日本語ももっと成長したスケール感をお見せしたいと思いますので自分たちにとっても結構楽しみです


―ファンへのメッセージ
2016年も皆さんにカッコイイ姿をお見せできるように頑張りますので、これからもたくさん期待して愛してくれたら嬉しいです。どうもありがとうございました
1
タグ: 日本番組



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ