2019/8/18

JJコンサート  

JJコンサート本番、いよいよ明日です!
出演者一同、皆さまに楽しんでいただけるよう準備してきました。
 
 
原田先生のピアノソロ、明葉先生とのピアノ連弾、私の歌、どれも素敵な作品ばかりです。
曲の素晴らしさを伝えられるよう頑張ります!
 
 
大泉学園ゆめりあホールにて19時開演で〜す(^o^)
 
   Okado
 

クリックすると元のサイズで表示します
6

2019/8/17

コンクール!  


残暑お見舞い申し上げます…
と言いたいところですが
まだまだ油断ならぬ暑さが
続いていますね😓

明日はアンコーラの
合唱コンクール出場のため
越谷まで行ってきます〜🎵

今回演奏するのは信長先生作曲の
「だれもいそがない村」と「われもこう」

だれもいそがない村、は
急がないと言いつつ気ぜわしい曲😂
オタオタしてると置いていかれちゃいます笑
私のイメージは飛び出す絵本のような感じです。
ページをめくる度に仕掛けがあるような…

われもこう、は
夏から秋にかけて咲く、
吾亦紅をテーマにした一曲です。
この曲はぐっと大人っぽくて、
なんだか哀愁漂う感じの曲。

どちらの曲もアンコーラらしく
演奏してきたいと思います🍀

写真は吾亦紅(ホームページより)
花言葉は『変化』『移り行く日々』『愛慕』『もの思い』
『明日への期待』『あこがれ』『移ろい』
むむ、なんだか意味有りげです…🤔

ゆうり

クリックすると元のサイズで表示します
4

2019/8/14

水の精  



今週はず〜っとお盆休みクリックすると元のサイズで表示します
という方も多いと思います。
 
そのお盆休みの明けた、来週の月曜日は、JJコンサートです。
 
今回  私が演奏させていただく、ショパンのバラード3番。この曲は、物語風なある詩からインスピレーションを受けて作曲したと言われています。
 
それは、水の精オンディーヌの伝説。ある若者が美しい娘と恋におちますが、その娘は実は水の精でした。二人は愛を誓いますが、娘は姿をかえて現れ、若者を誘惑します(そんな〜クリックすると元のサイズで表示します)。あっさり誘惑にまけた若者は、水の中に引き込まれてしまうのでしたクリックすると元のサイズで表示しますチャンチャン
 
ショパンは、作品に名前をつけません。「子犬の〜」とか「革命」とか、本人が名付けて出版したわけではないのです。なので、「バラード3番はオンディーヌの物語になっている」とショパン自身が宣言しているわけではないですが(ややこしくてすみません)、二人の愛の語らい、水の揺れ、また不穏なテーマなど、イメージにはぴったりな曲です。(最後ドロドロせずに、幸せクリックすると元のサイズで表示しますに終わります。)
 
オンディーヌを題材に作られた音楽はたくさんありますね。メヌエットのコンサートでもフルートの曲を演奏していました。
 
深い森の湖、美しい娘にあったらご用心クリックすると元のサイズで表示します
 
                   y.harada
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4

2019/8/13

洗濯機  




皆さん、お盆休み、どのようにお過ごしでしょうか。今年は、山の日や振替休日とつながって、長くお休みできる方もいらっしゃるようですね。


恒例の西武園の花火も、この2、3日やっています。音がなり始めると、時々、ベランダから眺めています。


さて、話は変わりますが、我が家の洗濯機、このところ音が大きくなってきました。
10年位使っている、ごく普通の全自動洗濯機です。今のに買い換えた時は、思ったより静かで嬉しかったのですが…


機能的にはまだ大丈夫ですが、こんなに大きな音がするということは、そろそろ寿命なのかな?

洗濯機が動かなくなったら、生活できないですよね。ウーン、心配。
でも、もう少し頑張って!!


琴田恵理

クリックすると元のサイズで表示します
4

2019/8/12

日本のお盆始まりますね。  

皆様のお家ではお盆はいつでしょう。新、旧暦や地方によっても色々でしょうが、日本全体では13日から15日のお盆が一番多いでしょうか。

私も毎年お墓参りに行きます。
いつも各々のお墓に思い思いのお花がお供えしてあり、日本は良い国だなぁと嬉しくなります。
そこで思い浮かぶのが、リヒャルトシュトラウスの「万霊節ーAllerseeln」という歌曲です。大好きな曲でさ。万霊節は11月初め、晩秋ですから真夏のお盆とは赴きは違います。でも亡くなった大切な人への思いはどの国でも同じですね。


万霊節 ギルム

テーブルの上にいい香りのするモクセイを飾り、名残の赤いアスターをこちらへ運ぼう
そして再び愛を語ろう かつての五月のように

私に手をそっと手を握らせておくれ もし人が見ていても構わない
あなたの愛らしい眼差しを私に送っておくれ かつての五月のように

どの墓にも良い香りの花がいっぱいだ 1年に1度、死者が自由になる日
もう一度私の心にきておくれ かつての五月のように


もう会えない大切な人の事を思って過ごす日。
大切にしたい日本の風習です。

小枝
クリックすると元のサイズで表示します
6

2019/8/11

シューマンさんは情熱家?  

来週月曜のJJコンサートで、シューマンの歌曲を2曲演奏します。
 
 
シューマンは、1810年ドイツ東部ツヴィッカウで生まれました。
お父さんは出版・印刷業を営んでいて、比較的裕福だったようです。
6歳からピアノを習い始め音楽の道を志しますが、お母さんに反対され、一度は法科大学に入学。
でもどうしてもあきらめきれなかった彼は、お母さんの許可も得、本格的に音楽家への道を歩み始めます。
 
 
そして、その頃師事したピアノの先生の娘、クララと出会い、大恋愛の末結婚。
8人の子どもにも恵まれました。
 
 
あきらめずに音楽家を志したり、クララの父親の大反対にあいながらも、その思いを貫いて結婚するなんて、シューマンさん、なかなかの情熱家!
歌曲は、繊細でやわらかいメロディーの曲が多いですが、その内に熱い思いが秘められていると思うと、とても興味深いです。
 
   Okado

クリックすると元のサイズで表示します
5

2019/8/10

りんごの歌コンサート  


今日は、りんごの歌コンサートで
ビアラ小手指へ行ってきました🌻

懐かしのヒットソング、童謡などなど
皆さんがよくご存知の歌を
沢山演奏させていただきました🎵

口ずさんでくださる方、
リズムをとってくださる方、
懐かしい!と喜んでいただけました😊

写真はコンサートの様子です。
お部屋の飾りが夏祭り仕様になっています🍉

ゆうり

クリックすると元のサイズで表示します
5

2019/8/9

葡萄の木(^.^)  



フルートのIさん、お庭にブドウ棚があるそうで、たわわに実った房を持ってきてくださいました!
いつもご主人と袋かけをするのだそうなクリックすると元のサイズで表示します専業農園のように、作業しやすい高さになっているとは限らず、なかなか大変な作業だとか。腰と首と肩をやられそう〜。ホントに頭が下がりますm(__)m
薫り高いマスカット、味もとても濃くてビックリクリックすると元のサイズで表示します苦労して手をかけないと、こうはいかないんでしょうね。脱帽ですクリックすると元のサイズで表示します
tammypoo

クリックすると元のサイズで表示します
4

2019/8/8

とり  

最近youtubeにアップされた「とり」という曲。鳥好きのわたくしとしては、大注目の一曲ですが、ぜひ!写真も見ていただきたいー!
私が掛川花鳥園に行ったときの写真を提供しております!

私が鳥が好きな理由の1つは、デザインの豊富さ!本当に美しい色合いのものや、不思議な姿のもの、小さなサイズから大きなサイズのものまで。それぞれが住む環境や習性に合わせて、さまざまな形で生きています。
私が今日オススメするのは、「ヘビクイワシ」という鳥!
餌のヘビをビシバシ蹴ってとらえることからその名がついたようですが、注目すべきは美しい顔立ち!マツゲがなが〜いんです。
手塚治虫が火の鳥のモデルにしたという噂も!

全体の立ち姿は、スマートで華奢なイメージですが、その細い脚からは想像できないほどすごい脚力でヘビを蹴ります。(ご興味のある方はyoutube等でぜひ見てみて!)
でも、あの細い脚、スパッツをはいて見えるのは私だけかしら…
注目のヘビクイワシの写真、どうぞご覧ください!(アップの写真はネット上からお借りしました)

あきは

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
5

2019/8/7

花火大会  



連日の  猛暑クリックすると元のサイズで表示します
暑中お見舞い申し上げます
クリックすると元のサイズで表示しますって言えるのも今日まで、明日は立秋クリックすると元のサイズで表示します  え〜クリックすると元のサイズで表示します
 
先週辺りは、蝉がなかないな〜とのんびり思っていましたが  クリックすると元のサイズで表示しますそんなはずなかったですねクリックすると元のサイズで表示します
 
航空公園の脇なんか通ったら、ずっと切れ目なく続くみ〜んみ〜ん、ジージークリックすると元のサイズで表示します
 
花火大会もたくさん行われているようです。首都圏だけでも何十ヵ所もの花火大会があるような。あ〜今年もボヤボヤしている内に、どんどん終わっていくクリックすると元のサイズで表示します
 
写真は足立の花火大会。撮ったのは、今年もしっかりお出掛けしている娘ですクリックすると元のサイズで表示します
 
                    y.harada

クリックすると元のサイズで表示します
3

2019/8/5

夏は来ぬ  

夏の歌の代表ともいえる「夏はきぬ」
良い歌です〜。


卯の花の匂う垣根に
時鳥はやも来鳴きて
忍音もらす 夏は来ぬ

(二番)
(三番)

楝ちる 川辺の宿の
門遠く 水鶏声して
夕月涼しき 夏は来ぬ

(五番)

日本の懐かしい風景が目に浮かびます。日本は美しいなあと何の疑問も持たず歌っておりました。でも4番にでてくる 楝(おうち)とはどんな木なのかな?と思って調べてみました。

別名は「センダン」でした。センダンなら聞いたことがあります!
(しかも センダンは双葉よりかんばし…のセンダンは白檀のことらしく、ややこしい!)
ネットで見つけた楝の写真です。
意外と普通に近くにある木かもしれません。
見つけたら教えてね。

小枝

クリックすると元のサイズで表示します
5

2019/8/4

マシマシ  

お暑うございます〜
出かけるのにも気合いがいりそうな毎日が続きますね。
そんな日にはやっぱりこれ。
 
 
以前にもご紹介しましたが、今夏はパワーアップして登場!
いちごソースが2倍〜!で、
いちごソースマシマシとキャッチーなネーミングも楽しい(^^)
 
 
いちごソースは果肉も入ってて練乳入りかき氷がさらにさっぱり食べられます。いちご好きの私のハートをわしづかみ!ぜひお試しあれ。
 
   Okado

クリックすると元のサイズで表示します
4

2019/8/3

8月スタート!  


とうとう8月です🍉
夏真っ盛りな毎日が続いていますね。
汗をかくのは嫌だけど
アイスが美味しかったり
洗濯物が良く乾いたり
花火が綺麗だったり
風鈴の音が心地よかったり
夏だから幸せを感じられることも
沢山ありますよね😊✨

昨日はやまとなでしこの皆さんが
慰問コンサートに行ってきました🎵
懐かしい童謡から唱歌、流行歌まで
たっぷり楽しいプログラム🌟

一緒に口ずさんでくださる方
合いの手をいれてくださる方
皆さんとても楽しそうに
聴いてくださいました🍀

コンサートの様子はメヌエット入ってすぐの
ボードに掲示していますのでどうぞご覧ください❣

9月にはメヌエット音楽隊もあります😉
皆さま奮ってご参加くださいね🌻

ゆうり
4

2019/8/2

キリコ祭り(^3^)/  



梅雨明け早々、この暑い中、もっと暑い!熱い!!北陸の旅に出掛けました。
 
能登の夏祭りは切子灯籠祭りというのが有名です。巨大な灯籠の乗った神輿担ぎ、浜辺での荒々しい太鼓や、松明の奪い合いなど、激しい見所満載だそうなクリックすると元のサイズで表示します
 
が、今回大きな祭りは日程的にハズレ、しかし、キリコ灯籠5台だけの小さな地区の祭礼に出くわし、思いの外、感動でござりました〜クリックすると元のサイズで表示します
 
夜8時、地元の人達のなごやかなキリコの行列の一つについて行くと、真っ暗な田んぼの遥か向こうから、別のキリコのぼんやりした灯が、お囃子と共に近づいてきて、とても幻想的でした。やはり、本物の蝋燭の灯ならではですねクリックすると元のサイズで表示します
 
田舎で、街灯もわずかなだけに、空には満天の星と天の川、お囃子の音に混じって田んぼの蛙クリックすると元のサイズで表示しますの大合唱も聞こえました。
 
神主さんも烏帽子を被り、地区の氏子代表のオジサマ方も、今どき珍しい紋付き袴の正装、提灯片手で、さながらキツネの嫁入りのようでしたクリックすると元のサイズで表示します
 
練り歩きと神社での祈祷で、あっという間に11:00pm。激しい見所は逃したものの、日本の原風景を見たような、貴重な体験になりました(^3^)/
 
tammypoo

クリックすると元のサイズで表示します
3

2019/8/1

もうすぐJJコンサート!  

なかなか梅雨があけないなぁと思っていたら!!いきなりやってきました夏本番!!!
毎日テレビでは、熱中症のニュース。
体が暑さに慣れていないこの時期が一番危ないんだとか。
みなさまもお気をつけくださいね。

さてさて、バテている場合ではなく、今月はJJコンサートがあります!
今回は、岡戸先生と原田先生のソロに加えて、後半はヨーロッパ音楽紀行と題しまして、ヨーロッパのいろんな国を音楽で旅します!

最近はCDなどで、いろんな国の曲やいろんな演奏家の演奏が聴けます。インターネットのおかげで、外国のものがもっともっと身近になりましたよね。
クラッシックの作曲家が活躍した時代は、きっと、他の国に行くのも今ほど手軽ではなかったでしょうし、その国独自の文化がきっと今よりずっとずっと育っていたのではないかなと思います。それぞれの国の文化や言語、気候や人々の性格って、音楽にとても影響すると思うのです。作曲家の生まれた場所を知ることも、音楽を楽しむ1つの要素だなと思います。
こんな暑い日はぜひ!涼しいホールで、一緒に旅してみませんかー?!

あきは
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ