2013/9/11

合宿の密かな楽しみ!  



合宿は嵐山町にある国立女性教育会館というところで行ってます。
国立なので、安くて充実した設備なので、合宿にはぴったりなんです。
アンコーラの合宿、やまとなでしこの合宿、そして今年からマーノの合宿と、年に三回もここを利用していることになります。
前にここのレストランは高くて不味い!と書きましたが、マーノの皆様から「別に不味くありませんし、悪くないと思います。」と言われたので、そうだったのか!私って贅沢だったのね〜と反省。
 

と、話しは変わって、密かな楽しみは会館の中に小さなお店が有ることです。フェアトレードの店なので外国(主にアジア)の物があります。
毎年、小さなポーチとか、紅茶とか買うんだけど、今年はふと目にとまったベッドカバーを買ってしまいました!私のささやかな楽しみにしてはかなり頑張ったバーン!!て感じクリックすると元のサイズで表示します
合宿は、ひたすら歌の練習、不味いご飯(不味くない!)また歌の練習、不味いご飯(不味くない!)また歌の練習、夜はたまった仕事を持ち込み仕事…の繰り返しなので、この楽しみは

欠かせないと思う私なのでした〜クリックすると元のサイズで表示します
 
だから、プント君、そこを自分の寝床にするのはやめてね!
 
       間庭小枝

クリックすると元のサイズで表示します
3



2013/9/12  0:32

投稿者:こえだまる

初めてのマーノの合宿だから、夜は9時前に終わりました。その後皆さんは楽しい宴会があったらしいですよ。みんな仲良くなってました!
昔は?!喉ガラガラだ〜!なんて言っても朝には復活したけど、もう次の日に残っちゃいます。




2013/9/11  20:58

投稿者:Aleksandra O.

訂正!わかる方にはわかるでしょうが、「所見」じゃなく「初見」!ピアニストの皆様方には、リムスキー・コルサコフの白鳥の王女が歌うのように「君よ我が救世主、力強き庇護者、昼も夜も常に永遠にあなたのしもべ!」という感情を持っているわたしです。

2013/9/11  20:54

投稿者:Aleksandra O.

うふふ・・・楽しく読ませていただきました〜以前にも書いたとおり、私も今のような家庭と仕事の奴隷になる前、社会人合唱団に在籍した数年がありまして・・・だからわかるのです・・・朝起きて練習、朝ご飯食べて練習、昼ご飯食べて練習、夕飯まで練習、その後も練習。夜の11時まで練習でした!
今にして思うと考えられないのですが、そのわずかの合間の休憩時間に、音痴全開で、イタリア・オペラのアリアまで歌っていたのでーすッ(当時はウルトラ音痴のメゾ・ソプラノでした。それにしてもピアニストさんを休憩時間に所見かつ無償(ここでは後者のほうが大事!)で酷使したわたしは、たぶん天国に行けないでしょう・・・!)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ