2015/2/26

ママも知るとおり♪  




フラワーコンサートの名曲解説ガイド、今回はなおこせんせいの歌う“ママも知るとおり”ですクリックすると元のサイズで表示します
 
オペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」の中の、有名なアリアだそうな〜
 
日本の歌舞伎の世話物のような、実際に起こった不倫関係の刃傷沙汰を題材にしているオペラです〜(T0T)やや、穏やかじゃないっ!
 
舞台はシチリア、主役の女性サントゥッツァが、自分の婚約者の不倫を嘆き、婚約の母に激白する場面の歌です。

 
復活祭の聖なる祈りの合唱の直後に、嫉妬と恨みでドロドロした胸の内を吐露するシーン。聖と俗のコントラストが、余計救われない〜クリックすると元のサイズで表示します
 
カヴァレリア・ルスティカーナって、直訳すると<田舎の騎士道>。シチリアでは、中世以来の騎士道にしたがって、出征前の彼氏が彼女に永遠の貞節を誓わせてたとか!!そして、それが破られたら…、不倫の仕返しや決闘は当たり前〜クリックすると元のサイズで表示します?ヒョエ〜。
 

日本でも、武士道に根差した敵討ちとか、切腹とかありますよね。昔の人は、東西問わず大変だったのですね…クリックすると元のサイズで表示します
 
アリア中盤の間奏も、<サントゥッツァの嫉妬のテーマ>的な重要な旋律で、後の場面でも使われるのだそう〜。オケではチェロが担当するのだそうです♪要チェック〜クリックすると元のサイズで表示します
 
Tammypoo 
 

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ