2016/6/29

レトロ  

レトロな楽器、リードオルガンに出会いました。足踏みオルガン、ともいうのかな?
ヤマハ製でなんと戦前のものだそう!装飾も洒落ていて見た目もステキでした。

とても丁寧に作られていたのか、多少雑音がしたり、鳴らない音があるものの、ペダルを漕ぎ漕ぎ鳴らしてみると、今でもなんともいえない素朴な柔らかい音色がして、ほとんど知らないのに懐かしいような気持ちになりました。

この哀愁ただよう音色に合ったものを、と思い、赤とんぼや赤いサラファン、ムーンリバーなどを演奏してみました!
ピアノという、丈夫でパワフルな楽器を弾いているときは感じられない、繊細さや、曲の息づかいを考えさせられました。
丁寧につくられた楽器は、弾くと楽器から教えられることがたくさんあります。
これからも、もっと楽器とコミュニケーションを取れるようになりたいなぁと思ったのでした(^-^)

あきは

クリックすると元のサイズで表示します
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ