2021/10/14

ショパンコンクール  

先日、ねお先生のブログにもあったショパンコンクール!私も日々ちょこちょこ見ております。
以前はファイナルの結果が出るまで情報がほとんど入ってこなかったものが、今では1次審査からすべて見ることができます。オリンピック同様、長い時間をかけて準備をした出場者たちが次から次へとショパンを弾くのですが、審査の場というよりは、贅沢なコンサートを聴いているよう!

あーこんな弾き方ステキ、こんな解釈もあるのね、なんて美しい曲…変わった名前だけどどこの出身なのかしら…あらイケメン…などなど本当にたくさんの情報があふれています。
何がすごいって、やっぱりショパンという作曲家です。1人の作曲家でコンクールが成立することもすごいし、ずっと同じ作曲家の作品を聴いているのに飽きないんですよねー。そして、たくさんの解釈を受け入れる懐の深さ。人によってぜんぜん違う弾き方をしても、どれもそれぞれにいい。
ショパン弾きたくなってきちゃったなー…でも弾いてみて、あーーなんて自分は弾けないんだろう…!となるのもまたショパンなのです…
むむむ…

あきは
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ