2012/9/27

百合の次は鳥です。  



ナルコユリも知っている人は普通に知っている花でしたが、今日は鳥です。
行々子と書いてヨシキリと読みます。なんでも、鳴き声がギョギョシって聞こえるらしいんです。
私は高校生の頃、受験の課題曲だったので、沢山練習しました。
 
  ふるさとの河原の平に
  よしきりはなく
  ひねもすなく
 
  昔我があそびし時と
  変わることなし
 
  よしきりは鳴く

  ひねもす鳴く
  耳いたく鳴く    
 
こんな歌詞です。
当時、何も考えていなかったのでしょう、変な歌…と思いながら歌っていました。
先日、浦安の菜の花の会の方に話したら、あー、ヨシキリね。その辺にいっぱいいたわね〜!?
私は見たこともない鳥でも、皆さんは普通に知っている鳥でした!
へ〜〜〜!
 
それにしても、変な歌と思いながら歌った歌なんて、全然ダメですよね。

昔を懐かしく思う気持ちがよくわかる年になっちゃったなあ。
 
     間庭小枝クリックすると元のサイズで表示します


2



2012/9/29  0:11

投稿者:鼻モゲラpoo

ホトトギスは、ホットットギスと鳴いてますな。ギのあたりにアクセントがある。ウチの方でよく鳴いてるような気がします。カッコウは、どういう訳か、雨の降りそうな曇り空の日によく鳴いてます。

2012/9/28  21:41

投稿者:こえだまる

初めてききました!ホトトギス。綺麗な声!
前にベートーベンの散歩道を歩いた時に、鳥の声と小川の音が素敵で、ここであの音楽がうまれたのねって思ったことがあったのですが、なんだかその時の事を思い出しました!
アップルちゃんのお姉さんの歌は私は初めてききました。訳詞ですよね?どんな歌かなあ?

2012/9/28  18:02

投稿者:Aleksandra O.

代表的な鳥や虫などの鳴き声はYouTubeで聴くことができまーす。

カケスhttp://www.youtube.com/watch?v=whTNiFdrLbU
ホトトギスhttp://www.youtube.com/watch?v=iH6UAfbDsP8&feature=related

「鳴かぬなら鳴かせてみしょうホトトギス」、「鳴いて血を吐くホトトギス」、「目に青葉、山ホトトギス。初がつお」・・・こんなに有名なのにわたしも恥ずかしながら初めて聴きました。(^^;)ゞ そーだ、白百合のオトメなりし日には、徳富蘆花の『不如帰』を読んでヒロインがかわいそうで大泣きに泣いたんだわ・・・!うえーん、あの時のわたいはどこに行った〜ヾ(@† ▽ †@)ノ

2012/9/28  10:39

投稿者:appleちゃん

「よしきり」と聞いて、思いだしたのは、
半世紀以上も前の話ですが、
姉が、「キリリ、キリ〜リ、よし〜きりが、なく〜」で、終わる曲を歌っていたような・・・
多分、「日本リード曲選」の中の一曲だと思いますが、
そんな歌ありますか?

2012/9/28  7:38

投稿者:こえだまる

カケスという鳥も名前しかわからないですね。そういえば、よく歌に登場するホトトギスだって私は見たことがありません。

2012/9/28  1:05

投稿者:ようざん

こえだまるさん
こんばんは

鳥の名前はみなさん意外に知らないことが多いです。
ヨシキリですが、わたしは股旅演歌の歌詞で知りましたが鳴き声は恥ずかしながら知りませんでした。

名曲「別れの一本杉」♪山のカケスも鳴いていた♪
のカケスをカラスだと思っている人が多いです。
カケスは英名を「JAY」といいますがジェージェー
と鳴くのだそうです。
歌は何回も歌っていますが未だ鳴き声を聞いたことがありません。

歌をうたって歌詩からいろいろな勉強をさせていただいています。
ありがとうございます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ